« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

冠雪の富士山を新五合目より

富士山富士宮口新五合目付近からの光景

雪煙舞い上がる剣ヶ峰

日曜日(10月28日)の冷たい雨により、今シーズン一番の冠雪となった富士山。
月曜日(29日)の朝には、宝永山の少し上まで雪化粧をした姿を現してくれました。
感覚的には、八合目もしくは七合目付近まで、雪が見られるでしょうか。

そんな月曜日の午後、富士山の新五合目を訪れました。
毎年、この時期になると、新五合目からの光景を記録しておくのですが、今年は雪が多い状態での撮影です。
しかし、到着した富士山新五合目富士宮口は、雲の中。
山頂はおろか、冠雪部分すら見えない状況でした。

待つこと30分程。
すると、これまでの雲が嘘のように消え、青空に富士山頂が映える天候に。
これには、周囲からも歓声が上がっていました。

新五合目付近から見上げた山頂は、凍てつく雪の世界。
後で調べると、この時の山頂の気温は氷点下8℃でした。
それにしても視界はクリアで、剣ヶ峰の旧測候所はもちろん、鳥居がほとんど雪に埋もれた富士山本宮浅間大社の奥宮も目にすることができました。

宝永山付近からは、しきりと白い雪煙が上がっています。
これは、風に煽られて、雪が舞い上がっているもの。
西からの風に飛ばされた雪は、御殿場側に堆積し、このため富士宮から見た富士山の雪はすぐに減っていってしまうのです。

新五合目付近の日射しは強く、風も弱く暖か。
ちょっと動くと汗ばむ程です。
そこから標高差1,376m、簡単に手が届きそうにすら見えるあそこには、別世界が広がっているのですね。
今年の新五合目、収穫大でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚市場食堂さんの「漬け鮪ブツ切りお玉いっぱい丼」

漬け鮪ブツを載せて載せて~

漬け鮪丼の出来上がり!

先日、静岡市清水区の清水魚市場内にある、河岸の市 まぐろ館にて昼食を食べました。
ここは、あさぎりのソフトクリームや牛乳を扱ってくださっている「朝霧高原カフェ」もある建物です。

その2階、市場寄りにあるのが、魚市場食堂さんです。
実はこのお店、清水魚市場を運営する、清水魚さんがきりもりするお店。
それだけに、素朴ではあるものの、味とボリューム、そして価格のバランスもよいのです。

この日私が頼んだのは、漬け鮪ブツ切りお玉いっぱい丼。
通常メニューは“一杯”となっているようですが、これを打ち消して“いっぱい”に。
そして、その名の通り、こちらが「ストップ」というまで、漬けになった鮪ブツ切りを載せてくれます。

白いご飯に、店員さんの持つボウルから一杯、二杯。
さすがに三杯目は半分にしてもらい、これでお玉二杯半分の漬け鮪丼!
わさびも本わさびで、味もしっかりして満足感は二杯半以上でした。(^^)

これだけのサービスで、お値段は750円。
いつまでこのサービスを行うのかは不明なので、たっぷり味わいたい方はお急ぎください(本日2012/10/23は臨時休業、水曜日は定休なので、木曜日以降で)。
ただし、あんまり欲張ると、デザートのソフトクリームにたどりつけませんよぉ。(^^;)

これからも、河岸の市 まぐろ館のお店とメニュー、紹介していきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐろ館「朝霧高原カフェ」おかげさまで好評!

朝霧高原カフェ店内

あさぎり抹茶ソフト(カップ)

まぐろ屋がつくったまぐろフランク

自然農法フルーツや野菜

10月4日(木)にプレオープンした、静岡市清水区、清水港魚市場内「河岸の市 まぐろ館」の「朝霧高原カフェ」は、先週末多くのお客様で賑わいました。
7日(日)には、清水マグロまつりが開催されたこともあり、従来からの「河岸の市 いちば館」とあわせ多くのお客様がご来店。

特に、看板商品である、あさぎりのソフトクリームはたくさんのお客様にお楽しみいただき、好評を博していました。
人気はやはりバニラソフトですが、静岡と言えばお茶!の抹茶ソフトクリームもお勧めです。

朝霧高原カフェのソフトクリームは、コーンの他、ご覧のカップでもご提供。
ブランフレークを敷き詰めたカップソフトは、カップとはいえども食感豊かで、食べごたえも充分です。

