« あさぎりフードパークサイクリング | トップページ | 田子の浦の海辺にて »

見納めに興徳寺

興徳寺の桜と富士山

わかりにくいですが背後に富士山

長らく見頃が続き、いつになく目を楽しませてくれた静岡平野部の桜も、いよいよ終わり。
朝晩は一桁でも、日中はコンスタントに20℃を超えてくる気温に、花弁が舞う光景も見納めとなりそうです。
そんな中で先日(4月8日)、朝霧高原への移動途中に富士宮市(旧芝川町)柚野の興徳寺に立ち寄りました。

ここは高台にあり、満開の桜と富士山の光景が楽しめる場所です。
4月5日の記事でも、ここの桜をご紹介させていただきましたが、その時は富士山が雲の中でした。

今回、富士山はバッチリその姿を現してくれています。
これはよい画になるかもとの期待を込めて、石段を登りました。

撮影ポイントに行ってみると、富士山は期待通り。
しかし、すでに夕方近くで、残念ながら太陽は裏手の山の向こう。
桜の木々に陽光が当たらず、輝度差が大きくなりすぎていました。

したがって、桜の白と富士山の雪の白を同じレベルで撮ることはできず。
画像処理にて暗部を持ち上げましたが、不自然過ぎないギリギリのレベルではここまで。
思ったような画にはなりませんでした。

桜もすでに満開を通り過ぎ、少し花がさみしくなっています。
そのためか、私以外にはカメラマンが一名いたのみ。
ついでに撮るスタイルなので、なかなかベストタイミングに撮れません。

帰り際に桜の木々を眺めながら歩くと、花とともに緑の葉が出ています。
これまでの白に取って代わり、これからは緑の季節になっていくことでしょう。

白から緑へ

|

« あさぎりフードパークサイクリング | トップページ | 田子の浦の海辺にて »

富士山!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59444283

この記事へのトラックバック一覧です: 見納めに興徳寺:

« あさぎりフードパークサイクリング | トップページ | 田子の浦の海辺にて »