« Canon PowerShot S120 | トップページ | 早くも梅雨の中休み!? »

下部温泉サイクリング

6月1日(日)に、サイクリングに行ってきました。

この日の目的地は、朝霧高原から本栖湖畔を走り、下った先の下部温泉。
もちろん、温泉に入るわけではありませんが・・・。(^^;)
その後、富士川沿いを走り、富士宮へと戻るコースを設定します。

このコースは、一度走ってみたいと思っていたもの。
標高のそれほど高くない場所を長く走るこのコースは、真夏には辛そうなコースです。
合わせて、この日富士吉田で開催されるMt.富士ヒルクライム(自転車ヒルクライムレース)の影響で河口湖方面は混雑するかもと思い、あえてそこを避けるコースとしました。

10:30頃までには自宅に戻ることを考え、この日も4:15起床。
準備をして、5:00ちょうどに自宅を出ます。
気温は、16℃程。
それでも空気が冷たく感じるのは、ここのところ日中の気温が30℃前後まで上がっているからでしょうか。

自宅から国道469号へと上っている途中、朝日が昇りはじめました。
富士山も、霞んではいるものの、全景が見えています。

富士山と朝日

風はほとんどなく、坂を上る脚も比較的軽やかです。
ダイエットをはじめて落ちてきた体重も、ここのところほとんど変化なし。
それでも、確実に坂を上りやすくはなっています。

この調子なら、前週間に合わなかったダイヤモンド富士(風の湯前より)に間に合うかもしれません。
そんなことを考えながらも、以後のコースを考えると無理はできず、マイペースで走ります。

北山郵便局まで約30分、大月線に入り上井出の交差点を人穴方面へと進みます。
杉林の中の道を、若干ペースアップしながら走り、風の湯前へ。
残念!またもやダイヤモンド富士の光芒には間にあいませんでした。

遅れたダイヤモンド富士

そこに居合わせたなじみのカメラマンとしばらく雑談。
これから夏至まで、撮影場所も時間も大きくは変わらないとのことで、まだチャンスはありそうです。
ちょっと急いだので額から垂れた汗も、この間に引きます。
再びペダルに力を込めて、富士ミルクランドへと走ります。

まもなく、富士ミルクランド着。

富士ミルクランド

ここまでのタイム

ダイヤモンド富士が念頭にあったため、やはり心なしか急いでいたようです。
今の実力だと、このくらいが妥当なのでしょう。

撮影だけして、先を急ぎます。
急ぐと言っても、相変わらずのマイペース。
人穴小学校の先を直進、ドライブインもちや裏手から国道139号へと合流します。

途中、ふもとっぱらを見渡せる地点では、多くのテントが張られ、気球が準備されているのが見えました。
何かのイベントでしょうか?

ふもとっぱら

朝霧さわやかパーキングを過ぎ、道の駅朝霧高原へ。
道の駅入り口で、ここまでの走行時間を確認します。

道の駅朝霧高原

ここまでのタイム

これまた、今の実力なら上出来。
1時間半以内で走りたいところですが、贅沢は言えません。
ここでの気温は、相変わらず20℃前後。
日当たりのよい場所と日陰でかなりの差はありますが、6:40という時間を考えると、とても6月に入ったばかりとは思えません。
これでは、富士山も霞んでしまうわけです。

時間を考えて、ここも撮影のみで通過。
ボトルの水はまだたっぷりあります。

根原への上りをクリア、県境を越えると本栖湖へは緩やかなアップダウンです。
最後、長めの下りを走ると、本栖湖入口です。
左折し国道300号に入ります。

ちょっと悩みましたが、時間にはまだ余裕がありそう。
すぐに湖畔に降りて、本栖湖を時計回りに半周するコースを選びました。

本栖湖畔

久しぶりの本栖湖畔。
テントサイトには、いくつかのテントが張られています。
また、自衛隊がボート上陸?訓練のため、準備をしていました。

そんな湖畔をゆっくりと流して走ります。
前半は、林間の道。
途中、新緑の木陰から覗く湖面がとても美しく、リラックスできます。
やがて、身延町へと入りました。

身延町へ

後半になると、湖側の木立が消え、湖畔の道路となります。
湖の北側に回り込むあたりから、富士山の姿も見ることができました。
風がなく湖面も穏やかなおかげで、逆さ富士を楽しめます。

本栖湖畔からの逆さ富士

浩庵キャンプ場の坂をクリアすると、国道300号との合流地点です。
ここの展望ポイントには、富士山を愛でたり撮影したりする方々が集まっています。
私も数枚シャッターを切り、国道300号へと戻ります。
さあ、ここからは(自転車では)未体験の道です。

本栖道

本栖道と名付けられた国道300号線は、まさに曲がりくねった山道。
トンネルやヘアピンカーブ(その名の通り)が連続し、スリル満点です。
途中目に飛び込んでくる山々の光景にも、見とれる余裕はありません。
下りでよかった…。(^^;)

本栖道のトンネルとカーブ

慣れない道なので、慎重に下ります。
しかし、思ったよりは走りやすい道。
道幅も比較的あり、路面の荒れている個所もほとんどありません。
工事中の片側交互通行が何箇所かあった以外は、快適に下れました。

