« 溶岩樹型から覗く富士 | トップページ | Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S. (H-HS12035) »

七夕の富士山(朝霧高原より)

豪快な雲に巻かれた富士山

山肌を見せる富士山

昨日(7月7日)は、七夕。
もっとも、富士宮で最も賑わう本町通りの七夕祭りは旧暦なので、8月ですが。
しかし、各地で祭が開催され、夜は星空を見上げた方も多かったことでしょう。

富士宮の自宅付近は曇りの一日でした。
曇りと言うより、標高600~800m付近に霧が出ていて、それによって陽射しが遮られている感がありました。
実際、朝霧高原では霧の上に出てしまえば、陽射しが照りつける天気でした。

そんな訳で、自宅から星空は望めませんでしたが、昼間数回朝霧高原へと行き、富士山には会うことができました。

上の写真は午前中、サイクリングで訪れた際のあさぎりフードパークからの富士山です。
富士山・・・と行っても、豪快な雲に巻かれ、その姿はぱっと見わかりません。
写真中央よりやや右下の部分に、グルグル巻きの富士山が写っています。

下の写真は、夕方です。
朝霧高原での仕事を終え、帰宅する途中の牧草地より撮影しました。
場所や時間帯によって、こんなにくっきりと富士山の姿を見ることができた一日でした。
もちろん、冬場の抜けた空気とは異なりますが、山肌の様子までわかるのはさすが朝霧高原ならではです。

今朝(8日)、私の通勤時間帯には富士山は雲の中。
梅雨明け間近の富士宮で、次に会える富士山を楽しみにしたいと思います。

|

« 溶岩樹型から覗く富士 | トップページ | Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S. (H-HS12035) »

富士山!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/57747828

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕の富士山(朝霧高原より):

« 溶岩樹型から覗く富士 | トップページ | Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S. (H-HS12035) »