« 凧揚げリベンジ | トップページ | はなかっぱ植木鉢のその後 »

あさぎりフードパークサイクリング

1月19日(日)に、サイクリングに行ってきました。

この日の天気は文句なしの晴れ!でしたが、朝から強風。
家の中にいても、外でゴーゴーいっている風の音が聞こえます。
息子の小学校の廃品回収があったので、それに出向いた後、朝食。
その後、この風ではと家族でのサイクリングは断念し、私一人で10:00過ぎに家を出ます。

自宅から朝霧高原への道、さすがにこの風だけあって、富士山がとてもきれいに見えています。
山頂付近からは、時折雪煙が立ち昇っていました。
かの地は、さらにものすごい風が吹き付けていることでしょう。

クリアな富士山

その風は、向かい風。
ちょっと気を抜くと、身体ごと押し戻されそうな時もあります。
上りで向かい風は辛いのですが、この季節の場合、下りよりは楽かもしれません。
下手に横風に吹かれるよりは、安定もしています。

北山から大月線も、向かい風。
あまりの風に汗が瞬時に乾き、滴り落ちることはありません。
汗っかきの私には、かえってありがたいです。

しかし、脚を考えるとそれは別。
坂道を上っていると、いつも以上に負荷がかかります。
時折、駅伝?の練習をする学生に抜かれたりしながらかろうじて上ります。

上井出から、人穴方面へ。
ここまで気温は5℃~7℃程度。
風の湯の正面で富士山を撮影。
寒さは感じないのですが、風は相変わらずです。
風の湯の旗が全力ではためいていました。

風の湯前からの富士山

強風にはためく

もうここまで来ると、風向きが変わらないことを願います。
上りも向かい風できて、下りも向かい風は勘弁してほしいからです。
吹き付ける風に安心感を得ながら、富士ハーネス前を通過しました。

富士ハーネス前

この先で県道71号を右折、林間の道は風もそれなりです。
やはり、防風林の効果は絶大でした。
そこを抜け、牧草地へ。
牛たちも、じっとしています。

牧草地と乳牛

荻平の先から、いつもの農道。
途中、富士山バックの牧草地で、モニタとして提供してもらっているウイダー エネイドゼリーの補給をします。
ここまで使ってきた脚をもう少し動かすのに必要なエネルギー。
食感のしっかりしたゼリーと濃いめの味が、体に落としこまれていきます。

ウイダー エネイドゼリー

この時の標高は900m弱、気温は0℃。
標高700mを超えたあたりから、また一段と空気が冷たくなったようです。
北風の影響でしょう。

気温は0℃

やがて、あさぎりフードパークへと到着。
相変わらず富士山は素晴らしくクリアに見え、訪れた人々は皆写真を撮っていました。
私も写真を一枚撮って、すぐに裏手の道の駅朝霧高原へと回り込みます。

あさぎりフードパーク

ここからは、一気の下り。
追い風に乗って、クランクもガンガン回していきます。
トップギアまで入れながら脚を使い、人穴、上井出、北山と下ります。

さすがに、向かい風の上りと、ここまでの下りで脚は売切れ。
今の私の力では、これでも精一杯です。
あとは、流しながら自宅まで10km程。
無事、向かい風に切り替わることなく、到着しました。

自宅周辺の気温は10℃。
風も弱くなり、陽射しが暖かく感じられるようになっていました。
シチュエーション的にはきつかったですが、気持ちのよい約54kmでした。

|

« 凧揚げリベンジ | トップページ | はなかっぱ植木鉢のその後 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/58984794

この記事へのトラックバック一覧です: あさぎりフードパークサイクリング:

« 凧揚げリベンジ | トップページ | はなかっぱ植木鉢のその後 »