« 朝霧高原&富士川サイクリング(前編) | トップページ | 伊東市の城ヶ崎海岸歩きました(後編) »

朝霧高原&富士川サイクリング(後編)

1月20日(日)に出かけたサイクリングの続編です。

いったん帰宅し、息子と私の自転車、娘の三輪車を車に積み込みます。
家族そろって自宅を出発、富士川河川敷に向けて快調に、ペダル・・・ではなくアクセルを踏み込みます。
13:30頃には富士川河川敷着。

自転車を降ろし、息子と私は早速サイクリングに出発です。
出発前の一枚

前週より若干サドルの高さを上げた息子の自転車。
足つきは若干悪くなりますが、クランクを回しやすくなっている模様。
相変わらず、スイスイと走り出します。

息子の自転車はシングルスピード(フリーはありますが)。
速度が上がると脚が回転に追いつかず、ペダルを踏み外してしまうのは相変わらず。
早い時期に、ビンディングか?などとほくそ笑んでいる私です。
我ながら、おかしい。

先に出ていた娘が三輪車で折り返してくるのとすれ違います。
ここは見通しがよいため、かなり先まで行って折り返しても妻からしっかり見えています。
富士山をバックに、快調に走ります。
兄妹のすれ違い

富士山をバックに

しかし、こうして素早く写真を取る際には、Canon PowerShot S100は最適ですね。
片手で取り出し、ワンボタンで電源ON。
サイズと取り扱いのしやすさが抜群のバランスです。
先日、新機種のPowerShot S110も店頭で触りましたが、高さが増して飛び出たモードダイヤルが、片手での操作にはちょっとジャマでした。
慣れればよいのかもしれませんが。

すぐに駿河湾へと注ぎ込む富士川河口まで来た二人。
カーブを曲がって駿河湾沿いの防波堤場を走ります。
ここの入口にある車止めを、乗ったままクリアした息子。
その成長ぶりにビックリです(親ばか)。

ここで私はちょっと先行して、工場萌え富士山を撮影します。
工場萌え富士山

息子もすぐに追いつき、ここではじめての休憩。
とは言え、ものの1~2分ほどで、すぐに出発します。
そして、すぐに新蒲原付近の折り返し地点へ。
前回は、ここでターンして戻りましたが、この日はその先へと進みます。

新蒲原では、一旦防波堤を下り、一般道へと出る必要があります。
広い歩道を走ったり、自転車を降りて道を横切ったり。
ちょっとした冒険気分で、再び堤防上の道路へと戻りました。
再び堤防上へ

ここからの道路は、歩行者・自転車専用ではないものの、関係車両のみの通行なので、ほとんど車は通りません。
息子にぴったりついて、気をつけながら指示を出します。
途中、二度目の休憩。
私の自転車の前で写真を取りながら息子「早くパパみたいな自転車に乗りたいよ」。
泣かせてくれます。(^^)
私の自転車と

運動は何をしてもどんくさい息子。
縄跳びや鉄棒も苦手ですし、走るのも遅く、球技たるや絶望的なセンス。
それでも、自転車だけは得意な様子は遺伝か?
とにかく、スイスイと思ったよりも順調に走ります。

やがて、堤防上道路の終点付近が見えてきました。
ここは、もう蒲原と由比の境目です。
まもなく終点

そして、往路のゴール。
堤防上の道路はここで終了です。
ここまで、スタートから6kmちょっと。
よく頑張りました。
海をバックに記念撮影をします。
記念撮影

息子は楽しくて仕方ないといった様子。
これと言って疲れも見えません。
財布を車に忘れてしまったため、私は文無し。
飲み物を買ってやることもできませんでしたが、そんなこともお構いなし。
もっとも、自販機やお店もありませんが・・・。

そして、復路のスタート。
来た道を戻ります。
相変わらずスイスイ走る息子。
後を追いながら、写真を撮ります。
お~い、待ってくれ!

新蒲原ではまた自転車を降り、道路を渡ります。
その後、堤防上に戻る坂は、頑張ったものの途中でギブアップ。
いずれ、これを上れるようにもなるのでしょう。
坂を上って折り返すと、また順調に走りはじめます。
ここは自転車を押して

あと少し

息子の速度は、大体10km/hほど。
頑張って漕ぐと、15km/h位は出るようです。
ま、10インチのシングルギアですから、こんなものでしょう。
ちょっとした上りなら、乗ったまま頑張ってクリアします。

やがて、妻と娘の待つスタート地点へと戻り、めでたくゴール!
12kmの道のりを走り切りました。
ゴール!

息子はまだ走りたいようでしたが、待っている二人が限界。
そのまま、自転車を積み込み、蒲原館へと食事に行きます。
さすがにおなかが減ったのか、息子はチャーハンをペロリ。
チャーハンを

食後、三度車に乗って自宅へと戻ります。
その道すがらも、興奮気味に今日の走りを語っていた息子。
しかし、ふと静かになったかと思うと、ご覧のあり様でした。
よっぽど嬉しかったのか、ヘルメットまで被って。(^^;)
ぐっすり

そんな訳で、息子との(補助輪なし)第二回サイクリングは終了。
この次はどこに連れて行くのか?
娘の自転車はどうするのか?
嬉しい悩みの尽きない今日この頃でした。

結局、この日の私の走行距離は約64km。
自身でも、まずまず満足できたサイクリングでした。

|

« 朝霧高原&富士川サイクリング(前編) | トップページ | 伊東市の城ヶ崎海岸歩きました(後編) »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

はじめまそちらはまだ走れるんですね。
私は宮城なのでこの時期はローラーですねええsnow

来月、納車予定のdogma65.1を気長に待っておりますscissors

いつも読んでいますよ~

投稿: きむきむ | 2013/01/29 18:35

きむきむさん、ありがとうございます。
ドグマ、楽しみですね~。
私はピナレロのバイク乗ったことがないので、一度体験したいものです。(^^)

こちら静岡の平野部は温暖で、まずめったに雪が降らず、降っても道路までの積雪は経験したことがありません。
山間部は積雪や凍結が見られますが、コースを選べば一年中走りを楽しむことができます。
その環境を活かしきれていないのがもどかしいですが。

今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: あさぎり | 2013/01/30 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/56604108

この記事へのトラックバック一覧です: 朝霧高原&富士川サイクリング(後編):

« 朝霧高原&富士川サイクリング(前編) | トップページ | 伊東市の城ヶ崎海岸歩きました(後編) »