« Canon EF24mm F1.4L Ⅱ USM | トップページ | 2014年田貫湖春のダイヤモンド富士 »

一ヶ月でこの変化

2月28日の富士山

3月31日の富士山

この4月から、高速道路の料金制度が改定となり、特にETCに関する割引が大幅に見直されました。
これまで地方部で朝と夕方に実施されていた100km以内半額の通勤割引が廃止されたのが、私にとっては最も痛いでしょうか。
ひとまず、ETCマイレージサービスに登録すれば、当該時間帯の通行に関し最大50%の無料通行(翌月)ができるようですが、これまでのように初回から半額とは大きく異なります。

そんな状況下、東名高速富士川S.A.(下り)の絶景ポイントでの撮影機会も減ってしまいそうです。
富士I.C.から乗って富士川S.A.のスマートI.C.で降りれば最低限の料金で済みますが…。

私の通勤時間は年間を通じてほぼ一定のため、ここでは季節の移り変わりも感じられます。
今年撮った写真を見直していたら、2月末と3月末のほぼ同じ時間に、同じ場所から撮影していたものを見つけました。
上の写真が2月28日、下の写真が3月31日です。

2月末にはこの時間(6:20)はほとんど夜の延長と言った感じでした。
少なくとも、夜明け前の様相。
それに対して、3月末の同じ時間(6:23)は間違いなく朝が訪れています。

3月末の写真には、山頂を越えてたなびく雲。
まるで、空気の流れを示すかのようでした。

機会は減っても、この絶景ポイントからの富士山、またお届けしたいと思います。
皆さまも是非、東名高速をご利用の際には、富士川S.A.にお立ち寄りください。

|

« Canon EF24mm F1.4L Ⅱ USM | トップページ | 2014年田貫湖春のダイヤモンド富士 »

富士山!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59426970

この記事へのトラックバック一覧です: 一ヶ月でこの変化:

« Canon EF24mm F1.4L Ⅱ USM | トップページ | 2014年田貫湖春のダイヤモンド富士 »