« 10月27日のダイヤモンド富士 | トップページ | 駿河湾の桜えび漁(秋漁スタート) »

富士山こどもの国にて

10月中旬の日曜日、久しぶりに富士市にある富士山こどもの国へと行ってきました。
ここは、広大な敷地に、それぞれ特徴のあるエリアが配置されていて、自由な遊び方ができるスポット。

今回の目的は、子供たちとのボール遊び(球技練習)です。
私が子供の頃(昭和40~50年代)には、誰の所有か分からない空き地や公園、学校のグラウンドなどが点在し、そこで野球やサッカー遊びをよくしたものでした。
しかし、今気軽に使えるそうした場所は見つけにくく、こうした施設を利用することで気兼ねなく遊べます。

今回の目的から、入口は草原の国ゲートから入場。
そのゲートそばのススキの様子は、先日UPしました。

入場すると、レストハウス前までの上り。
ここだって、子供たちにとっては立派な遊び場です。

入場直後

そして、レストハウスとバーベキュー場の前を通り、草原へと向かいます。
しかし、途中の爆裂火口で、やはり足は止まります。
岩山を上り、滑り台を楽しむ。
しばらくは、ここで遊ぶことになりました。

爆裂火口の滑り台

その後、ようやく草原へと行き、ボール遊び。
購入して持って行ったプラスチックバットとゴムボールでバッティングの練習をします。
その後、キャッチボールも(素手で)。
ここは、相手が私なので、写真は撮れません。(^^)

一通り遊んだ後、昼食のためレストランへ。
しかしその途中、持ってきたそりで草原をすべることにしました。
ところが、雪用のそりなので、なまじっかな傾斜では滑りません。
ただ寝そべるだけの我が子を見て親は爆笑。

滑らない

ちょっとかわいそうになりましたが、滑らないものはどうしようもありません。
諦めてレストランへと歩く途中、先ほどの爆裂火口の麓に、急な傾斜を発見。
ここなら、滑るかもしれません。
やって見たところ、それほど速度は出ないものの、確かに滑ります。
成功!

滑った!

しかし、ここで滑ると、下にあるススキの中に飛び込んでしまいます。
ススキにはまり込んで出てくる様子を見て、子供たちも親も笑いが止まりません。

ススキに飛び込む

ススキに飛び込む

それでも、何度も何度も滑り、親子ともども楽しませてもらいました。
私も一回滑りましたが、体重オーバーで進まず。

もういいだろうと言うところで、レストランへ。
ちょうど三連休の中日だったこともあり、大変混雑していました。
なんとかテーブルを見つけ、食事。
素朴なメニューですが、体を使って遊んだ後は美味しいですね。

レストランにて

とんこつ醤油ラーメン

食事を終えてしばらく遊びましたが、さすが標高900m以上。
風が冷たくなってきたので、夕方になる前に帰路につきました。
寒さが本格的になる前に、また遊びに行きたいと思います。

|

« 10月27日のダイヤモンド富士 | トップページ | 駿河湾の桜えび漁(秋漁スタート) »

静岡観光情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/58449964

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山こどもの国にて:

» 「雪の丘」オープン 富士山こどもの国 [ローカルニュースの旅]
富士山こどもの国で1日、人工雪でつくった冬季限定の「雪の丘」がオープンし、県内外の親子連れが早速、冬の遊びを満喫した。子どもたちは雪の感触や冷たさに大はしゃぎ。30メートルの斜面をそりで勢いよく滑った。約500平方メートルの雪の広場では大玉転がし、雪の玉入れ、雪だるまづくりを楽しんだ。長さ100メートルの斜面ロングコースは今月下旬に完成する見込み。雪の丘は来年3月中旬まで開放する予定。... [続きを読む]

受信: 2013/12/04 18:25

« 10月27日のダイヤモンド富士 | トップページ | 駿河湾の桜えび漁(秋漁スタート) »