« だんだんと夏富士に | トップページ | 短~い横断歩道 »

あさぎりフードパーク(二人)サイクリング

6月8日(日)に、サイクリングに行ってきました。

実はこの前日、旧い友人が今住んでいる名古屋から伊豆へと出向き、松崎町で開催された伊豆松崎オーシャンスイムレースに参戦するとのこと。
どうせならと、自転車を持ち込み、翌日富士山周辺を走りたいとの話でした。

そこで、土曜日の夜に落ちあい、旧交を暖めることに。
富士市内のホテルにチェックインし、杯を交わしました。

この時点で、富士市内の天気は曇り。
時折雨粒が落ちてくる空模様です。
翌日実際に走れるのか、期待半分不安半分で私もチェックインした部屋に戻り、就寝しました。

翌朝(8日)、起きて外を見ると、なんと晴れ!
雲はあるものの、青空も広がってよい天気です。

外は晴れ!

ホテルの朝食ビュッフェにて友人と落ち合い、朝ごはんを食べます。
最近、食べる量を減らしている私ですが、これからの走りを考えてガッツリと。
一人ではないので、ハンガーノックの不安を抱えないようにします。

朝食

7:30過ぎにチェックアウト。
友人とともに、車で私の家へと向かいます。
自宅につき、早速準備。
ここからあさぎりフードパークへのサイクリングを考えていました。

友人は、私に比べればかなりスリムな体型。
自転車歴や乗っている距離は私よりだいぶ少なくなりますが、その分ランニングは月に100km以上しているとのこと。
さて、自転車の実力やいかに!?
お互いに手探りのままスタートします。

自宅から国道469号までのいつものコース。
いつもより多少速いか?というペースで坂を上りますが、しっかりとついてきます。
やはり、スポーツをしているだけあって(今回もトライアスロンの練習)、なかなかのものです。
スタートからしばらくは、私も停まって写真を撮る余裕なく進みました。

国道469号へと合流する長い坂がはじまると、友人が少しずつ離れていきます。
私はペースを維持したまま上り、傾斜が緩くなる時点で停まってカメラを取り出します。
この時点では、富士山も山頂がちょこっと見えていました。

富士山

1分ほどで、友人が上ってきます。
この時点では、まだポージングする余裕あり。
どうやら、私が置いていかれるようなことにはならなそうですし、極端に遅いペースのサイクリングにもならなそうです。
ちょうどよいバランスでしょうか。

まだ余裕あり

国道469号に出ると、道は平坦基調に。
ここから登山道と国道139号を横切り、大月線へと出ます。
事前にコースプロフィールを把握していない友人のために、できるだけ口頭で情報を伝えながら進みますが、坂の長さや斜度を体感したことのない友人には不利な展開となります。

大月線に入ると、再び道は上り基調。
特に、斜度のキツ目のポイントがいくつかあります。
私は基本的にそのポイントをクリアして友人を待つ繰り返し。
富士山は、まるで夏のような雲に隠されてしまいました。

富士山は隠れる

友人を待って

私が写真を撮っている内に、友人が先行。
そのまま、上井出への上りを走って行きます。
交差点手前でなんとか追いつき、人穴方面への道を指示します。

上井出から人穴までは、またもや緩急ついた上り坂。
それでも、富士ミルクランド手前からほぼ平坦のパートがあります。

ミルクランド着の走行時間は、54分27秒。
走っては停まって休むという繰り返しで、いつもより速いペースとなります。

富士ミルクランド到着

ここまでの実走行時間

しばらくして、友人到着。
最後の平坦区間を、私のカメラに気付いてか、かなり頑張って走ってきました。
いずれにせよ、自転車に乗るのが今年数回目とのことで、ここまでしっかり走ってくるのは大したものです。
到着後、休憩を告げると、地面に転がりこんでいました。

力走

キツイ~とのこと

ミルクランドでしばらく休み、ドリンク補給をします。
そして、先に進むことに。
いつもの県道71号経由で荻平から農道にてあさぎりフードパークを目指すルートです。

県道71号が右に折れる地点からは、再び急傾斜の場面が続きます。
私は後ろから煽ることも、ペースを合わせて先導することもせず、マイペースでクリアし、待ちます。
農道へと曲がった地点では、かなり脚にきているとのことでした。

ここまでくればもう一息

しかし、農道に入ってしまえば、上りは一か所のみです。
それも、キツイ場所は長さ的に500m程。
もうあさぎりフードパークまで走破は見えてきました。

果たして、無事にあさぎりフードパークに到着。
早速、朝霧乳業のソフトクリームを食べながら休憩です。
この後のコースに関しては、脚の状況などを見ながら相談しようと思っていました。

ソフトクリーム♪

友人に感想を聞くと、相当辛かったとのこと。
これ以降、富士ヶ嶺を回って行くのはちょっと無理そうです。
そんなことを考えていると、雨粒が落ちてきました。
気づくと、空は一面のグレー。

それでも、南側には青空の部分も見えています。
やはり、標高の高い地点の天気は変わりやすい様子。
時間的にはまだ余裕がありましたが、脚の状態と天気を考えると、ひとまず上井出位まで下った方がよさそうです。

早々にスタートし、国道139号を下りはじめました。
しかし、下りはじめてすぐに、雨はどんどん強くなってきます。
というより、粒が大きくなってきます。
朝霧カントリークラブ入口を過ぎた頃からは、顔に当たる雨が痛くスピードを出せません。
路面も、次第にウエットになりつつありました。

ちょっと焦りましたが、幸いにして雨の範囲は狭く、さわやかパーキングあたりではもう止んでいます。
路面もドライに戻り、局地的な雨だったことを実感します。

そこで、当初予定通り、朝霧ジャンボリーゴルフクラブ入口から人穴神社方向へと下り、再び富士ミルクランド前を通過して上井出へ。
ここから左に折れ、県道72号を篠坂方面へと走ることにしました。

県道72号は、アマダ入口前から白糸スピードランドまでのものを含め、上りが二か所。
相当苦しくなってきている様子の友人でしたが、そこをクリアしていきます。

白糸スピードランド前

やがて、篠坂交差点へ。
そこで登山道を横切り、村山方面へと走ります。
再び国道469号に合流、富士市境方面へと坂を上ります。
これが、本日最後の坂。
そこをクリアしたら、あとは下りへと平坦路を走るのみです。

頑張れ!

最後は、一気7km程のダウンヒル。
これも練習になるでしょう。

結局、11:30過ぎに自宅着。
いつもより脚を使ったせいか、私も距離の割に心地よい疲れを感じます。
結局、この日走った距離は、約60km。
獲得標高は1,000m弱と、なかなかのコースとなりました。

自転車をしまい、シャワーを浴びた友人と、富士宮やきそばの昼食にします。
その後、我が家の子供たちは散々遊んでもらい、満足げでした。

富士宮やきそば

14時ごろ、名古屋へと戻る友人を送り出し、この日のサイクリングは終了。
梅雨の晴れ間のサイクリングができて幸いだった一日でした。

|

« だんだんと夏富士に | トップページ | 短~い横断歩道 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59786492

この記事へのトラックバック一覧です: あさぎりフードパーク(二人)サイクリング:

« だんだんと夏富士に | トップページ | 短~い横断歩道 »