« 七夕の富士山(朝霧高原より) | トップページ | 桜海老のパリパリピザ »

Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S. (H-HS12035)

Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S. (H-HS12035)

長々と並んだ記号のような文字。
これは、マイクロフォーサーズマウントのミラーレス一眼カメラ用のレンズです。

最初のPanasonic(パナソニック)はメーカー名、LUMIX(ルミックス)G Xはレンズブランド、VARIOはズームレンズの表記、12-35mmは焦点距離(35mm判換算で24-70mm)、F2.8は絞り開放時のF値を表しています。
次の、ASPH.はアスフェリカルの略で、非球面レンズを使用していること、POWER O.I.S.は手ぶれ補正機構を内蔵していることを意味し、最後カッコ内の表記はモデル名(型番)となります。

つまり、今回のレンズはマイクロフォーサーズ用のパナソニック製、焦点距離12-35mm、開放F2.8の手ぶれ補正内蔵ズームレンズということです。
これでも、充分にわかりにくいですね。(^^;)

ミラーレス一眼カメラやデジタル一眼レフカメラの最大の特徴は、用途や目的に応じてレンズを交換できる点にあります。
レンズ固定が前提のその他カメラと比べ、レンズ選択により幅広い撮影に使用することができる訳です。

このレンズは、そんな交換レンズの中でも、標準ズームと分類される、基本的なもの。
12-35mm(35mm判換算24-70mm)という焦点距離は、風景を広く切り取ったり、集合写真などにも利用できる広角端から、ちょっと遠くの人物や撮影対象を切り取る望遠端まで、まんべんなく使えます。
ただし、多くのレンズ固定式カメラなどと撮影範囲が被るので、写りに関しては非常にシビアに見られることが多くなります。

PEN mini E-PM2にセット

このレンズは、先日紹介したOLYMPUS(オリンパス)のPEN E-PM2に使用するために購入しました。
E-PM2についているキットレンズは、同社製の14-42mm(35mm判換算24-84mm) F3.5-5.6というもの。
広角端はやや狭いものの、望遠端まで考えると今回のものより広い領域をカバーします。

にもかかわらず、購入に至ったのは、その写りに対する評価と使い勝手からでした。
このレンズは、ズーム全域に渡って開放F2.8という明るさが確保されている点が売りです。
これは、暗所での撮影に力を発揮するほか、その明るさを利用したボケなど、表現の幅も広がります。
また、価格なりのしっかりしたつくりとなっており、防塵・防滴構造により、少々ラフな使用にも耐えられるよう設計もされています。

さらに、手ぶれ補正機構を内蔵(スイッチによりOFFにもできる)しているため、ボディ内に同機構を持たないパナソニック製のカメラでも手ぶれ補正が使用できるほか、オリンパス製のカメラであれば、ボディ内、レンズ内の手ぶれ補正機構を選択して利用することができます。

手ぶれ補正に関しての一般的な評価を見ると、ボディ内に強力な5軸対応手ぶれ補正を内蔵したOM-D E-M5(およびE-P5)の場合にはそちらを用いた方がよいとのことですが、それ以外の機種であれば、本レンズの手ぶれ補正機構を利用した方が強力とのことでした。

また、ボディ内手ぶれ補正機構を使用した場合、一部の機種を除いて実際に撮影するまでファインダ(モニタ)のぶれは止まりません。
それに対し、レンズ内の手ぶれ補正機構を利用すれば、撮影前の合焦段階でぶれが止まるので、手持ち撮影での構図が決めやすくなります。
従来よりレンズ内補正に慣れている私には、そちらの方が好印象でした。

逆に、本レンズのウイークポイントは、その大きさ、重さでしょう。
メーカーが謳う通り、換算焦点距離24-70mm F2.8のレンズとしては最小、最軽量なことは確かです。
しかし、単体で300gを超える重量や開放F2.8を実現するための太さ(フィルター径58mm)は、小型軽量を売りにするマイクロフォーサーズレンズの中では大きな部類に入ります。

口径58mmの迫力

実際、マイクロフォーサーズ機の中でも小型なE-PM2にセットすると、レンズが目立ち、重量的にもキットレンズ装着時とは別物に感じることも事実です。
それでも、ズーム全域で開放F2.8の明るさ、その写り(評価)、最小限に抑えられたレンズ長の変化(オリンパスのキットレンズは撮影時に大きく伸びる)、比較的強力な手ぶれ補正機構などを考えると、ひとつのレンズをつけっ放しにしたい私にとり、とても魅力的なレンズだったのです。

