« 河津桜見てきました | トップページ | 千本浜公園サイクリング(前編) »

続・河津桜見てきました(カワヅザクラ原木)

河津桜(カワヅザクラ)原木

原木の枝と花

先日に続き、静岡県賀茂郡河津町の河津桜の話題です。
過去付近から河津川沿いの遊歩道を遡っていくと、やがて右手に河津桜(カワヅザクラ)原木の案内が見えてきます。
右に折れ通りに出て進むと、民家の前にどっしりと根を下ろす原木の姿が見えてきました。

看板に書かれた解説は以下の通りです。

河津桜原木物語

昭和三十年頃の二月のある日、この家の主であった飯田勝美氏が、河津川沿いの冬枯れの雑草の中で芽吹いていた約一メートル位に育った桜の若木を偶然見つけて庭先に植えた事が始まりでした。
約十年後の昭和四十一年一月下旬、やっと花が咲き始めました。同年四月、主の勝美氏は花が咲くのを見届け、永眠しました。
その後きれいに咲く桜を見て譲ってほしいというありましたが、思い出の桜のため手放さなかったそうです。
当時、この家の屋号からこの桜は「小峰桜」と呼ばれ親しまれていました。
その後の調査で新種の桜とわかり、昭和四十九年には河津で生まれた桜であることから「河津桜」と命名され昭和五十年四月に河津町の木に指定されました。

原木の大きさは、高さ・幅ともに約10メートルとのことですが、それより大きく見えるのは木が持つ力のせいでしょうか。
河津桜は、オオシマサクラ系とカンヒサクラ系の自然交配種と推定されているとのことです。

他の木より少々早めに開花する河津桜原木ですが、この日(2013年2月12日)現在は一部の枝で花開いている程度。
こちらも、見ごろまではまだ一週間程度はかかりそうでした。

河津町を訪れた際には、ぜひこの原木もご覧になってください。

|

« 河津桜見てきました | トップページ | 千本浜公園サイクリング(前編) »

静岡観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/56756040

この記事へのトラックバック一覧です: 続・河津桜見てきました(カワヅザクラ原木):

« 河津桜見てきました | トップページ | 千本浜公園サイクリング(前編) »