« 護衛艦「あしがら」 | トップページ | 標高900m(富士山こどもの国)のススキ »

ふもとっぱらでのセグウェイ体験

9月下旬の土曜日、仕事関連の方2名とともに、富士宮市の朝霧高原にある「ふもとっぱら」を訪れました。
ここは、オートキャンプや各種アクティビティなどが楽しめる自然の遊園地。
広い敷地では、野外イベントも多く開催されています。

そんなふもとっぱらでの今回の目的は、セグウェイ。
立ち乗りの二輪電動走行車です。
かなり以前になりますが、小泉元首相もこれに乗っている映像(当時のブッシュ大統領よりプレゼントされたらしい)が話題になりました。

セグウェイは家庭用電源から充電した電池でモーターを駆動し、運転者の体重移動により前進、後退、方向転換が可能。
その最高速度は約20km/hと、なかなかの速度です。
残念ながら、日本の保安基準を満たしておらず、日本では公道(歩道含む)での走行はできません。

そんなセグウェイのオフロードモデル(x2)を体験できるのが、ふもとっぱらのセグウェイツアーなのです。
セグウェイツアーの料金は、講習(座学・実技)とコースツアーで大人一人8,800円。
約2時間のプログラムです。

当日、ふもとっぱらに到着した一行は、早速受付。
座学(DVDによる基礎知識学習)を行った後、早速インストラクターからセグウェイの乗り方を教わります。
このプログラムは、1回最大4名まで(2名以上)。
一人ひとり丁寧に指導してくれるため、安心です。

インストラクターによる乗り方講習

セグウェイは二輪ですが、正しく操作すれば前後バランスはセグウェイ自身が取ってくれます。
搭乗者は、前後にひっくり返る心配をせずに(無理な操作や地形での走行は別)乗ることができます。
乗って静止したまま両手を離しても大丈夫です。

バランスはセグウェイが取ってくれる

また、静止時のセグウェイの回転半径は0mです。
止まった状態でハンドルを倒せば、その場で回転できます。

前進、後退、回転を体験し、次にパイロンを使ってコース取りの練習。
停止、スラロームなど、一通りの操作を体験したら、次は地形に合わせた走行テクニックを習得します。
上り坂、下り坂での練習をし、これにて一通りの講習を終えました。

坂道での練習

ここまで来ると、だいぶセグウェイの乗車にも慣れてきます。
最初は緊張し、あらぬ筋肉が張っている感じを受けましたが、だいぶ楽に乗車ができるようになっています。
この状態になったら、いよいよ草原へ。
ここでしばらく、自由に乗車して楽しみました。

草原へ

草原でしばらく遊び、その後林間でのツアーへと出かけます
セグウェイには最高速度などを制限する初心者モード(亀のマークが表示される)があり、この時はまだそのモードで走っています。

草原から林へ

林間の道に入ると、それまでより路面状況は悪くなります。
しかし、セグウェイx2はオフロード仕様。
少々の石や小枝などはものともせず進んでいきます。
時折、インストラクターからの解説も交え、楽しい行程です。

林間の道を進む

途中、初心者モードを解除し、セグウェイ本来の性能を発揮するようにします。
林間の道の行きと帰りで、これまた別物の感覚で新鮮でした。
最後に、セグウェイを駐車し、吊橋を渡ります。
東海自然歩道にかかる低い橋ですが、かなり揺れるのでスリルはあります。

セグウェイを停める

吊橋へ

セグウェイにはInfokeyと言うメーターのようなものがセットされていて、これを取り外すとスタートしません。
Infokeyを外してポケットに入れておけば、盗難の心配は少なくなります。

林間の道を堪能した一行は、再び草原へ。
ここで、初心者モードを解除したセグウェイの本来の速度を体験します。
時速20km/hと言えど、立って乗っているためか、そのスピード感はかなりのもの。
注意して走らねば危ないというのもよく理解できます。

草原での走り

セグウェイでの走行は、訪れているキャンパーからも注目の的でした。
体重移動でコース取りをしながら駆け抜ける楽しさ。
ちょっと病みつきになりそうです。

その際、走行しながら撮影した動画もこちらからご覧いただけます。
最後にバックの練習をしていて、ひっくり返るところも撮られていますが・・・。(^^;)

決して安くはないお値段ですが、これだけの時間セグウェイに乗車し、自由に走れるのは貴重な体験です。
機会があれば、ぜひどうぞ。

|

« 護衛艦「あしがら」 | トップページ | 標高900m(富士山こどもの国)のススキ »

静岡観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/58323036

この記事へのトラックバック一覧です: ふもとっぱらでのセグウェイ体験:

« 護衛艦「あしがら」 | トップページ | 標高900m(富士山こどもの国)のススキ »