« 白のご馳走 | トップページ | 松下牧場で牧場体験(その1) »

伊東按針祭海の花火大会

伊東按針祭海の花火大会

伊東按針祭海の花火大会

伊東按針祭海の花火大会

8月10日は、伊東市の伊東按針祭海の花火大会の日です。
曜日に関係なくこの日の開催ですが、今年はお盆休みがスタートした土曜日。
より多くの人出で賑わうことが予想されました。

毎年、この日は伊東マリンタウンのあさぎり売店外で、テント販売を行います。
この日も、富士宮やきそば250食をはじめ、フランクフルト、ポップコーン、フライドポテト、かき氷を販売。
日中の気温があまりにも高く、暑かったため、昼間はかき氷を中心にポツポツ売れる程度でした。

しかし、花火(20:00開始)が迫る18:30過ぎから徐々に人が集まりはじめ、19:00過ぎからは列ができるほど。
フル回転での販売は、花火開始まで続きました。

ようやくひと段落したところで、2Fテラスに設置した三脚にカメラをセット。
ちょっと画角的に問題はありますが、大きなスケールでの花火大会の様子を撮影しました。
1時間で打ち上げられる花火は約10,000発。
夜空を彩る花火は、それまでの疲れを忘れさせてくれます。

幸いにして、にわか雨等もなく、天候に関しては(気温以外は)恵まれた花火大会。
余韻を楽しみながら帰路につきました。

伊東按針祭海の花火大会

伊東按針祭海の花火大会

|

« 白のご馳走 | トップページ | 松下牧場で牧場体験(その1) »

静岡観光情報」カテゴリの記事

コメント

暑い毎日、ご活躍の様子をいつも楽しませて頂いています。
花火、きれいですねぇ~~。
多種お持ちの、特別なカメラでお撮りでしょうか?

EOS Kiss5 だったらレンズは標準・ISO100・8~10秒との解説を読みましたが・・・

こんなところでしょうか? 教えて下さい。

投稿: Noko | 2013/08/17 21:13

Nokoさん、いつもありがとうございます。
今回の花火、Canon EOS7D+EF24-70mm F2.8Lにて撮影しました。
三脚使用です。

EOS Kiss X5でももちろん同様の写真は撮れます。
ただし、三脚とリモートレリーズ(もしくはリモコン)は必須です。

設定は、絞りをf8~f11程度にして、フォーカスはマニュアル(無限遠、もしくは最初に花火で合わせてMFに切り替え)とします。

撮影モードは、バルブにし、花火の上がるタイミングでレリーズのボタンを押し、写したい花火が開くまでそのままで待ちます。

ボタンを押している時間は大体3~10秒程度です。
これは、花火の打ち上げ頻度によっても異なります。
スターマインなど、連発のものは10秒も開けていると真っ白になってしまいます。

以上、三脚に固定、バルブモード、リモートレリーズ(もしくはリモコン)、絞りf8~11程度、3~10秒を基本とし、後は撮ったものを確認しながら適宜修正していくのがよいかと思います。

ご参考になりましたでしょうか?

投稿: あさぎり | 2013/08/19 06:49

お忙しいところ、有難うございました。
バルブモード、知りませんでした(>_<)調べて解りました。
色々大変参考になりました。

今週末、娘の仕事の都合で在宅なら調布市の花火を比較的近くのマンション4階から・・・

数年前は何も知らずにデジカメで動画で撮ったりもしました。
一眼レフで!!と構える気持ちがあると、案外良いものが撮れないかな?デジカメにしようかな?と迷ったり・・・
一回は失敗しないと進歩はないかなと迷うところです。

投稿: Noko | 2013/08/19 14:57

Nokoさん、よかったです。

上記の設定で、三脚とレリーズさえ使えば、花火撮影自体は難しくありません。
花火が上がるタイミングでレリーズのボタンをどこで押し、どこで離すかだけですので。(^^)

ただし、花火が打ち上がる場所が何カ所かあったり、花火の高さが異なったりするので、意外とフレーミングには気を遣います。
比較的広角で小さめに写し、トリミングするのが一眼レフで撮る場合にはとっつきやすいと思います。

お試しあれ。(^^)

投稿: あさぎり | 2013/08/19 17:58

あさぎりさん、いろいろありがとうございました。

>比較的広角で小さめに写し、トリミングする
そうなんですか!!  一寸、勘違いしていたようです。
ワクワク、楽しみになってきました(*^-^*)

娘の都合が付きますように!! 

投稿: Noko | 2013/08/19 22:10

Nokoさん、おはようございます。

あまり広角で撮り過ぎると花火が小~さくなってしまいますので、ご注意ください。
最初のうちは、花火が開いた時に打ち上げ場所から花火までが全体の80%程度の枠内に入るくらいが吉です。

その後、様子がわかったら少しずつズームして見てください。
ただし、レンズによっては、ズームした時にピントを再度合わせる必要があるものもありますので、ズームしたら一度AFに切り替えて花火でピント合わせをした方がよいと思います。

なお、花火はフレームに収まらなくても、かえって迫力が出ますので、色々試してみてくださいね。

楽しみですね。(^^)

投稿: あさぎり | 2013/08/20 06:45

あさぎりさん、こんにちは。

お陰さまで花火の写真撮ってきました。
改めて「伊東按針祭海の花火大会」の規模の大きさ、あさぎりさんの写真の素晴らしさを実感しました。

「途中で修正」は私にはとんでもないことで、懐中電灯で設定を確認しているうちに何発も(当然だけど)
逃がした魚は大きい!!という感覚です。

後半、要領を得てきた感じだけど、次の機会までには感覚、忘れそう(>_<)
それでもとっても楽しかったです。 改めてアドヴァイスのお礼を申し上げます。

投稿: Noko | 2013/08/25 14:59

Nokoさん、こんにちは。
花火大会、ご覧になれて、撮影できてよかったですね。(^^)
思ったほどハードルは高くなかったのでは?
初めてで、後半要領を得てきたということは、次が楽しみですね。
確かに、その機会が次いつ来るかによっては、また一からになる可能性はあります(私が実際そうです)。
でも、次はすぐに思い出されると思いますよ~。
楽しみですね。(^^)

投稿: あさぎり | 2013/08/25 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/57975725

この記事へのトラックバック一覧です: 伊東按針祭海の花火大会:

« 白のご馳走 | トップページ | 松下牧場で牧場体験(その1) »