早速、本レンズを装着したE-PM2を持ち出し、撮影しました。

まずは、定番の富士山。
残念ながら、梅雨の時期で空は白く雲に覆われ、富士山も中腹以上は雲の中に飲み込まれていました。
それでも、光射す部分の明るさや幾重にもなった雲の表情など、階調表現も含めまずまずの結果でした。

曇天の富士山

ゴムを使用したズームリングは、経年劣化の心配はありますが滑りにくく、ちょっと重めのズームリングを操作するにはピッタリでした。
また、レンズに手を添えた状態での重量バランスは悪くなく、撮影していての重さはそれほど感じずに済んだのも収穫です。
普通にストラップで提げていても、レンズが下を向かず、またズームが勝手に伸びてしまうこともありません。

続いて、撮影に連れ出してみます。
お次は夏の定番、道の駅伊東マリンタウンです。

私は風景撮影時にはF8程度まで絞る癖がついています(APS-Cやフルサイズでよく用いる)。
マイクロフォーサーズ規格のセンサーやレンズでそこまで絞ってよいものかとも思いましたが、充分にキリッとした描写をしてくれました。

道の駅伊東マリンタウン

逆に、明るい日中では、絞りを開ける方が難しく感じました。
今回使用しているボディ(E-PM2)のベースISO感度は200。
E-P5やE-PL6に登載されているISO LOW(100相当)は登載されていません。
また、シャッター速度も最高1/4000秒となっています。

このため、海辺などの陽光降り注ぐ中で絞りを開けて行くと、どうしても露出オーバーとなってしまうのです。
実際、下の写真も、絞りF4.5でようやく狙った露出となりました。
明るいシチュエーションでよりぼかしたい場合、NDフィルターなどの併用が必要となります。

F4.5で一杯いっぱい

さすがにマイクロフォーサーズだけあって、被写界深度は深め。
下の写真はF5.6で、ピントは手前の桟橋に合わせていますが、等倍拡大して見ても(下の画像はリサイズ済)向こうの堤防までほぼパンフォーカスです。
実際には堤防はさすがにややボケていますが、リサイズや印刷では気づかないレベルと言えます。

被写界深度は深い

そうした意味でも、ボケを表現したければ、積極的に絞りを開けていくことが求められます。
とは言え、絞り開放でも充分にシャープ(私的には)で、ちょっと絞ればさらに解像感が増すので、他のカメラよりは絞りを開けても安心です。
下の写真はF4.5ですが、ボケ過ぎないので逆に狙った絵をつくりやすい感もあります。

花と蜂

ちなみに、ISO200のベース感度とも相まって、曇り空の下でもシャッター速度は1/800秒。
こちらも、安心して撮れる要素です。

なお、合焦速度はとても高速で、これがコントラスト方式?と感じる程です。
この点に関しては、早くからミラーレス一眼に取り組んできたオリンパスとパナソニックに一日の長があるということでしょうか。
もちろん、成功率は異なるとは思いますが、充分に動きものにも対応できるポテンシャルを持っていると思えます。

合焦速度は速い

このレンズ、上にも書いた通り、35mm判換算24-70mmの全域で開放F2.8です。
やはり、開放で写りやボケ味が気になる方も多いと思いますので、最後に開放F2.8で撮影した写真をいくつか掲載します。
下の写真たちは、すべてノートリミング。
コントラストや明るさを若干調整していますが、色味等はJPEG撮影のままです。

開放F2.8での撮影

開放F2.8での撮影

開放F2.8での撮影

開放F2.8での撮影

以上、上にも書きましたが、本レンズは気軽に使えるズームレンズでありながら、表現の幅を広げてくれます。
できれば、1/8000秒シャッターを備えたオリンパス E-P5などと組み合わせて使用したいところですが、NDフィルターの併用によりカバーできるでしょう。

全体的に、マイクロフォーサーズ+大口径ズームは、表現の幅はそこそこながら、失敗せずに撮れるというメリットを感じられました。
これ以上のボケが必要であれば、明るい単焦点で表現の幅を広げていくのが吉でしょう。

さっと取り出してぱっと撮る・・・を目的としている私には、現時点でかなり有用な組み合わせと感じています。


|

« 七夕の富士山(朝霧高原より) | トップページ | 桜海老のパリパリピザ »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/57727563

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S. (H-HS12035):

« 七夕の富士山(朝霧高原より) | トップページ | 桜海老のパリパリピザ »