« 2月9日(日)の道の駅朝霧高原 | トップページ | 東駿河湾環状道路「函南塚本」まで開通! »

紅梅と雪

雪中の紅梅
Canon EOS 5D MarkⅢ+EF35mm F2.0 IS USM ISO-100 f/5.6 1/50秒 RAW現像

雪中の紅梅
Canon EOS 5D MarkⅢ+EF35mm F2.0 IS USM ISO-100 f/2.8 1/320秒 RAW現像

雪中の紅梅
Canon EOS 5D MarkⅢ+EF35mm F2.0 IS USM ISO-100 f/2.8 1/250秒 RAW現像 トリミング

どうも雪の写真が続きますが、こちら(静岡)ではめったに降らない雪の光景ですので、ご容赦ください。
大雪に見舞われた9日、移動途中に富士市の岩本山公園に立ち寄りました。
富士市内も旧国道1号付近までは雨。
冷たい雨ではありましたが、市街地に雪はありません。

それでも、そこから岩本に向かう途中から雪に変わり、岩本山の麓ではすっかり雪。
ほんのちょっと地域が変わるだけで、急激に状況は変わります。
岩本山へと向かう急坂では、タクシーがスタック。
それを避けるために対向車線へと向かうのも困難を要します。

富士宮市へと向かう道路から、岩本山公園方面へと折れます。
ここの茶畑の中を通る道路は、もはや雪国さながら。
4WD+スタッドレスの装備でも、運転には細心の注意が必要です。

駐車場にかろうじて車を停め、雪降りしきる中梅園への道を上ります。
途中木々の枝に積もった雪で枝が下がり、傘に当たります。
足元の新雪は柔らかく乾いていたため、滑りやすくなかったのが救いです。

梅園へと到着すると、吹きっさらしのせいか風が強く、雪は時折横殴りで体に当たります。
カメラをかばいつつ、手早く撮影をして現地を離れました。
目的の梅と雪の写真は撮れましたが、手も足も凍え、自分が雪にいかに慣れていないか、改めて思い知らされました。

自然界で生きる梅はこの雪と寒さに耐え、さらに花開いてくれることでしょう。

|

« 2月9日(日)の道の駅朝霧高原 | トップページ | 東駿河湾環状道路「函南塚本」まで開通! »

あさぎりWEB日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅梅と雪:

« 2月9日(日)の道の駅朝霧高原 | トップページ | 東駿河湾環状道路「函南塚本」まで開通! »