途中、道の駅しもべを過ぎ、住宅が増えてきた道をさらに下ります。
その下りもひと段落したころ、川沿いに下部温泉郷の文字が見えてきました。
ここが下部温泉ですね。

下部温泉

JR身延線沿いにしばらく走ると、突然富士川が現れました。
この橋を渡ると、国道52号に当たります。
しかし、国道52号は交通量も多く走りにくいので、橋の手前を左折。
県道9号を身延方面へと走ります。

身延駅前

やがて、身延駅前を通過。
ここまでは、追い風にも助けられ、快調なペースです。
川沿いの道は緩やかな起伏がありますが、ほとんどはアウターのダンシングで乗り切れる程度。
むしろ、こうしたアップダウンは、以前から得意とするコースです。
懐かしい感じすら受けるそんなコースを、さらに走ります。

身延駅前を抜けると、アップダウンはより大きくなります。
こうなると、さすがにインナーにしてよじ登るようなポイントも出てきます。
しかし、そうした高台からは、富士川がきれいに見えて、これも励みになりました。

高台から富士川を望む

基本的には身延線に沿って走る道路。
もちろん、起伏によって線路は見えたり見えなかったりします。
身延線の駅は、主要駅とそれ以外の差が大きく、ユーモラスです。
道沿いにある井出駅の駅舎は、タクシーが停まっていなければ素通りしてしまう程でした。

井出駅

道は、身延駅前からいつの間にか県道10号へと変わっています。
そんな県道10号は、井出駅から坂を下りしばらく走った次の駅十島駅前で国道469号へと合流します。
そして、国道469号はこれまでに増してアップダウンがきつくなりました。

県境を越え、静岡県富士宮市(旧芝川町)へ。
その先の稲子駅前で、この日最大の(大げさ)選択をすることになります。
このまま直進し、芝川駅前を通過し、松野から富士宮市街へと抜けるか、それとも国道469号を進み、柚野、上野経由で北山に戻るかと言う選択です。

当然、後者の方が獲得標高も大きくなり、距離、時間も多くかかります。
脚の状態を考えると、ちょっと無謀かな?とも思います。
それでも、気温が上昇している中、最後を下りにしたいと言う気持ちが勝り、国道469号を左に折れました。

稲子川沿いへ

ここからしばらく、国道469号は稲子川沿いを走ります。
身延線の鉄橋をくぐり、採石場を眺めながらのルート。
斜度は極めて緩く、ほぼ平坦です。
しかし、ペースは上がりませんし、あえて上げませんでした。

採石場を望む

途中、稲子側の河原に、いくつか川遊びできそうなポイントを見つけます。
帰宅したら、この日はここに子供たちと遊びに来ようと思いながら進みました。
緩斜面ながら、標高はじわじわと上がって行きます。
しかし、気温は30℃。
体力の消耗は、思った以上です。

やがて、国道469号は右に稲子川の橋を渡り続きます。
この橋のたもとには、温浴施設ユートリオがあります。
存在は知っていましたが、はじめて場所を知りました。
それにしても、この車一台分ギリギリの橋が、国道の橋とは…。

国道469号の橋

橋を渡ると、いきなりの急傾斜。
これまでとは打って変わって、山道です。
事前の下調べでは松野経由を考えていたため、この道はノーマークでした。
しかし、北山付近の標高が300m強で、そこに上る前の柚野が200m程度かと思われます
この時点で標高150m程でしたので、上っても100m程かと思っていました。

が、これが甘く、標高が300mを超えてもまだ坂は続きます。
普段ならいざ知らず、ここまで100km程走っている脚にはきつく、ちょっと心が折れそうになります。
それでも、2.5km程走った地点で、ピークに来たようです。

そこにあった表示板には「桜峠」の文字。
なるほど、柚野との間に峠があったのですね。(^^;)
知っていたら、このコースを選んだかどうか。
いずれにせよ、知らぬがほとけの桜峠(標高360m程)を越え、柚野へと下ります。
上っただけあって、風景は雄大です。

柚野の風景

柚野へと細い道を下り、芝川の橋を渡ります。
思いがけない峠のお陰で、脚は結構つらくなっています。
このまま直進し、富士チサンカントリークラブ前を通って富士宮市街に下ろうかとも思いましたが、それではこちらのコースを選んだ意味がありません。
意を決して国道469号を上野へと走ります。

田園風景とその向こうの富士山は、眺めとしては抜群。
しかし、気温は既に31℃を表示しています。

田園と富士山

気温は31℃

時間との闘いもあり、それほどのんびりもできません。
が、脚に無理をすることもできず、斜度が比較的緩いのが救いです。

ようやく、上野に到着。
右に折れ、国道469号を進みます。
途中、自動販売機でこの日はじめての(ボトルの水以外)補給。
350mlのドリンクは、驚くほどの速さで身体に吸収されていきます。

上野を過ぎると、大石寺の前の坂を上り、北山へ。
ここまでくれば、完全に勝手知ったる道です。
時間を気にしながらも、ペースは上げられず、結局3分ほど遅れて自宅着。

実に気持ちのよいコースを走れ、適度(今の自分にはちょっと過度?)な強度も要求された、疲れが心地よいコースでした。
メータ読みで、距離は約115km、走行時間は約5時間6分、平均速度は22.5km/hとなっています。
秋になったら、また走ってみたいコースです。

今回のコースは、以下の通りです。

|

« Canon PowerShot S120 | トップページ | 早くも梅雨の中休み!? »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59746921

この記事へのトラックバック一覧です: 下部温泉サイクリング:

« Canon PowerShot S120 | トップページ | 早くも梅雨の中休み!? »