« OLYMPUS PEN mini E-PM2 | トップページ | 七夕の富士山(朝霧高原より) »

溶岩樹型から覗く富士

あさぎりフードパークの溶岩樹型

覗いて見た!

かねてから何度もご紹介しているあさぎりフードパーク
2012年4月にオープンしたここは、見学もできる食品の製造工場5社と、ビュッフェレストランで構成される、食のアミューズメントパークです。

そんなあさぎりフードパークの売店とビュッフェレストランの前に置かれた大砲のような岩。
これは、溶岩樹型と言って、富士山噴火の際の溶岩流が樹木を巻き込んでできたものです。
溶岩の温度はとても高いので、樹木自体は焼失してしまいますが、水分を大きく含んだ樹木が一瞬で溶岩を冷やし、こうした穴が出来上がります。

富士山周辺に点在する溶岩樹型ですが、あさぎりフードパークのものは、大東製糖株式会社さんから寄贈されたもの。
そして、その穴は真っすぐ富士山を向いているのです。

実際、その穴から覗いて見ると・・・。
まるで富士山を望む望遠鏡のよう。
富士山の一部から、富士山全体を見ていることになりますね。

あさぎりフードパークにお越しの際には、ぜひ覗いてみてください。

|

« OLYMPUS PEN mini E-PM2 | トップページ | 七夕の富士山(朝霧高原より) »

静岡観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/57667879

この記事へのトラックバック一覧です: 溶岩樹型から覗く富士:

« OLYMPUS PEN mini E-PM2 | トップページ | 七夕の富士山(朝霧高原より) »