« 今度は二人で | トップページ | 空気が入れ替わった感の朝 »

鳴沢サイクリング

7月13日(日)に、サイクリングに行ってきました。
前日土曜日、サイクリングクラブの面々を案内して走っていたので、かなり久しぶりの二日連続サイクリングとなります。
特にチェックをしたわけではないのですが、雨は降らないと思い、早朝サイクリング用のアラームをセット。
予定通り、4:00に起床します。

なんとなく準備に手間取って、結局家を出たのは4:45前。
前日比較的食事量が多めだったので、栄養補給はミニ羊羹1本のみとしました。

自宅を出ると、やはり前日の暖かい(暑い)空気が残っている気がします。
気温は22℃程でしたが、湿度のせいか、示す気温より暑く感じました。
自宅から国道469号への坂を上っていると、富士山は頭に傘を被って朝日に照らされています。
この日の富士山周辺は、雲や陽光も含め印象的な光景が多く見られました。

富士宮市街からの富士山

そこから国道469号に出て、北山で大月線に入ります。
前日走っている脚のダメージは特に感じませんが、ペース(強度)は上げられません。
また、気温の割に汗がだらだらと垂れるのは、やはり体に蓄積した疲労のせいでしょうか。
大月線からも、富士山と雲は印象的な光景を見せてくれていました。

北山付近からの富士山と雲

大月線を上り、上井出へ。
相変わらず、汗は噴き出して止まりません。
気温も、標高なりに下がらず、相変わらず20℃超。
さらにペースを落としながら、人穴方面へと進みます。

緩斜面をクリアして風の湯前に。
ここには、ダイヤモンドやティアラ狙いのカメラマンが10名以上集結していました。
知人の姿もありましたが、この日は挨拶だけして通過。
ここで日の出まで待っても、光芒は期待できないでしょう。

そして、富士ミルクランド到着。
ここまでの走行時間は、1時間2分33秒。
久しぶりにこんな時間をかけてしまいました。

ミルクランドまでの走行時間

自分の力のなさに少々がっかりしながらも、もっと絞らなければと思いなおし、走りだします。
この日のルートは、県道71号経由での鳴沢に決め、人穴小学校の先を右折、林間の傾斜がキツ目な道を上ります。
気温はさすがに10℃台になりましたが、それでも汗は止まりません。
ゆっくりペースなのに、脚には負荷がかかります。

林間の道を抜け、牧草地へ。
ここでは、富士山に雲間から射す光線を捉える事ができました。

富士山に射す光

荻平の先を直進、県道71号キープです。
牧草地脇の緩急ある坂をじわじわ上ります。
心肺よりも、脚への疲れの方が先行しているようです。
ここにきて、ようやく汗の出は抑えられてきました。

県境を越え、山梨県富士河口湖町へ。
ここから3つ目のピークが、富士ヶ嶺の交差点です。
そこを目指して、ゆっくりと走ります。
富士ヶ嶺交差点手前では、この日一番富士山がくっきりと見えました。

富士山アップ

ようやく富士ヶ嶺交差点を過ぎ、その先へと直進します。
前日は二回通ったコース。
緩斜面を上り、一旦ドクタービレッジに向けて下ると、そこからまた上りです。
あくまでも無理しないペースで、でも気持ちはちょっとだけ急いで上ります。
走行時間2時間で、どこまで行けるか考えていたからです。

やっとのことで上りをクリア。
平坦な道を本栖湖を望む展望駐車場へと走ります。
やがて、駐車場着。
さすがに日曜日、7:00頃にもかかわらず数台の車やバイクが停まっていました。

本栖湖展望駐車場

ここまでの走行時間

ここまでの実走行時間は、2時間2分38秒。
5月には1時間53分31秒で走っていますから、その時と比べて9分ほど遅れています。
それでも、思ったほどの差でないことに安どし、先へと進みます。

ここから、再び林間の県道71号を鳴沢へ。
平坦~下り基調の道ですが、完全に脚は止まっています。
ペースを上げることができないまま、鳴沢にて国道139号へと合流。
この先に進む気力はなく、静岡方面へと折り返しました。

そのまま国道139号を走り、西湖から精進湖へと下ります。
前日も走った西湖畔一周をしようかとも思いましたが、その気力なく精進湖入口へ。
この信号を右折し、精進湖畔を走ることにしまいsた。

実は、精進湖の周りを自転車で走るのはほぼはじめて。
どんな道なのか、興味はありました。
走ってみると、規模は小さな湖ながら、なかなか味のある光景です。
なかでも、奥まったところにあるコースロープ状のブイに興味が沸きました。

これは何でしょう?

