« 伊東市宇佐美で赤潮 | トップページ | 岩本山公園の紫陽花(100mmマクロにて) »

富士山の雪の様子

夏富士へと変貌中

先週末から火曜日にかけて、関東各地とは裏腹に雨が降らない日が続いていた静岡。
しかし、6月11日の水曜日は朝方から雨が降り出し、その雨は夕方にかけて降り続きました。
その後も、断続的に雨音が聞こえる梅雨らしい日となりました。

開けて今朝(12日)、家を出てみると雨は降っていません。
そして、雲がかかった空には、その前にせり出すような富士山の姿がくっきりと浮かんでいました。
雨に洗い流されたのか、クリアな空気に映える富士山は、夏富士へと変貌を遂げる最中のよう。

久しぶりに、Canon EOS 7DSIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMをセットしてそんな富士山を狙います。

上の写真は、広角端(換算80mm)での撮影。
五合目付近の森林限界まで、緑濃くなっていることが見て取れます。

下の写真は、少しズームしての撮影(換算320mm付近)で、さらにちょっとだけトリミングしてあります。
さすがに、望遠端の換算800mm手持ちは、この光線状況では厳しかったので割愛。
それでも、中腹から山頂にかけての雪の様子はお分かりになるかと思います。

思いがけず目にすることができたクリアな富士山。
朝から、気持ちが昂るのはやはり富士山効果でしょうか。

富士山頂までの様子

|

« 伊東市宇佐美で赤潮 | トップページ | 岩本山公園の紫陽花(100mmマクロにて) »

富士山!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59801798

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山の雪の様子:

« 伊東市宇佐美で赤潮 | トップページ | 岩本山公園の紫陽花(100mmマクロにて) »