« 富士山頂の彩雲 | トップページ | 久々!本栖湖の逆さ富士 »

道の駅富士吉田サイクリング

5月25日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日の天気予報は、ひとまず晴れ。
久しぶりにちょっと長い距離を走って見たくなっていたため、早朝サイクリングとします。
それでも、子供たちが昼寝をしていた頃(一緒に昼寝をしていた)とは異なり、4:20にアラームをセットしました。

予定通り起床。
買っておいた朝食のパンを食べ、準備をします。
前夜、タイヤの空気を入れようとしたところ、後輪の空気が抜けてペコペコになっていました。
一週間前に乗ったばかりなので、スローパンクかもしれません。
経験上、空気を入れて一晩持つ状況であれば、数時間の走行に支障はありません。
しかし、出先でチューブ交換等するのは嫌なので、夜のうちにチューブとタイヤを換えておきました。
その空気圧も、問題ありません。

思ったよりも時間がかかり、5:15頃に自宅を出ます。
これまた思ったよりも空には雲が多く、ひとまず富士山も見えませんでした。
気温は、16℃程。
空気が冷たいとは感じず、かえって走りやすい涼しさです。

自宅から朝霧高原を目指して、国道469号へと走ります。
その途中、今日は絶望的かと思っていた富士山が、雲の後ろから姿を現しはじめました。

富士山

同時に、これまた雲の後ろから、弱いながらも朝日が射してきます。
天気は予報通り晴れになりそうと、ひと安心です。

大月線に入ると、富士山は朝日に照らされ、幻のようでした。

水田と富士山と朝日

距離を長く走ろうと思っていたため、ペースは抑え目に走ります。
それに加え、上の写真を撮ろうと、一旦通り過ぎた地点から200m程戻りました。
このため、富士ミルクランドまでのタイムには期待できそうもありません。

果たして、富士ミルクランド到着時の走行時間は、1時間以上かかっていました。

富士ミルクランド

ここまでの走行時間

富士ミルクランドから進み、人穴小学校の前を抜け、県道71号を右に折れず直進します。
この日も、富士芝桜まつりの会場付近で渋滞が予想されるため、朝早いうちにそこを通過し、帰りは富士ヶ嶺経由で走ろうと思ったからです。
人穴神社の前を通り、ドライブインもちやの裏手から国道139号に出て、坂を上ります。

牧草地帯を走り、やがて道の駅朝霧高原へ。
富士山は、さらに幻のようになっていました。
立ち寄らずに通過しますが、ここまでの走行時間をチェックします。

道の駅朝霧高原

ここまでの走行時間

ここまでの走行時間は、1時間36分。
できれば、1時間30分以内で走りたいものです。

そんなことを考えながら、国道139号をさらに進みます。
県境手前の坂をクリア、山梨県へと入ります。
しばらく走ると、富士芝桜まつりの会場入り口へ。
まだ早い時間(7:00過ぎ)のため、渋滞はしていませんでしたが、次々と車が入って行きます。

富士芝桜まつり会場

そこを抜け、本栖湖への下りを走ります。
ペースは相変わらず上がらず。
それでも、脚にダメージはありません。

本栖湖の入口を過ぎ、今度は精進湖へ。
精進湖入口を過ぎると、西湖へは上り坂となります。
久しぶりに、樹海の中を通る陸橋を走ります。

樹海を走る道路

この辺りでは、風景を楽しむ余裕もあります。
この季節ならではのきれいな緑や、北側に回り込んでクッキリと見えてきた富士山などを楽しみながら走りました。

緑

時折頭を覗かせる富士山

程なくして、西湖の入口を通過、鳴沢へと入ります。
県道71号との分岐手前から、今度は下り基調の道。
道の駅鳴沢を過ぎ、河口湖を目指します。

道路が二車線へとなる辺りから、路面が荒れてきます。
2月の雪の影響もあるのでしょうか、以前より荒れが目立つよう。
ハンドルに伝わる衝撃がかなり不快です。

路面が荒れる

無事河口湖を通過。
左に折れて湖畔を走るかと悩みましたが、距離優先でそのまま進みます。
富士急ハイランドと高速インターを過ぎると、再び道は一車線へ。
ここから、平坦、そして上り基調の道となります。

やがて、道の駅富士吉田の看板が見えてきます。
目印は、レーダードーム。
富士山頂にあったものが、ここに移設されています。

道の駅富士吉田到着!
富士山も、北側ならではの姿を見せてくれています。

道の駅富士吉田

アイスバーンが光る富士山

ここまでの走行時間は、2時間46分ほど。
余りにも久々なので、これがどんなペースなのかもわかりません。

ここまでの走行時間

ドリンクのみ補給して、折り返します。
家族に10:30までには帰宅すると約束しているため、それほど時間はありません。
少々脚にきていますが、再び来た道を走ります。

途中、ふとメーターに目をやると、なんと!表示がおかしくなっています。

メーターが・・・

せっかくここまでの走りを記録していたのに・・・と叩いたりボタンを押したりして見ても無反応。
むしろ、時折表示が消えたり点滅したりしています。
念のため電池を外してセットし直してみても、変わらず。
断念して進みます。

結局、電池が消耗していたようで、自宅で電池を新しいものにしたところ、問題なく動きました。

ともあれ、ここからは記録に残らない走り。
当初の予定通り鳴沢から県道71号に入り、富士宮方面へと走ります。
県道71号の上りは、ゆったりペース。
抜け道に使う車もあり、交通量は多めです。

なんとか展望駐車場までの上りをクリアし、下り基調の道へ。
ドクタービレッジを過ぎ、富士ヶ嶺交差点まで来ました。

ここから、渋滞状況を見てみたいと思い、国道139号方面へ。
国道139号県境付近に出ると、この日は渋滞をしていませんでした。
天気のせいか、ピークを過ぎた芝桜のせいか。
いずれにせよ、前週ほどの混雑ではなかったようです。

国道139号根原県境付近

国道139号を下り、来た時と同じく、ドライブインもちや裏手から県道71号へと走り、そのまま下ります。
下りは、この時期らしくいつもの向かい風。
少々脚にきているため、いつもよりスピードが遅く感じます。

そのまま、自宅へと戻ります。
メーターが止まっていたため平均速度等はわかりませんが、ルートラボによると距離約113km、獲得標高1450m程でした。

出発から帰宅までが5時間15分だったので、休憩も含めた平均速度は約21.5km/h。
まだまだですが、久しぶりの100kmオーバー、気持ち的には充実したサイクリングでした。

|

« 富士山頂の彩雲 | トップページ | 久々!本栖湖の逆さ富士 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59713075

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅富士吉田サイクリング:

« 富士山頂の彩雲 | トップページ | 久々!本栖湖の逆さ富士 »