« 駿河湾の桜えび漁(秋漁スタート) | トップページ | 自転車の練習(息子の新車) »

2013年富士宮まつり

2013年富士宮まつり(宵宮)

2013年の富士宮まつり(富士山本宮浅間大社例大祭)は、11月3日から昨日(11月5日)まででした。
例年、11月4日の夕方から行われる本宮(共同催事)からの競り合いを撮影してきました。

数年撮影を行い、華やかな山車・屋台の上で繰り広げられる囃子や演舞に関してはかなりの写真が集まりました。
しかし、それだけが富士宮まつりではありません。
夏前から行われる緻密な準備や練習、そして背後でまつりを支える幾多の人々によって、この勇壮な囃子や踊りが眼前にて披露されるに至るのです。

もちろん、それに密着するのは、今の私では不可能です。
それでも、せめてまつり当日にでも、山車・屋台、そして踊り、縁日などを支える舞台裏の人々の動きに注目しようと決めました。

そんな気持ちで、3日(日)の夕方から、まつり初日の夜に行われる「宵宮」を訪れます。
この日の競り合いは、19:00頃から。
それまで、富士山本宮浅間大社の参道にずらりと並ぶ露店を抜け、浅間大社にお参りします。

その後、宵宮に向けて着々と準備をする山車・屋台の側に。
しかし、ここで気づきます。
例年、なぜここに目が行かないか。
裏方さんの活躍するその場は、山車・屋台の上に比べてとても暗いのです。
現在のデジタルカメラ、レンズの性能を持ってしても、この舞台裏を撮影するのは比較的難しくなります。

それでも、そこを意識しながら、数十枚の写真を撮りました。
宵宮がはじまる頃になって、富士宮市内には雨がパラつきはじめます。
その雨は降ったりやんだり。
2km程の距離を歩いて撮影に出向いた私としては、本降りになる前に撤収せねばなりません。

結局、この日の撮影は19:30前まで。
後ろ髪を引かれながら、まつりの行われる市街中心地を後にしました。

翌4日も、仕事から戻り出かけようとするタイミングで雨。
結局、18:00過ぎに雨の止み間を待って撮影に出ましたが、多くの山車・屋台は既に地区に戻ってしまい(降雨のため)、予定と異なる変則的な競り合いとなりました。
もっとも、その分山車・屋台の周辺を余裕を持って撮影できたことは収穫でした。

これから数回に分けて、そんな2013年富士宮秋まつりの写真をご紹介していきます。

|

« 駿河湾の桜えび漁(秋漁スタート) | トップページ | 自転車の練習(息子の新車) »

静岡観光情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/58510749

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年富士宮まつり:

« 駿河湾の桜えび漁(秋漁スタート) | トップページ | 自転車の練習(息子の新車) »