« 道の駅朝霧高原サイクリング | トップページ | 丸子路の桜満開 »

空飛ぶ流れ鮨 菊川店行ってきました!

先週金曜日(3月14日)に、東名高速菊川I.C.そばにオープンした日本初の空飛ぶ流れ鮨 菊川店にお邪魔し、新しい流れ鮨を体験してきました。
このお店は、今年(2014年)の2月28日にオープンしたばかり。
期待に胸躍ります。

店舗外観は、思ったよりもコンパクトな印象。
駐車場は同敷地内の珈琲あさぎりと共有で、広々としています。

空飛ぶ流れ鮨 菊川店

早速店内に入り、席につきます。
私たちの訪れた時間は、15:00前。
さすがに混雑はしておらず、外観から見るより広く、明るい店内で落ち着いていただくことができました。

明るい店内

さて、肝心の流れ鮨レーンに目をおとして見ると・・・。
確かに、通常レーンにあるベルトがありません。
そして、黒々としたレーン表面には小さな穴が。
ここからエアを噴き出して、鮨を浮かべるようです。

空飛ぶ流れ鮨のレーン

iPadを利用したタッチパネル式のメニューから注文をし、しばし待ちました。
すると、突然プシューという音とともに、エアが噴き出すのが感じれられます。
おっ!と思って見ていると、レーンの上をスルスルと、椀の載ったトレイが流れてきます。

エアで浮き上がったトレイが流れてくる

そのトレイは、明らかに浮き上がっているのがわかるほどではありませんが、それでも何の抵抗もなく、そして意外にも素早い動きで私たちのテーブル横へと流れつきました。
そして、一旦停まった後、やはりスムーズにテーブルへと流れ着きます。

到着

この日、私が注文したのは、鮨・小丼・うどんランチ1,185円(税抜)。
小丼にはウニ、いくら、カニ身がたっぷりの贅沢な一品です。
鮨は6貫に玉子焼き。
まさにボリューム満点の一品でした。

鮨・小丼・うどんランチ

食べながら、器を降ろしたトレイをまじまじと眺めます。
あれだけの重さのものを浮かせて、スルスルと運ぶには、このトレイにも秘密があるに違いありません。
が、特に何も発見できず。
飛行機に乗った魚がし大ちゃんが、空飛ぶ流れ鮨を表現しているのみでした。

空飛ぶ流れ鮨のトレイ

いや~、満腹満腹。
味もボリュームも大満足でした。
初体験でしたが、新しい流れ鮨、結構面白いです。

食後は、隣にある珈琲あさぎりにて、打ち合わせを兼ねてのんびりコーヒータイム。
ちょうどよい腹ごなしになりました。

珈琲あさぎり

菊川の新名所とも言える、空飛ぶ流れ鮨 菊川店と珈琲あさぎり。
珈琲あさぎりでは、あさぎりのソフトクリームもお楽しみいただけます。
機会があれば、ぜひお立ち寄りください。(^^)

【2014年12月1日 追記】

珈琲あさぎり菊川店は、2014年11月30日をもって閉店致しました。
ご愛顧、ありがとうございます。

|

« 道の駅朝霧高原サイクリング | トップページ | 丸子路の桜満開 »

うまいもの再発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59307194

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶ流れ鮨 菊川店行ってきました!:

« 道の駅朝霧高原サイクリング | トップページ | 丸子路の桜満開 »