« マリンタウンカジキバーベキューへ | トップページ | あさぎりフードパークでバターチキンカレー! »

伊豆アニマルキングダム(恐竜が棲む森)

1月26日に訪れた伊豆アニマルキングダムの続きです。
最終回となる今回は、プレイゾーンにある、恐竜が棲む森のご紹介です。

実はこのアトラクション、入園後にパンフレットをもらってから、息子がずっと気にしていたもの。
恐竜と聞くと、小学生の子供にはたまらないのでしょう。
ただし、わが子ながら、二人は大の恐がり(特に息子は)。
子供たちが楽しみにすればするほど、私の不安は大きくなりました。

恐竜が棲む森は、ウォーキングサファリゾーンから陸橋を渡った先、プレイゾーンにあります。
料金は1グループ5名までで500円。
ちょうど午後の日差しが傾きかけ、どことなく空の明るさが落ちかけた時間帯に到着しました。

恐竜が棲む森の入口

入場前から、私の予感は的中。
入り口外にある恐竜の置物の前で記念写真を撮ろうとすると、既に完全に腰が引けています。
これには、私も妻も苦笑い。

既にビビってる

子供たちに「入場をやめるか?」と問いましたが、「行く」とのこと。
料金が無駄にならないことを願いながら、500円で券を購入します。
入口のドアを開け、場内に入るとすぐに、恐竜の咆哮が響きます。
ここの恐竜たちは、センサーで人を感知すると動きと音で迫ってくるのです。

恐竜が迫る

もちろん、恐竜の場所自体は移動しません。
それでも、思ったよりも迫力がある恐竜たち。
もうここからは、恐竜よりも子供たちを見ている方がよっぽど面白い状態。
子供たちは、なるべく恐竜から離れて、恐る恐る進みます。

この表情

そのピークは、終盤にティラノサウルスが登場したところでした。
息子は、完全に固まっています。
娘は、既に逃げ去ってしまいました。
大人が見ても、確かにこれは迫力があります。

ティラノサウルス

完全に固まる

見た目は平静を装っている息子。
しかし、途中でちょっと背中を押したところ、かなり嫌われました。(^^;)

最後は、ゆったりした草食恐竜の下で記念撮影。
娘は、恐竜のベンチすら恐いと半べそです。

草食恐竜

記念撮影

この後、娘は立ち直り、恐竜の卵を模した撮影スポットで、お色直し。
なんとか笑顔が戻ってきました。

再度撮影

息子と私は、再度道を戻って、もう一度見たいと言う息子(強がり)に付き合います。
人間の子供という動物を見る意味で、最も面白いアトラクションでした。

|

« マリンタウンカジキバーベキューへ | トップページ | あさぎりフードパークでバターチキンカレー! »

静岡観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59279171

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆アニマルキングダム(恐竜が棲む森):

« マリンタウンカジキバーベキューへ | トップページ | あさぎりフードパークでバターチキンカレー! »