« だいぶバランスよくなりました | トップページ | ココアとモカのその後 »

ほんのり夕焼けの吊るし雲

7月27日の富士山と吊るし雲

梅雨明けからの猛暑と呼ぶに相応しい気温がひと段落した境目の7月27日夕方。
伊東での仕事から戻ると、富士山がその姿を現してくれていました。

山頂には帽子を被ったようなかさ雲。
その上にも、小さなかさが浮いています。

そして、宝永山上から右手にかけては、大きな吊るし雲が。
ちょうど山々に沈んだ夕陽の色を受けて、ほんのりと染まっていました。

この日の昼間は爽やかな風があったものの、気温は高く日射しもギラギラ。
それを受けてか、空気はこの時期らしく少々霞んでいました。
そんな訳で、薄いベールをかけたような光景でしたが、それも含め楽しめました。

この翌日から、朝晩の空気は秋を感じさせるものに。
さすがにまだ夏の終わりには早すぎますが、猛暑に疲れた身体には助かります。

富士山が見える日も、少しずつ増えてくることでしょう。
楽しみにしながら夏を乗り切っていきたいと思います。

|

« だいぶバランスよくなりました | トップページ | ココアとモカのその後 »

富士山!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/60066760

この記事へのトラックバック一覧です: ほんのり夕焼けの吊るし雲:

« だいぶバランスよくなりました | トップページ | ココアとモカのその後 »