« 朝霧高原&富士川サイクリング(前編) | トップページ | 河津桜見てきました »

朝霧高原&富士川サイクリング(後編)

2月3日(日)に行ったサイクリングの後編です。
ソロでの朝霧高原サイクリングを終え家に戻ると、息子が待ち構えていました。
そのまま自転車を積んで、富士川へと向かいます。

この日も、車は道の駅富士へと停めることに。
息子は完走後、今度はカレーを食べたいと意気込んでいます。
駐車場所はすんなり見つかり、準備。
早速、スタートします。
新富士川橋を渡る

この日、風は南から吹いていると思っていました。
しかし、どうやら西寄りの風だった模様。
往路は橋上も含め、向かい風でした。
息子はその風に気付いているのかいないのか。
いつもよりペダルを踏む脚に力を込めているのは確かで、少々走りがぎごちない場面も目立ちました。

しかし、長い橋の上、淡々と進んでいきます。
私は飛び交うセスナやグライダーなど、時折撮影しながら走りました。
セスナ

やがて橋を渡りきり、階段を堤防上へと下ります。
ここは、私が自転車を持ってあげました。
堤防上に出ると、またもや息子はスイスイト走ります。
海へと向かうこの位置では、それほど風も気になりません。
車止めもなんのその、間をすり抜けて走ります。
車止めの間も

やがて海へと出ます。
そこでカーブをして、海沿いに走ると、今度は体感できる向かい風。
しかし、息子はそもそも向かい風がどういうものか知りません。
最初に折り返し、一部一般道へと出る地点で疲れを感じたようで、ここではじめての休憩をします。
休憩と言っても、砂浜に降りたり、堤防を上ったり、じっとしてはいません。(^^;)
休憩中

自転車へと戻ると、すぐに出発。
再び堤防上に戻ると、海に降り注ぐ光線が眩しくもきれいです。
トイレに立ち寄った際に、二人で海を眺めます。
光り降り注ぐ海

海を眺める息子

やがて、蒲原と由比の境、往路ゴールへと到達。
ここで休憩、私のボトルのドリンクとスニッカーズで補給です。
息子は「このピーナッツの入ってるチョコが好きなんだよ!」と満面の笑みで危険な発言。
食べ過ぎると、私のようになるよ。(^^;)
補給中

補給後すぐに折り返します。
帰りは、追い風。
普段10km/h程度の息子ですが、この時は13~15km/hほど出ています。
本人も楽なのはわかるよう。
もうこんなところ!?と驚いていました。

新蒲原で一般道に出て、堤防上へと戻る坂。
この日は、半分以上上ることができました。
少しずつ、坂にも強くなっているようです。
この後歩く

ここからも追い風で好調。
富士川河川敷に戻り、運動場周りを二周します。
これは、息子の希望。
前週より距離を伸ばしたいようです。
そして、橋を渡る前にドリンク休憩。
富士山も、上だけ見えています。
休憩中

自転車を押して新富士川橋への階段を上れば、あとは橋を渡るだけ。
とは言え、1.5km以上ある長い橋です。
しかし、追い風にも助けられ一気に渡りきり、道駅富士にゴール。
最後に、道の駅内の自転車通行たいで曲がり切れず、歩道の段差に衝突して転ぶというハプニングもありましたが、問題なし。
無事にゴールしたこの日の走行距離は、20.57kmでした。
道の駅富士にゴール

車に自転車をしまい、約束のカレー。
息子はこれが楽しみのひとつだったようです。
大盛を二人で分けて食べましたが、食べること食べること。
夕飯食べられるのかと心配になりました(結局小食でしたが)。
カレー!

ともあれ、無事に走り切ったこの日のサイクリング。
また来ようと二人で話しながら、自宅へと戻りました。

結局私の走行距離は、約73kmとなりました。

|

« 朝霧高原&富士川サイクリング(前編) | トップページ | 河津桜見てきました »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/56695279

この記事へのトラックバック一覧です: 朝霧高原&富士川サイクリング(後編):

« 朝霧高原&富士川サイクリング(前編) | トップページ | 河津桜見てきました »