« 夏の思い出(多摩川上流) | トップページ | 富士宮からの赤富士と »

筏場のわさび田

筏場のわさび田

筏場のわさび田

先日、伊豆半島の山中を走り回っている途中、天城の山中の県道59号沿いに筏場のわさび田を見かけました。
ここは、総面積14.7ヘクタール、わさびの植えられている棚石で区切られた田の枚数1500枚と、この付近でも最大級。
天城山に降った雨が軽石の層を抜けてこの周辺に湧き出す水を利用しています。

私はその存在は知っていましたが、実際に目にするのは初めて。
その光景は、まさに圧巻です。

わさびはアブラナ科の常緑多年生宿根植物で、夏にも涼しい山間地で年間水温8~18℃の清水が湧き出る場所が栽培の適地とのこと。
その条件にピッタリと当てはまっているのが、ここ筏場ということなのでしょう。
ここでのわさび栽培は250年以上の歴史があるとのことです。

今回は自転車だったため、残念ながら新鮮なわさびを買うことができませんでしたが、ちょっと下がったところにはわさび屋さんも点在していました。
しかし、ここのわさびも多くは首都圏へと出荷されていくとのこと。
これも、250年前から変わらぬ商いなのでしょう。

旅情たっぷりの天城湯ヶ島、修善寺などからアクセスできる筏場。
道は狭く、車のすれ違いには神経を使うような山中ですが、だからこそこんな光景が今に残されているのでしょう。
機会があれば、ぜひ一度ご覧ください。

|

« 夏の思い出(多摩川上流) | トップページ | 富士宮からの赤富士と »

静岡観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/58255411

この記事へのトラックバック一覧です: 筏場のわさび田:

« 夏の思い出(多摩川上流) | トップページ | 富士宮からの赤富士と »