« 富士山スカイライン登山区間4月25日開通 | トップページ | 爽やかな朝霧高原 »

富士ヶ嶺サイクリング

4月13日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日の天気は、曇りベース。
しかし、雨の心配はひとまずなさそうです。

朝食後、外に出てみると、気温は18℃ほど。
ちょっと悩みましたが、今年初めて短いビブショーツを着用します。
上は、半袖ジャージにアームウォーマー。
これなら、アームウォーマーを外して調整することができます。
手足の指先が冷える私は、シューズカバーと指付グローブはまだ外せません。

そんないでたちで、10:00前に自宅を出発します。
目的地は、相変わらずの朝霧高原。
走りだしてみると、空気の冷たさは感じません。

自宅から、国道469号、大月線と進みます。
坂を上ってみると、いつもより体が軽い感じがします。
これは、ダイエットの成果なのか、それとも追い風か。
少なくとも、両方だと信じたいところです。

曇り空ながら、富士山も見えていました。

富士山全景

そのまま大月線を走り、上井出へと向かいます。
気温は相変わらずの17℃~18℃程度。
暖かな追い風で、汗も出てきます。
途中、狩宿に曲がる地点では、車が並んでします。

渋滞

何かと思えば、この週末は狩宿さくらまつりが開催されていたのでした。
それを思い出し、帰りに時間があれば寄って見ようと思いました。

上井出までの走りも、比較的好調。
ただし、追い風は次第に強くなっている気がします。
実力以上の走りができているのも事実です。

上井出を過ぎ、人穴方面へ。
途中、風の湯の桜は、ほぼ満開でした。
標高600m程度まで、桜前線は上ってきていたようです。

風の湯の桜

桜を愛でながら、富士ミルクランドまでペースを上げていきます。
この調子なら、1時間は切れそう。
ミルクランド到着は、走行時間56分33秒でした。
上出来です(追い風のお陰で)。

富士ミルクランド

ここのところでは最高

ミルクランドからは、ちょっとペースを落として走ります。
それでも、追い風の恩恵は相変わらず。
この日は、県道71号を右折せずに直進、人穴神社の前を通って国道139号に至る道を進みます。

人穴神社

人穴神社を過ぎると、別荘地内で傾斜が急になります。
ここをじわじわとクリア。
脚を残したままドライブインもちやの裏手に差し掛かります。
ここの桜は、まだ五分咲き程度。
満開まで、今しばらく楽しめそうです。

ドライブインもちやの桜

この先で、国道139号へ。
登坂車線のある坂をクリアし、朝霧さわやかパーキングへと向かいます。
途中、ふもとっぱらを見ると、野外フェスイベントが開催されており、テントがびっしりと張られていました。

ふもとっぱら

やがて、道の駅朝霧高原に到着。
この日は、道の駅には立ち寄らず、写真だけ撮って直進します。

道の駅朝霧高原

ちなみに、ここまでの所要時間は1時間30分ちょっと。
1時間30分切りは、追い風の恩恵があってもかないませんでした。

直進したのは、前日行われた野焼きのあとを見たかったため。
道の駅を通過してすぐから、その光景を見ることができました。
ところどころでまだくすぶっている野原を見ながら進み、根原の県境付近で富士山とともに撮影もします。

野焼きされた草原を進む

富士山と野焼きのあと

ここで引き返そうかとも思いましたが、時間を見るとまだ余裕がありそう。
県境まで行き、そこから富士ヶ嶺へと向かう道を走ることにします。
緩やかなアップダウンの後、上り二段階。
それをクリアすると、富士ヶ嶺の交差点が見えてきます。

富士ヶ嶺

この辺りの標高は1000mちょっと。
気温は14℃程度ですが、寒さは感じません。
アームウォーマーを手首までおろして、そのまま下りはじめます。

県道71号を走り、富士ミルクランド前を通過、ここからは来た道を走ります。
下りはもちろん、向かい風。
クランクを回しながら、急ぎます。
狩宿さくらまつりに立ち寄る時間を確保したかったからです。

やがて、さくらまつり会場に到着。
駐車場待ちの車の列は相変わらずでしたが、自転車なのでその点は楽です。
会場の様子を見ながら歩き、そそくさと退散します。

狩宿さくらまつり会場

狩宿さくらまつり会場

狩宿さくらまつり会場

会場にはレールが敷かれ、以前子供も乗せてもらったミニSLが今年もありました。
ちょうど休み時間か、動いていませんでしたが、多くの人が楽しんだことでしょう。

会場から大月線に戻り、再び自宅に向かって漕ぎ出します。
県道469号から戻り、13:00前に自宅着。

久しぶりに富士ヶ嶺まで回った約60km。
それなりのペースで走れ、満足のサイクリングでした。

|

« 富士山スカイライン登山区間4月25日開通 | トップページ | 爽やかな朝霧高原 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59467221

この記事へのトラックバック一覧です: 富士ヶ嶺サイクリング:

« 富士山スカイライン登山区間4月25日開通 | トップページ | 爽やかな朝霧高原 »