精進湖畔からの富士山

ホテルや旅館の立ち並ぶ場所からは、湖越しの富士山も楽しむことができました。
だいぶ雲に隠れ、一部霞んだ富士さんでしたが、これもまた一興です。

そのまま湖畔を回り(一部工事中で片側交互通行)、国道139号へと戻ります。
精進湖の周囲は一周する道路がなく、南側は国道139号を使用せざるを得ないようです。

国道139号に戻ってからは、本栖湖を目指し走ります。
やがて、本栖湖の交差点に。
本栖湖もアップダウンはそれほどないので、ここも一周することにしました。

あくまでもサイクリングペースで、本栖湖を反時計回りに走ります。
本栖道トンネル前の駐車場からは、ほとんど消えゆく富士山が見えました。

雲に隠れ消えゆく富士山

本栖湖畔を走っていると、明らかに体力が失われていきます。
さすがに、栄養が足りずハンガーノック気味になってきたようです。
しかし、ペースさえ上げなければ、特に問題になるほどではなさそう。
ゆったりと一周し、国道139号に戻って県境へと向かいます。

本栖湖からの上りはイーブンペースでクリア。
県境を越えれば、あとは下り基調の道です。
しかし、自宅までエネルギーは持たなそう。

道の駅朝霧高原を通過し、その先のコンビニでアイスとおにぎり一個を補給します。
これにて、復活。
下りもそこそこクランクを回しながら、自宅へと下ります。

9:00過ぎに無事自宅着。
結局この日の走行距離は約97km。
前日と合わせ、二日間で210kmは久々の距離です。

シャワーを浴びて寛いでいると、昼前からは雨が降り出しました。
不思議と雨の心配はまったくしませんでした(本栖湖畔で雨粒は一度落ちてきました)が、降り出しが遅くて助かりました。

力不足を痛感したサイクリングでしたが、前日に続き走れたこと自体には満足のサイクリングでした。

|

« 今度は二人で | トップページ | 空気が入れ替わった感の朝 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに、コメントさせて頂きます。
富士山周辺は走りつくされていると思っていましたが、精進湖周回初めてと聞きやや不思議な感がありました。
カヌーの練習・バス釣りと、やや一般観光向けではないようですが、天気の良い日は早朝からにぎわっている湖の一つですね。
私も、7月26日(土)に、甲府方面から芦川経由でツーリングで通過したばかりです。その後、朝霧高原道の駅で、朝霧ミルクソフトと朝霧高原牛乳の試飲を頂きました。どちらも濃厚で、牛乳をあまり飲めない私でも、美味しくいただきました。次回は、「朝霧ミルクランド」もゆっくり見学したいと思います。広大なスペースで、素晴らしい施設でした。暑さまだまだ続きますが、お体に気を付けお過ごしください。

投稿: 883 | 2014/07/28 10:41

883さん、ありがとうございます。
そうなんです、精進湖周辺は朝霧高原から甲府南インターに下る際など、車ではよく通っていましたが、自転車では初めてでした。
もとより、周回できるかどうかすら存じませんでしたので、いかに適当に走っているかという感じです。
甲府方面から芦川経由ということは、すごい山岳コースですよね。
私にはまだちょっとその勇気はありません。
あさぎりのソフトをお召し上がりいただいたとの事、ありがとうございます。
いつの日か、お会いできるとよいですね。
ありがとうございます。

投稿: あさぎり | 2014/07/28 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/60003366

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴沢サイクリング:

« 今度は二人で | トップページ | 空気が入れ替わった感の朝 »