« 日本平動物園(猛獣館299・その他) | トップページ | 富士西公園の遊具にて »

docomo GALAXY S4(SC-04E)

このたび、ほぼ4年ぶりに携帯電話を買い換えました。

これまで使っていたのは、NTTドコモのフィーチャーフォン、docomo SMART series P-09Aです。
この携帯電話は、所謂“ガラケー”と呼ばれたりもするモノですが、通話をメインとするなら、これが一番使いやすく、スマートフォン(以下スマフォ)の登場以来魅力的な機種が発売されなくなってきたこともあり、比較的長く使うこととなりました。

今回換えたのも、もちろんこの機種に不満があった訳ではありません。
この携帯電話で全くと言ってよいほどメールやWEBブラウジングをしない私にとって、サイズや使い勝手は未だ最高だったのです。

しかし、一方で、私もネット関連のアクセスは頻繁に行っていました。
フィーチャーフォンでのネットアクセスに不満があった私は、それを行うにはノートパソコンやiPad、iPod touchなどを使ってきました。
それらを屋外でネット接続するために、当初はPoket WiFiを利用しましたが、接続までの時間や通信エリアの問題等から、解約。
その後は、docomoのGALAXY SⅡ(SC-02C)をデータ通信契約(電話としては未契約)して、テザリングにて利用してきました。

この時点で、メインの電話をGALAXY SⅡに換えなかったのは、テザリングによるアクセスの問題からです。
当時のdocomoの3G契約では、スマフォを通常契約(通話も含む)をすると、テザリング時のパケット定額上限が大きく跳ね上がる仕組みでした。
データ通信契約であれば、それがなく、P-09Aでの通話にも不満を持っていなかったため、通話用とデータ通信用の2台持ちと言う状態が続いた訳です。

しかし、この状態では(テザリングを抜きにすれば)維持費が若干かさむことも事実です。
実際、各種割引後の金額で、通話用のP-09Aの月額料金が6,000円弱(無料通話分含む)、データ通信用のGALAXY SⅡの月額料金が7,500円ほど(機種割賦代金含む)かかっていました。

そしてこの間、docomoのLTE(4G)回線であるXi(クロッシィ)のエリアも拡大し、事実上こちらがメインのインフラとなりつつあります。
Xiの料金プランでは、月のネット利用量によって帯域制限(通信速度制限)がかかるものの、テザリングの有無にかかわらずデータ通信の定額料金は一定となっています。
このため、通話のしやすさを考慮しなければ、フィーチャーフォンを使った2台持ちを続ける理由は薄れてきていたのです。

加えて、この夏のdocomoのキャンペーンが後押しをしました。
AppleのiPhoneを扱っていないことによる顧客流出を食い止める目的か、2013年夏モデルのスマフォの内、ツートップと位置付けるGALAXY S4(サムスン製)Xperia A(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の二機種に関し、割引額を高く設定してきたのです。

私の場合、ドコモの携帯電話を利用して既に10年以上が経過しており、これまで使用してきたのが3Gのフィーチャーフォンだったため「はじめてスマホ割」、「ありがとう10年スマホ割」の双方が適用され、合計で2万円引きとなります。
このため、GALAXY S4なら実質15,000円程(Experia Aなら5,000円程)で手に入れることができそうでした。
さらに、これまで蓄積したポイントがあったため、機種代としては(実質)ほぼ無料に近くなりそうです。

このキャンペーンの適用が決め手となり、今のタイミングで電話とデータ通信を一本化しようと思い、ドコモショップを訪れました。
実際に、実機を見て、触り、ツートップのどちらにするかを決めるためです。

この選択は、正直悩みました。
散々持ってみたり、触ってみたり・・・。
しかし、正直甲乙つけがたい両機です。

画面の解像度はGALAXYの方が高く、ドコモスマフォ初のフルハイビジョン(有機EL)です。
しかし、画面自体の鮮やかさではTFT液晶のExperiaの方が上に見えます。

どちらも操作自体は快適で、いずれを選んでも失敗はなさそうでした。
が、結局、フルハイビジョン液晶と全体的な操作感(これまでGALAXYを使っていたため)を優先し、GALAXY S4に決めたのでした。

GALAXY S4

はじめてのスマフォとは言え、これまでデータ通信契約のGALAXY SⅡを使っていたため、手続きはとても簡単でした。
Googleのアカウントも持っているため、それらの設定は自分自身で行うとして、基本的な開通手続きと電話帳データの以降のみをお願いしました。
契約に当たっては、お約束の様々なオプション加入による機種割引を適用し(これは後に解約予定)上記機種料金を実現しています。
なお、急速充電器とモバイルバッテリーをおまけに貰いました(マイショップ登録等条件)。

