« FUJIFILM XF1 | トップページ | エスパルスドリームプラザ観覧車からの富士山 »

清水港停泊中の「ちきゅう」

清水港のちきゅう

以前、当WEB日記に、地球深部探査船「ちきゅう」の写真をUPしました。
この船は、マントルまでの大深度掘削を可能とした世界初のライザー式科学探索船とのこと。
海上から海底を掘る、見た目にもとてもインパクトのある船です。

1月12日(土)に、清水港を通りかかると、ちきゅうが停泊していました。
早速車を停め、岸壁から撮影。
手前の漁船や積み上げてあるコンテナと比べても、その大きさがよくわかるかと思います。

宇宙の神秘も魅力的ですが、私たちの住むこの地球にもまだまだ人類が到達しえない領域があります。
ちょうど13日には、NHKスペシャルで深海1,000mに棲む巨大イカ「ダイオウイカ」の撮影に成功した映像が公開されました。
ちきゅうは掘削船ですが、海の底の神秘にも挑み甲斐がありそうです。

家族との移動の途中だったので、じっくりと撮影はできなかったちきゅう。
13日には次なる調査地へと出港していったようです。
しかし、基本的に、清水港を母港としているようなので、また見かける機会はあるでしょう。
今、ちきゅうがどこにいるかは、サイトで確認することができます。

このタワーが眼に入ったら、ぜひ近付いてご覧になってください。

【2013年1月18日追記】

上に書いた出港に関しては、私の勘違いでした。
この時は帰港して間もない段階(本来は13日帰港予定)で、次の出港は20日前後になるとのことです。
受託事業(渥美半島沖)とのことですが、おそらくメタンハイドレード関連でしょう。

公式サイトの「現在のちきゅう」は、リアルタイムに居場所を示すのではなく、活動内容を示すようですね。
失礼いたしました。

|

« FUJIFILM XF1 | トップページ | エスパルスドリームプラザ観覧車からの富士山 »

静岡観光情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/56536588

この記事へのトラックバック一覧です: 清水港停泊中の「ちきゅう」:

« FUJIFILM XF1 | トップページ | エスパルスドリームプラザ観覧車からの富士山 »