« 富士西公園の梅と桜 | トップページ | 空飛ぶ流れ鮨 菊川店行ってきました! »

道の駅朝霧高原サイクリング

3月9日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日の天気は、予報の時期によって変わる様相。
最終的には晴れと曇りベースでしたが、ちょっと不安定なようでした。

朝食後、9:00頃に自宅を出発。
朝霧高原を目指します。
路面状況は、前日車で走り把握済み。
雪融けの影響もなく、路面はドライな状態でした。

自宅を出て、国道469号へ。
青空もそれなりの面積に広がっていますが、富士山は雲の向こうで見えません。
気温は8℃ほどと一桁。
粟倉の梅林は、まだ花がまばらでした。

梅の花はまばら

標高300m~500m程でも、気温はほとんど変わらず。
6℃~8℃の間を行ったり来たりします。
いつも通り、北山から大月線に入り、上井手で人穴方面へと進みます。
風は若干の追い風。
前週乗っていない割には、脚の調子も悪くありません。

やがて、富士ミルクランドに到着。
今まで気づかなかったのですが、ここのバーベキュー場に作られたビニールハウスの支柱が折れて潰れています。
雪の影響でしょうか。

富士ミルクランド

ミルクランドの一部にはまだ除雪した雪が残っていましたが、路肩にはすでにほとんどなし。
この標高では、雪の影響を窺い知るのは難しそうです。
その状況は、人穴小学校の先で県道71号を右折するまで同様でした。

県道71号を右折

林間の坂を抜け、牧草地へと出ます。
牧草地の雪も、この辺りではほとんどが融けています。
しかし、相変わらず富士山は雲に包まれ見えません。

富士山は見えず

ここまで来ても、気温はほとんど変わらず。
むしろ、自宅周辺の8℃から変化がありません。
朝から昼に向かっているので、それもあると思います。

前日調べた際、あさぎりフードパークへと続く農道分岐を過ぎた先に、雪壁が残っているところがありました。
自転車を立てて写真を撮ろうと、この日は県道71号を直進します。
ほどなく、現地に到着。
高い壁に見えますが、もともと段差のところに着雪しているので、雪の厚みはそれほどではありません。

雪壁と愛車

せっかくここまで上ったので、折り返さずに先に進むことにします。
牧草地脇の緩急ある坂を上り、山梨県境方面へと走ります。
途中、平坦な部分では、それまでよりも多く雪が残っていました。

雪が残る

この先で左に折れ、昨年酪農体験を行った松下牧場方面へと進みます。
この途中には、2月の大雪で牛舎が崩壊した現場があります。
撤去作業は進んでいるようですが、そのあまりの痛々しさに言葉もありません。

牛舎撤去作業


やがて、あさぎりフードパークへの農道と交わる地点へ。
ここで右折し、フードパークを目指します。
緩やかな斜面と平坦基調の道。
負荷をかけずゆっくりと走りました。

しばらく走ると、あさぎりフードパークに到着。
ここにも、まだ雪はそれなりに残っていました。
しかし、通行の妨げになるような部分はもうほとんどありません。

あさぎりフードパーク

そこから、道の駅朝霧高原へと回ります。
観光バス含め、車両はそれなりの数が停まっていました。
その向こう、毛無の山々には重苦しい雲がのしかかっています。
ふと気温を見ると、3℃。
いつの間にやら、急激に気温が下がっています。
思わず身震いしながら、イヤーパッドをつけました。

道の駅朝霧高原

気温は3℃

国道139号に出て、帰路につきます。
向かい風ですが、前々週ほどの強さではありません。
しかし、風は冷たく、手指が冷えてきます。
途中、牧草地越しに富士山が頭を覗かせてくれました。

富士山

ここからは、県道71号、大月線、国道469号と下りました。
12:00過ぎに自宅着。
空気は冷たかったですが、調子は悪くない約55kmでした。

|

« 富士西公園の梅と桜 | トップページ | 空飛ぶ流れ鮨 菊川店行ってきました! »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59274861

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅朝霧高原サイクリング:

« 富士西公園の梅と桜 | トップページ | 空飛ぶ流れ鮨 菊川店行ってきました! »