« 朝霧チーズの彩り天ぷら串 | トップページ | 突然の雪国!? »

道の駅朝霧高原(片道)サイクリング

1月12日(日)に、サイクリングに行ってきました。
当日の天気は晴れ。
ですが、寒波が入り、気温は相当低いとの予報です。

ゆっくりと起き、朝食後に今日一日の予定を話し合います。
気温が低く、風もあるため(弱いですが)家族でのサイクリングは断念。
私がサイクリングで朝霧高原に向かい、車で移動の家族と合流して遊ぶことになりました。

そんな訳で、10:00頃自宅を出発します。
気温は5℃程度。
風は吹いていますが、追い風基調のようで気になりません。
むしろ、顔に冷たい風が当たらないので、暖かくすら感じます。

自宅から国道469号に向かう途中、富士山には雲が多めにかかっていました。

雲多め

国道469号から大月線に出て坂を上ります。
相変わらずの弱い追い風は大いにたすかりますが、この気温にも関わらず汗が噴き出してきます。
フレームに垂れる汗を気にしながら、上井出を過ぎて人穴方面へと進みました。

ここまで来ると、富士山の雲が取れはじめます。
山頂が顔を覗かせてくれました。

富士山が見えてきた

富士ミルクランドを過ぎ、人穴小学校の先で県道71号は右に折れます。
その地点には、冬場恒例のこの表示。
こうは書いてありますが、ひとまず県道71号県境手前までは凍結の心配がなさそうだったので、そのまま進みます。

凍結注意

林間の道を上ると、日陰の道路わきには雪が残っている部分もあります。
それでも、路面や路肩はクリア。
特に注意せずとも進めました。

荻平の先で県道71号を離れ、あさぎりフードパーク方面への農道を走ります。
ここの日陰部分(朝霧ジャンボリーゴルフクラブ裏手)には、一部凍結が見られました。

一部凍結

比較的車が通る国道や県道は大丈夫でも、裏道(農道等)に入るとこうした部分もあります。
やはり注意は必要ですね。

ここから標高800m程度のゾーンになりますが、気温はそれほど下がらず、3℃。
上ってくる最中も、ずっと6℃~3℃くらいで推移していました。

気温は3℃

比較的平坦な牧草地帯をゆっくり流して走ります。
先ほど来かいてきた汗を乾かしたいという気持ちもありますが、そう容易には乾きそうにありません。

あさぎりフードパーク手前で時間を見ると、家族との合流にはまだ余裕がありそう。
そのまま国道139号に戻り、根原の県境付近まで行ってみることにしました。

道の駅を過ぎ、上り坂をクリアすると、まもなく県境。
ここを本日の到達地点として写真に撮りました。
この付近の気温表示は、1℃。
凍結注意の文字も出されていました。

山梨県境

気温は1℃

ここで折り返すと、ゆっくりと下りを流していきます。
途中、ススキ野原の向こうの富士山を撮影。
雲はすっかり取れ、全景を現してくれていました。

富士山全景

道の駅朝霧高原に到着。
三連休の中日ですが、年末年始の休み翌週で、成人式等の行事もあるためか、車は思ったほどの数ではありません。
妻に電話すると、まだ到着までに少しかかりそうとのこと。
もう少し走りに行こうかとも思いましたが、風邪を引きたくないので、道の駅で暖を取ることにしました。

道の駅朝霧高原

そうこうしているうちに家族が到着。
車に自転車を積み込み、サイクリングはここで終了です。

自転車を積み込む

靴を履き替え、道の駅のレストランで昼食。
その後、朝霧アリーナに移動し、凧あげなどをして子供たちと遊びました。

そんな訳で、この日は朝霧高原からの下りはなし。
気温の割には暖かく(暑く?)自転車に乗れた約32kmでした。

|

« 朝霧チーズの彩り天ぷら串 | トップページ | 突然の雪国!? »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

サイクリングですか。
いいですね~。
僕も一応プジョーの自転車持ってるんですが。
最近は出番がとんとありませんよ。
乗ってやらなければかわいそうかな。

投稿: モモのパパ | 2014/01/19 09:21

モモのパパさん、おはようございます。
私のサイクリングも、今の体力と体型だと、昔に比べかなりゆっくりです。
上り坂では、速度が一桁になることもしばしば。
自転車は、ゆったりと流して写真を撮るにもピッタリのアイテムです。
是非、お楽しみください。(^^)

投稿: あさぎり | 2014/01/19 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/58960009

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅朝霧高原(片道)サイクリング:

« 朝霧チーズの彩り天ぷら串 | トップページ | 突然の雪国!? »