« 今年の初物!生桜えび | トップページ | Canon PowerShot G1X MarkⅡ(後編) »

Canon PowerShot G1X MarkⅡ(前編)

久しぶりのコンパクトデジカメレビューです。

これまで、デジタル一眼レフはキヤノン(Canon)で固定だったのですが、コンパクトデジカメやミラーレスは各社を行ったり来たりしていた私。
デジタルカメラは各社どのモデルにもそれぞれ特徴があり、得手不得手があるので、どれか一台だけあれば万能と言う訳でないことも事実です。
各モデルの長所を活かした撮影をと考えていると、どうしてもあちこち手を出したくなり、結果として台数が増えていきました。

そうこうしているうちに、一時期は10台近くにもなった手持ちのデジタルカメラ。
しかし、あまりに用途が拡散すると、年に数回しか持ちださないものも出てきます。
また、特にコンパクトデジカメの場合、どこまで行っても(と言うほど写真のレベルは高くありませんが)、結局割り切らざるを得ない部分も出てきます。
そんな訳で、ここにきてそれらデジカメを処分(下取りに出す)し、集約を行ってきました。

集約するにあたり、デジタル一眼レフのメーカーであるキヤノンを軸とし、できるだけ使用感を合わせていきたいとの意図もあり、今回PowerShot G1X MarkⅡを手に入れました。
PowerShot G1X MarkⅡは、2012年3月に発売されたPowerShot G1Xの後継機種で、コンパクトデジカメに“MarkⅡ”の名称をつけるのはキヤノンとしてもはじめてとのこと。
それだけ、キヤノンにとってもPowerShot G1Xは別格の存在と言うことでしょう。

PowerShot G1X、MarkⅡとも、その最大の特徴は、採用しているイメージセンサーにあります。
この両機種は、1.5型と言う大型のイメージセンサーを搭載。
一般的なコンパクトデジカメに採用されるセンサーサイズは、1/2.3型、1/1.7型などのより小さなサイズが主流です。
1.0型センサーを搭載したSONY RX100シリーズやAPS-Cセンサーを搭載した機種などもありますが、それらと同様に特殊な存在と言えます。

1.5型のセンサー面積は、ミラーレスに採用されるマイクロフォーサーズ(4/3型)よりやや広く、APC-Cより一回り狭い程度。
APS-C以上のセンサーを搭載したコンパクトデジカメは、ほぼすべてが単焦点レンズを搭載している(2014年5月現在、LEICA X Varioを除く)中、PowerShot G1X MarkⅡは1.5型のセンサーサイズにも関わらず、24-120mm相当の5倍ズームレンズを搭載しています。
この点から見るだけでも、PowerShot G1X MarkⅡでは、写りと使い勝手の両立に期待が持てます。

前モデルG1XとMarkⅡの主な違いの中で、私が関心を持った点は以下の通りです。

【有効画素数】 約1,430万画素 → 約1,310万画素

【映像エンジン】 DIGIC5 → DIGIC6

【35mmフィルム換算焦点距離】 28-112mm → 24-120mm

【開放F値】 F2.8-F5.8 → F2.0-F3.9

【最短撮影距離】 20cm(W)-85cm(T) → 5cm(W)-40cm(T)

【レンズバリア】 なし(キャップ) → オート

【液晶モニタ】 バリアングル式 → チルト式

【タッチパネル】 なし → あり

【光学ファインダ】 あり → なし

私がこのモデルを選択するに当たっての用途としては、これ1台のみを持って日常風景から旅行までカバーすることを想定していました。
その前提で考えると、前モデルG1Xの最大のネックだったのは最短撮影距離です。
特に、テーブルで料理等を撮影する時などには、G1Xの最短撮影距離では厳しい状況が予想されました。
それがMarkⅡで改善され、最大撮影倍率も向上していることは、購入に向けての大きな動機となります。

