« 松下牧場で牧場体験(その3) | トップページ | プール遊び! (TG-2 Toughにて撮影) »

西湖鳴沢(なるしま合宿)サイクリング

8月24日(土)に、サイクリングに行ってきました。
この日は、かつて一緒に走った仲間(今でも一応クラブ員ですが)、東京のなるしまフレンドのクラブ員メンバーが西湖にて合宿を行う日。
私も昨年から声をかけていただき、朝霧乳業の工場見学案内を兼ねて参加しています。
とは言え、昨年同様予定が重なり、フル参加はできない状況。
それでも、今年は途中離脱しても夜に再び合流し、日曜日も同行する予定としました。

この日は、ひとまず自走で皆の集合する西湖の民宿へと向かうことにします。
朝、6:30頃に自宅を出発。
ここのところ距離を乗れていないので、西湖まで走るのはかなり久しぶりです。
合流してからのことも考え、いつもよりさらにスローペースで坂を上ります。

気温は25℃前後。
やはりこの時間にしては高いのですが、体に負担が大きいほどではありません。
曇り空でしたが、富士山はくっきりと見えていました。
山頂の雲は、刻一刻と形を変えていきます。
田んぼの稲はいよいよ首を垂れ、曇り空にも緑が映えています。

富士山

水田実りの秋

大月線を走っていると、地元の知り合いサイクリストが追いついてきて、久しぶりに話をします。
後方待ちとのことで、ゆったりペースにつきあっていただき、上井出へ。
思わぬ形で、再会を楽しむことができました。

上井出の交差点に差し掛かると、彼は後方が追いつくまで待つとのことで、私が先行。
富士ミルクランド方面へ、県道71号を進みます。
いつか後ろから再び追いついてくるかと、意図的に(と言うか自然に)ゆっくりと走りますが、結局再度一緒に走ることはできませんでした。

日本ニューホランドの農作業機械越しの富士山も、きれいに見えています。

日本ニューホランドより

人穴小学校の先で、県道71号を右折。
林間の道を抜け、牧草地帯へ。
前回はまだ元気があったヒマワリは、完全にそのピークを過ぎ、飽きが忍び寄る高原を感じさせてくれます。

ヒマワリも終わり

この先、県道71号を直進して鳴沢経由で西湖へと向かおうかと悩みましたが、そこまでの脚はなさそう。
荻平の先を左折して、あさぎりフードパーク、道の駅朝霧高原経由で向かうことにします。
朝ごはんを食べずにスタートしているので、道の駅で補給も必要と思ったこともありました。

程なくして、道の駅朝霧高原着。
上野製菓さんの草餅を二つ購入し、ひとまずひとつを食べて補給します。

草餅を

ここからは、国道139号に出て西湖へ。
時間はまだ十分に余裕があります。
根原の坂をクリアし、本栖湖、精進湖と進みます。
土曜日のため、大型トラックも多く、走るのには神経を使います(向こうもそうでしょうが)。
ここでの走りやすさは、やはり県道71号経由の方が数段上です。

それでも、精進湖を過ぎると、道は直線基調。
赤池の信号からは陸橋上も含め快適に走れました。
富士山も、相変わらず見えています。

青木ヶ原樹海にかかる陸橋

合宿の富士山一周ラン出発の1時間ほど前に西湖の民宿着。
既に、なるしまの仲間たちは到着し、準備をしていました。
昨年とはメンバーが入れ替わり、はじめてお会いする方も多くいらっしゃいます。
もちろん、懐かしい顔も...。

西湖合宿所到着

ここで挨拶と会話を交わし、残りの草餅を食べて補給します。
昨年はここからゆっくりと走る皆について行ったのですが、私の体型、脚力では一杯いっぱい。
なので、今年は上り部分を先行して待つことにし、仲間に告げて西湖を離れます。

ここから、国道139号に戻り、河口湖方面へ。
鳴沢の信号を右に折れ、県道71号を富士宮方面へと戻ります。
ほぼピークを上り切った展望台で皆を待ち、走ってきたメンバーを撮影。
改めて、一緒に来なくてよかったと胸をなでおろします。
皆はメディオ(低負荷)での走りなのですが。(^^;)

メンバーの走り

メンバーの走り

メンバーの走り

最後の組が通り過ぎると、カメラをしまって自転車に飛び乗り、追います。
平坦で短距離なら、体型がものを言ってなんとか追いつくことができます。
さらにその先は下り。
前に出て、富士ヶ嶺の交差点を右折、下りで先導して国道139号経由で道の駅朝霧高原、あさぎりフードパークへと走ります。

ここで、工場見学&休憩タイム。
私が一通りの説明をし、その後参加者全員でソフトクリームを食べます。
希望メンバーは、あさぎりミルクコーヒーも。
そして、お約束の牛撮影。(^^)

朝霧乳業にて

!?

昨年はここから雨が降っていたのですが、今年は何とか天気が持ってくれています。
それでも、あさぎりフードパークを後にする時にはポツポツときました。
それもすぐに止み、ひと安心。
下りを利用し、上井出までは私が先導します。

上井出の信号を左折してからは、再びグループに分かれてメディオラン。
私はここで離脱してもよかったのですが、どの道帰り道なので最後尾につきます。
が、アマダからの上りであっけなく切れ、その後二度と姿を見ることができませんでした。

篠坂の交差点を左折して登山道を上ったメンバーは、水ヶ塚から御殿場に出て、篭坂峠経由で山中湖、西湖と戻り、富士山一周約110kmのコースを走りました。
登山道を上りはじめた頃に雨が降り出したとのこと。
下った私は降られなかったので、やはり標高と地形の問題でしょう。

私は、篠坂の交差点を直進、山宮の工業団地を下り、自宅へと戻ります。
午後からの別件の時間ぎりぎりに自宅着。
シャワーを浴びてなんとか間に合わせることができました。

走行距離は、約98km。
どうせなら100km以上走りたかったものの、脚は一杯だったので無理せずに正解でした。

走行距離

別件の用事を済ませ、再びシャワーを浴びて夕食前に今度は車で西湖へ。
皆の夕食に間にあい、交流を楽しみました。

そして翌朝、天気が良ければこの日も走る(富士スバルライン)予定でしたが、あいにく朝から雨。
この日の練習はキャンセルされ、西湖の日帰り温泉に入って昼過ぎに解散となりました。

朝からあいにくの雨

二日間走ることはできませんでしたが、とても充実した二日間となりました。
改めて、仲間に感謝です。

|

« 松下牧場で牧場体験(その3) | トップページ | プール遊び! (TG-2 Toughにて撮影) »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/58067009

この記事へのトラックバック一覧です: 西湖鳴沢(なるしま合宿)サイクリング:

« 松下牧場で牧場体験(その3) | トップページ | プール遊び! (TG-2 Toughにて撮影) »