気になる契約プランですが、私の場合、月に3GBを超える通信はまず行わないので、プランは「Xiパケ・ホーダイ ライト」(4,935円/月)を選択、通話は「タイプXi にねん」(780円/月)での契約とし、ドコモ携帯電話への通話が料金が24時間無料となる「Xiトーク24」(700円/月)をつけています。
これに、プロバイダとなるspモードの315円/月、キャッチホンの210円/月を付加し、月々の利用料金は6,940円+通話料(ドコモ携帯相手除く)となります。

早速使ってみます。
これまでもGALAXYを使っている上、妻もスマフォ(Xperia acro)を使っているため、違和感はありません。

画面の解像度、速度はさすが、最新機種。
その使い勝手や画面に関しては、プロによるレビューが多々ありますので、私ごときが語ることはできません。
しかし、Androidも4.2となり、安定感も増しているように思えました。
現段階では、iOSと比較しても、遜色なく使える印象です。

フィーチャーフォンや他のスマフォと比較してのメリット/デメリットは簡単に以下の通りです。

【メリット】
・なんと言ってもフルハイビジョン解像度による画質のよさ。
・5インチの大型画面の割にコンパクトで、軽量。
・バッテリー容量の増大により、処理能力の割に持ちもまずまず。
・LTEはさすがに高速、WEBブラウジングのストレスは大幅に軽減。
・高速でストレスフルな操作。
・おさいふケータイによるクレジット、電子マネーの利用が可能。
・テザリングしても変わらないパケット通信料。

【デメリット】
・通話のしやすさ(これはフィーチャーフォンの方が上です)。
・(ドコモ携帯以外への)無料通話分がないので通話料金がかさむ可能性あり。
・ポケットに気軽に入れるにはちょっとだけ大きめのサイズ。
・高価な端末のため、破損には神経を使う必要あり。
・電源OFF時のアラームなど、フィーチャーフォンとの使い勝手の違い。
・バッテリー容量を常に気にする必要性。
・愛用のドコモ製ワイヤレスイヤホンセット02に完全対応していない。

上記の点はありますが、これまで2台持ちだったものが1台となったメリットも大きくあります。

さて、実際に利用するにあたっては、ケースやカバーをつけることになります。
A型で割と神経質な私は、やはりできるだけ傷つけたくないのです。

あれこれ見た中で気に入ったのは、belkin製のView Caseです。
これは、裏面はポリカーボネート製の透明カバーとなっていて、周囲はTPU製のダンパーで覆われるもの。
側面を大きくカバーするTPU製ダンパーには安心感があり、デザインも悪くありません。

表面

裏面

充電口

また、充電コネクタ部分は必要最低限ではあるものの、家にあるすべてのケーブルが使用できるサイズで開いていて、使い勝手も悪くありません。

これをセットした当初は、極力ポケットに入れず、バンナイズ製のポーチ(ケース)等を利用しようと考えていました。
しかし、肝心のバンナイズ製ケースは品薄で、1ヶ月程かかるとのこと(5月末現在)。
また、常にぶら下げておくよりも、ポケットに入れておいた方が便利だとも思いました。

もちろん、このbelkin製View Caseをつけたままポケットに放り込んでも何ら問題ないでしょう。
でも、フロント部分がフィルムのみなのは、若干不安ではありました。
ポケットから取り出した際に落としたことが、過去数回あったからです。

そこで、次に購入したのが、ray-out製のRT-SC04ELC1/Bです。
ブックカバータイプの人工皮革ジャケットで、GALAXY S4のS Viewにも対応しています。
このS Viewは、カバーを閉じると上部の窓に時刻等の表示が行われ、電話の着信や通話も閉じたままで行える機能です。
カバーを開くと、通常のホーム画面が表示されます。

表面

裏面

カバーオープン

これが、実に使い勝手がよく、気に入りました。
S Viewを利用した表示は、フィーチャーフォンのイメージを残しています。

カバー裏面は、フェルト状の素材になっていて、画面を保護してくれます。
しっかりと止まるスナップボタンは、落下時に不用意にカバーが開くことを防いでくれるでしょう。
底面充電コネクタ側は大きく開いてガードが弱そうですが、ここは割り切ることにしました。
もちろん、ワンセグアンテナにも対応しています(これはbelkin製も)。

同様の機能を持ったサムソン純正のカバーの方がスタイリッシュですが、そちらは裏面カバーを付け替えて装着するタイプのため、側面がほぼ無防備となり、こちらの方が安心感はありそうです。
また、価格も純正の半額以下。
しばらくは、これで行こうかと思います。

まだ使いはじめたばかりで、これから気付いた点があれば書いて行きます。
というか、今の段階では全く付加価値のある情報がないですね。(^^;)

少なくとも2年間、GALAXY S4を使い続けて行きたいと思います。

|

« 日本平動物園(猛獣館299・その他) | トップページ | 富士西公園の遊具にて »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/57494276

この記事へのトラックバック一覧です: docomo GALAXY S4(SC-04E):

« 日本平動物園(猛獣館299・その他) | トップページ | 富士西公園の遊具にて »