また、使い勝手の上で地味にありがたいのが、オート式のレンズバリア。
カメラを咄嗟に取り出して撮影する時、レンズキャップを外すのはひと手間かかります。
電源ONで即撮影できることにより、チャンスを逃がさずに済むケースもあるでしょう。

もちろん、ズームが24mmの広角から5倍となったこと、開放F値が明るくなったことは歓迎できます。
有効画素数は少なくなっていますが、これはレンズのイメージサークルの関係でしょう。
私が常用するアスペクト比3:2の場合、有効画素数は約1,280万画素とさらに少なくなります。
ただし、MarkⅡはマルチアスペクトとなっている(4:3の画像を切り取るのではない)ため、画角は本来のレンズ焦点距離と同じになります。

光学ファインダに関しては、G1Xで採用されていたのはレンジファインダのため、特に近距離でのパララックスが目立ちます。
また、視野率が低いことやファインダ内の情報表示がないことなどもあり、経験上私はあまり利用しないことが分かっていました。
このため、MarkⅡでファインダが省かれていることは、私的には問題になりませんでした。
どうしても必要な場合にはEVF(これもあまり好きではないのですが)の導入を検討します。

タッチパネルに関してはPowerShot S120でも使用していますが、AFフレームを移動させるのに非常に便利です。
私がタッチパネルを使うのは、ほぼその用途のみですが・・・。

以上、正直1.5型センサーの写りに関しては期待が大きすぎるかな?と自分でも思ってはいたのですが、前モデルでのウイークポイントを着実に改善してきた姿勢にも好感が持てたため、導入を決意しました。

私としては、PowerShot S120をサイクリングやちょっとした散歩、子供たちとの遊びなどに使用し、旅行や普段の風景撮影にはPowerShot G1X MarkⅡを、撮影自体が目的の場合にはデジタル一眼レフを使用すると言う棲み分けで、ほぼキヤノン製品でカメラが揃うことになります(水中撮影はOLYMPUS STYLUS TG-2 Toughを使用)。
我ながら、手持ちの機材がスッキリしてきました。

持ち帰り、早速パッケージを開けます。
パッケージには、PowerShot G1X MarkⅡの大きな特徴でもある、レンズ部のデュアルコントロールリングがクローズアップされています。

PowerShot G1X MarkⅡパッケージ

パッケージを開け、本体を取り出します。
大型のセンサーに明るいズームレンズなので、レンズ部の存在感が凄いです。
これだけの大口径レンズに、よくぞオートシャッターを装備したなという印象でした。

PowerShot G1X MarkⅡ本体

持った最初の印象は、重い!と言うこと。
店頭で何度か持ってみましたが、改めてコンパクトデジカメらしからぬ、ずっしりとくる重さを実感しました。
バッテリーとメモリカードをセットした重さは、約553g。
ミラーレスカメラの標準的なモデル、OLYMPUS E-P5(本体重量約420g)にキットレンズ(重量約113g)を装着した際の重さ約533gとほぼ同じなので、この点でもコンパクトデジカメ離れしているのでしょう。

本体を上から見てみます。

PowerShot G1X MarkⅡ本体

デュアルコントロールリングは、手前(レンズ根元側)のリングがクリック感ありのもの(クリックリング)、レンズ先端のものがスムーズに回転するリング(スムーズリング)です。
これらリングには撮影モードごとにそれぞれ機能を割り当てることができ、PowerShot G1X MarkⅡの操作面における大きな特徴となっています。
これに背面のコントローラーホイールを加えた3つのリングで、操作感を自分好みに仕立てることができる訳です。

私は、PモードとAv(絞り優先)モードを多用するため、Pモードではクリックリングをステップズームに、コントローラーホイールを露出補正にしています。
Avモードでは、クリックリングを絞り設定に、コントローラーホイールは同様に露出補正にセットし、いずれのモードでもスムーズリングはMF時のピント調整用にしか使っていません。
また、背面にあるショートカットボタンには、AEロック(スポット)をセットしています。