ソフトクリーム以外にも、あさぎり牛乳やミルクカクテル、焼津のサッポロビール静岡工場樽詰生ビール、特製まぐろフランク、雨水だけで育てた自然農法野菜やフレッシュフルーツなど、こだわり抜いたアイテムが揃っています。
まさに、昼のデザート、カフェから、夜のちょっとしたバール代わりにと、いつでも便利に使えるお店ですね。

明日、13日(土)には、グランドオープンを迎える河岸の市まぐろ館。
朝霧高原カフェも、このプレオープン期間での経験を活かし、さらなるおもてなしでお客様をお迎えすべく、鋭意準備中とのことです。

食欲の秋、ぜひ清水の河岸の市まぐろ館とあさぎりのソフトクリームでお楽しみください。

【朝霧高原カフェ 営業情報】
所在地:静岡市清水区島崎町149 河岸の市まぐろ館2F
営業時間:10:00~22:00
定休日:水曜日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

河岸の市まぐろ館に Asagiri Kogen Cafe オープン!

河岸の市まぐろ館のAsagiri Kogen Cafe

河岸の市まぐろ館のAsagiri Kogen Cafe

JR東海道線清水駅東口、マリナート(静岡市清水文化会館)から道路を挟んだ清水港敷地内に、このたび「河岸の市まぐろ館」が建設されました。
ここは、従来から営業している清水魚市場河岸の市の並びにあり、2階建ての建物内には飲食店や物販店が並び、清水の新名所として賑わうことになります。

そんな河岸の市まぐろ館の2階に「Asagiri Kogen Cafe」が本日(10月4日)プレオープンします。
ここでは、あさぎりのソフトクリーム(バニラ、抹茶)がお楽しみいただけるほか、あさぎり牛乳(カップ)や軽食も販売されます。
奥にはカウンターや座席もあり、夜は生ビールをはじめ、アルコール類やおつまみも。
まさに、昼の顔と夜の顔双方を兼ね備えた、楽しめるお店になっています。

適度なタイト感は、落ち着くこと間違いなし。
トイレやエレベーターにも近く、2階コンコースにも隣接しているため、便利にご利用いただけますよ。

河岸の市まぐろ館のグランドオープンは10月13日(土)で、その日にはオープニングイベントも準備されています。
しかし、館内の店舗は順次プレオープンをし、既に営業している店舗がいくつもあります。
今週末(7日)の清水港マグロまつりにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

河岸の市まぐろ館の営業時間は10:00~22:00。
朝10時から夜10時と覚えておけば簡単ですね。
定休日は、水曜日となります。

なお、この写真は、開店準備中のものです。
私もぜひ、楽しませていただきたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

台風一過と中秋の名月

9月30日深夜中秋の名月

今年の9月と10月の境は、日本列島を縦断するように進んだ台風17号に翻弄されました。
沖縄や奄美に被害をもたらし、その後本州に接近、愛県東部に上陸した後はやや北寄りの進路を取りながら東の海上へと抜けていきました。
未だ東北地方の太平洋側や北海道の一部は台風の暴風域にあり、またこれから入る可能性がありますので、注意が必要です。

私の住む富士宮で、風のピークは30日の20:00~21:00頃だったでしょうか。
雨はそれよりも前に強く降りましたが、その後は風が中心。
家が揺れ、ミシミシと音を立てる程の風に、少々恐怖も感じました。

しかし、21:30を過ぎた頃から、風の音が嘘のように消え、虫の音があたりを包みます。
台風が過ぎ去ったのでしょう。
以前の大雨では営業所が停電となり、夜間対応に追われたのですが、この日はそれも回避できた模様。
外に出てみると、ところどころ晴れ間も出ています。

この日は旧暦の8月15日、中秋の名月です。
満月となるのは、9月30日の昼12:00頃ですが、ほぼ満月の円い月が見られるはずでした。
しかし、22:00過ぎにもまだ月は雲の陰でした。

そして、これがラストチャンスと外に出た23:00過ぎ、空を見上げると天頂部に明るい月が輝いていました。
中秋の名月です!
期待は大きくなかっただけに、嬉しさもひとしお。
早速、カメラを持ち出して撮影します。
今回は、中秋の名月に敬意を表して、明るめに撮らせていただきました。

一夜明けて10月1日。
駿河湾の高波も収まったようで、東名高速由比付近の通行止めも、未明には解除されていました。
西の空を見ると、そこにはまだ大きな月がポカンと浮かんでいます。
またもやカメラを持ち出して撮影。
夜の月と朝の月、双方の表情を収められたのは意外なプレゼントのようでした。

これから台風の影響を受ける地域の方々、被害なきことを願っております。

10月1日明け方の月

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »