« 富士宮口登山道の開通は7月17日の見込み(18日に変更) | トップページ | 久々に空気は澄んでいましたが »

富岳風穴へ

日曜日の山中湖からの帰り道、友人夫婦と西湖そばにある富岳風穴を訪れました。
富岳風穴と、近くにある鳴沢氷穴はともに青木ヶ原樹海にある洞窟で、国の天然記念物にも指定されています。

江戸時代にはこれらに保存された天然氷を江戸まで運び将軍に献上したとの話もあるほか、昭和初期までは蚕の卵や種子などの冷蔵保存にも使われていたとのこと。
そんな洞窟のうち、今回は富岳風穴を選んで入ってみました。

駐車場に車を停め、風穴の入口まで歩きます。
よく晴れた暑い日でしたが、木陰を吹く風は爽やか。
この時点で、既に心地よい感じです。

樹海の中を歩く

この辺りの樹木は、溶岩層にがっしりと根をおろしています。
洞窟内にも見られますが、その外でも樹形溶岩がそこここに見受けられ、噴火の際の溶岩の勢いと、そこから息を吹き返した森という自然のスケールに感嘆させられます。

がっしりと張った根

木の根によってできた空間

料金を払って、いよいよ風穴へ。
風穴へと降りる階段を数段下ると、突然、本当に突然気温がグンと下がります。
この変化はまさに劇的!
半袖では震えるほどの気温(年間を通じて3℃程とのこと)の中、洞窟内を進みます。

富岳風穴内

洞窟内は暗く、冷たく、そしてゴツゴツした溶岩が時折低く迫ります。
身をかがめてその間をすり抜けると、氷の貯蔵スペースに。
ここの氷は毎年7月位まで残っているとのことです。

ライトアップされた氷柱

さらに奥に進むと、今度は洞窟内につくられた貯蔵室が現れます。
ここは、昭和初期まで実際に使用されていたもの。
天然冷蔵庫の名称も、気温3℃ではまさにその通りですね。

天然冷蔵庫

貯蔵の様子

溶岩樹形などを見ながら、洞窟を戻ります。
ほどなく、洞窟の入口へと帰着。
ここから階段を昇って地上へ。

階段を昇る

すると、また突然ある地点で、気温がブワッと上がります。
眼鏡もカメラのレンズも一気に曇るほど。
これはちょっとした高さの差と言うよりも、空気の流れが関係しているようです。
風穴と言う名にも頷けます。

おそらく、洞窟内にはさらに奥底から冷たい空気が流れてくるのでしょう。
いかに洞窟と言えども、単にこれだけの深さ、奥行きだけでここまで寒くなるとは思えません。

いずれにせよ、私の訪れた6月から夏頃にかけて、ここは最高の自然からの贈り物だと感じます。
決して派手さはないですが、この空気を楽しみながらの洞窟探検はいかがでしょうか。

|

« 富士宮口登山道の開通は7月17日の見込み(18日に変更) | トップページ | 久々に空気は澄んでいましたが »

静岡観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59908210

この記事へのトラックバック一覧です: 富岳風穴へ:

« 富士宮口登山道の開通は7月17日の見込み(18日に変更) | トップページ | 久々に空気は澄んでいましたが »