« 霰(あられ)の降る天気 | トップページ | Canon EF24mm F1.4L Ⅱ USM »

光の粒こぼれる

光の粒こぼれる

今年(2014年)の桜は、3月下旬の暖かさによって一気に開花し、あれよと言う間に満開になりました。
そして暴風雨を耐え抜いた桜は、その後下がった気温にも守られ、長く目を楽しませてくれています。
先週末からは寒の戻り、終盤とは言え、多くの場所でまだ花見を楽しめそうです。

桜の季節が終わりに近づくと、楽しみなのは散りゆく花弁。
強い風に巻き起る花吹雪もよいですが、優しくそよぐ風にひらひらと舞い落ちる花弁も実に優雅で風流です。
これから数日は、そんな散りゆく様を愛でるのもよいですね。

写真は先日、富士市にある岩本山公園の桜を撮ったものです。
午後の穏やかな日差しに照らされた桜の木。
満開の枝には少しずつ緑も見られ、時折吹きつける風に花弁が舞っていました。
その様子は、さながら光の粒がこぼれ落ちるかのよう・・・。
思わず、その場に釘づけになってしまいました。

まだまだ花が多く見える木も、近づいて見ると花弁が落ち、萼のみが残っている部分が多く見受けられます。
春の嵐で一気に散らず、こうしてはらはらと舞ってくれることを願いたいですね。

これから、静岡の桜前線は次第に標高を上げて行くことでしょう。

光の粒こぼれる

|

« 霰(あられ)の降る天気 | トップページ | Canon EF24mm F1.4L Ⅱ USM »

静岡観光情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59432362

この記事へのトラックバック一覧です: 光の粒こぼれる:

« 霰(あられ)の降る天気 | トップページ | Canon EF24mm F1.4L Ⅱ USM »