« 情報提供のお願い(不明人) | トップページ | 日本平動物園(番外編) »

日本平動物園(夜行性動物館)

5月12日(日)に訪れた日本平動物園の続きです。
前回は、フライングメガドームをご紹介しました。

今回は、夜行性動物館です。
ここは、比較的地味な存在なのか?動物園のWEBページ施設紹介にも載っていません(2013年5月現在)。
しかし、夜行性動物の行動が見られるよう、館内は暗くなっており、なかなか落ち着ける場所です。

アフリカタテガミヤマアラシ

ここで写真を撮ったのは、まずアフリカタテガミヤマアラシ。
げっ歯類に属するヤマアラシの歯は、一生ずっとのび続けるとのこと。
そのため、常にあちこちを噛んでは削っているそうです。
おとなしそうですが、一度本気を出すと、その針は強烈。
トラやヒョウですら、殺してしまうほどの力があるそうです。

ツチブタ

お次は、ツチブタ。
現在、ツチブタは稀少で、現在は広島の安佐動物園と日本平動物園のみで飼育されているとのこと。
昆虫やシロアリを主な餌としている(自然界では)とのことで、気性も穏やかな生き物です。

フェネック

最後は、フェネック。
サバクヒメギツネとも呼ばれるこの動物は、アラビア半島やシナイ半島に生息するイヌ科の小型動物です。
愛らしいその様子は、見ていて飽きません。
トカゲや昆虫などを主に食べますが、果物も好きとのこと。

夜行性動物館は、これまでご紹介してきた施設よりは地味ですが、ぜひ覗いてみてください。

|

« 情報提供のお願い(不明人) | トップページ | 日本平動物園(番外編) »

静岡観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/57634226

この記事へのトラックバック一覧です: 日本平動物園(夜行性動物館):

« 情報提供のお願い(不明人) | トップページ | 日本平動物園(番外編) »