« 上井出&富士川サイクリング(前編) | トップページ | 朝霧高原&富士川サイクリング(前編) »

上井出&富士川サイクリング(後編)

1月27日(日)に出かけたサイクリングの後編です。
車に自転車を積み込み、息子と二人富士川河口へと出発します。
前週と同じコースですが、まだ息子は上達過程のため、慣れたコースで長距離を走ることを選択しました。
私自身、毎回同じコースを走っていても苦にならないタイプなもので・・・。(^^;)

車で走る途中、ふと気付き、富士川の橋の手前にある道の駅富士へと入ります。
幸いにして駐車場に空きがあったため、急遽ここをスタートにすることにしました。
車を停め、自転車を降ろします。

準備をし、スタート!
道の駅富士の歩道わきには、自転車走行レーンもある親切さです。
道の駅富士をスタート

道の駅を出ると、すぐに橋に向かって緩やかな上りです。
しかし、息子はこの程度の上りなら苦にならない様子。
まだ、スタートしたばかりで元気もあります。

坂を上ると、いよいよ橋に差し掛かります。
日本一の河口幅を誇る富士川の河口に一番近い橋。
息子の10インチ自転車では、漕げども漕げども一向に対岸が近付きません。
それでも、嬉々として走っていきます。
富士川橋を渡る

私がちょっと川や富士山の写真を撮っていると、息子ははるか向こうに。
急いで追いついて・・・ということを数回繰り返しているうちに、ようやく橋を渡り切ります。
橋の向こうは行き止まり、階段を下りて堤防上に出ます。
階段を下りる

行きの階段は、私が二人分の自転車を持って下ります。
私の自転車は軽く、息子の自転車は小さいので苦になりません。

堤防上に出ると、あとは前週と同じコース。
風はやや向かい風でしたが、それほど強くなく、顔に当たると心地よい程度です。
富士山をバックに、チョコチョコとクランクを回し進みます。
富士山をバックに進む

富士川河口までは難なく到達します。
ここでカーブをして、駿河湾沿いへ。
息子の走りは、間違いなく上達しており、ふらつく場面もかなり少なくなりました。
進路のコントロールもある程度できているようです。

新蒲原で折り返し、一旦車道に出て、また堤防上に戻ります。
ここは、一般車は侵入できませんが、時折自動車も通ります。
キープレフトを息子に呼び掛け、より徹底させます。
コース取りも、まずまずです。
キープレフト

途中で、いったん休憩。
看板の台座に上って、海を見る息子。
ちょっとだけの休憩で、すぐにスタートします。

またしばらく走ると、往路のゴール地点が見えてきます。
まもなく往路ゴール

ここまでの走行距離は8kmを超えています。
道は高架下のちょっとしたスペースで行き止まり。
これより先に進むことはできません。

ここで、再び自転車を降り、休憩。
背中のポケットに入れてきたチョコレートバーとドリンクで補給をします。
息子はとても嬉しそう。

しかし、息子の希望もあり、すぐに折り返しに走りだします。
ちょっとした上り坂をクリア。
再び堤防上の道路を進みます。
今度は太陽を背にするので、二人の影はやや前方に伸びます。
一緒に走っている感じが出ます

一度も休憩することなく、折り返し地点に。
自転車を降りて道路を横断し、また堤防上に。
この先の工場前で、いったん休憩してまた走りだします。

富士川沿いに戻った時、息子に「公園一周する?」と尋ねると「うん」とのこと。
堤防から河川敷に降りて、ゆっくりと公園内のサイクリングロードを一周します。
公園内を一周

堤防上に戻って橋の手前まで戻ったら、残りのチョコレートバーを食べると息子に伝えてあったので、それが楽しみでペースを上げる息子。
クランクの回転が速すぎて、時折足を踏み外しながら進みます。
そして、念願のチョコレート。(^^)
満足そうです。
残りのチョコレートを

さて、ここからは階段を上り、橋へと戻ります。
チョコレートパワーで元気が出た息子は、自分で自転車を押して上ります。
橋の上に出ると、またもやスイスイと走って行きました。

長い橋を渡り終えれば、あとは緩やかな下り坂。
ブレーキを上手に使いながら、道の駅富士へとゴールです。
ここまでの走行距離は、18.72km。
前週より6km程長い新記録です。
ゴール!

道の駅でトイレに寄り、ジュースを・・・と思ったのですが、漂うつゆの香りに抗えず。
私の提案で、うどんを食べることに。(^^)
少々冷えた体を暖めるにもちょうどよいですしね。
息子の希望で、月見うどんを注文し、二人で食べました。
うどん美味しかった

心(達成感)も体も暖まり、車へ。
橋を渡って折り返し、自宅へと走りました。

この日の私の走行距離は約55km。
定番にしたくなるサイクリングでした。

|

« 上井出&富士川サイクリング(前編) | トップページ | 朝霧高原&富士川サイクリング(前編) »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

これは楽しそうなサイクリングですね。
息子さんとこういう時間を過ごせるのは最高。
月見うどんの味と温かさが忘れらなくなりそうですね。

女の子はだんだんと、こういうことについてきて
くれなくなりますが、男の子は中学に入っても大丈夫、
結構ついてきてくれます(我が家比)

投稿: ちびた | 2013/02/07 14:13

ちびたさん、ありがとうございます。
ようやく、ようやく息子とこうして自転車に乗れるようになりました。
前を走る息子の背中を見ていると、涙が出るほど嬉しいのが実情です(馬鹿)。

そうです、何かサイクリングごとに思い出をつくっていきたいですね。
それが月見うどんでも、チョコレートでも。
まだ、一般道を走れるレベルにはありませんが、少しずつコースを見つけて、バリエーションを増やしていきたいと思います。

ちびた家の本栖湖キャンプは、我が家でもひとつの目標であります。
あのように家族で非日常を楽しめるような家庭になりたいと願っております。
ちびた家比で、何とか追いつけるように頑張ります!(^^)

投稿: あさぎり | 2013/02/08 07:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/56650850

この記事へのトラックバック一覧です: 上井出&富士川サイクリング(後編) :

« 上井出&富士川サイクリング(前編) | トップページ | 朝霧高原&富士川サイクリング(前編) »