その大きさ、重さから、片手での操作はあまり想定されていないようで、前述のコントローラーホイール(背面)に露出補正を割り当てない場合、露出補正ボタンを押してもコントローラーホイールでの補正値調整ができません(クリックリングで行う)。
このため、Avモード時などに背面のコントローラーホイールで絞り設定を行い、露出補正ボタンを押して同じホイールで補正を行う(クリックリングは使用しない)と言った操作はできないようです。
PowerShot S120などはそうした操作ができるため、ここはちょっと戸惑う点でもあります。
まあ、通常は片手で撮る場合、PモードやAUTOモードを使用すると思われるので、問題ないとは思います。

次に、背面です。

PowerShot G1X MarkⅡ本体

チルト式の背面液晶モニタは、画面を下方向に向ける時にはスムーズに動かすことができます。
上方向に向ける際には、最初に強めのクリック感があるので、少々力が必要です。
その分、モニタを戻すとカッチリと締まり、不安感はありません。
モニタは上方向には180度動かせ、自分撮りもできる仕様です。

再生ボタンは、背面ではなく上面に設置されています。
これも私の使用する他の同社カメラと異なるため、ちょっと迷いがありましたが、すぐに慣れました。
ただし、未だに時折再生ボタンと電源ボタンを誤って押すことがあります。

私はまだ使用していませんが、MarkⅡにはWi-Fiが搭載(NFC対応)されています。
これにより、iPhoneやAndoroid端末と言ったスマートフォンと連携したり、撮影した画像を直接SNS等にアップロードしたりすることが可能です。
また、スマートフォンをファインダ代わりにしてリモート撮影もできるので、いずれ利用してみたいと思います(接続だけはしてみましたが、画面の動きは意外にスムーズでした)。

バッテリーと充電器

使用するバッテリーはNB-12L。
これだけ大型のレンズを駆動するので、さすがにPowerShot S120などとは異なるバッテリーです。
しかし、かなり前に使用していたPowerShot G2のバッテリーが、当時のEOSデジタルなどと同じもの(BP-511)だったことを考えると、相当に小型化されています。

このカメラにはバッテリーチャージャー(充電器)も付属する点はありがたいのですが、USBによる充電はできません。
私は、普段の使用においてはUSB充電よりチャージャーによる充電の方が好みです。
反面、旅行などに出る際にチャージャーを持っていかねばならないのは面倒。
この大きさなら、本体にも充電機能を内蔵してくれるとありがたいと思います。

各所のつくり込みはガッチリしていて、安心感があります。
本体の重さも、撮影している時には気になりません。
ただし、本体サイズと重量に対して、右手のグリップ部は少々心もとないことも事実です。
オプションでカスタムグリップ“GR-DC1A”が用意されていますので、いずれ入手したいと思います。

持ち歩く方法に関しては、色々検討しましたが、リストストラップを使用することにしました。
両吊りでネックストラップを使用するのがベストでしょうが、車で移動することが多い私にとっては、ちょっと持ち出すときにストラップが邪魔になるのです。
リストストラップは、キヤノンのビデオカメラ用商品“WS-20”を購入し、装着しました。

なお、ケースに関してはエツミにて販売している“hama シアトルカメラバッグ90”がピッタリとの情報をネットで得、注文していますが、品薄のようでまだ届いていません。

撮影準備が整い、しばらくはメインカメラとして持ち歩くことにしました。
実際の撮影に関しては、後編にて書いていきます。

  

|

« 今年の初物!生桜えび | トップページ | Canon PowerShot G1X MarkⅡ(後編) »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59651657

この記事へのトラックバック一覧です: Canon PowerShot G1X MarkⅡ(前編):

« 今年の初物!生桜えび | トップページ | Canon PowerShot G1X MarkⅡ(後編) »