« マリンタウンのマリにゃんとカモメ隊長 | トップページ | 剣ヶ峰と彩雲 »

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

ついに手にしてしまいました。
今年の春先あたりから気になっていたこのレンズ。
今回ご紹介するのは、SIGMA(シグマ)から発売されている一眼レフカメラ用交換レンズ、APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMです。

このレンズ、何が凄いかと言うと、まずは何と言っても焦点距離。
35mmフルサイズ対応で、50mmから500mmまでをカバーする10倍ズームレンズなのです。
開放F値は4.5-6.3(焦点距離に応じて変化)と、決して明るいレンズとは言えませんが、それにしても、標準50mmから500mmの超望遠域までを一本でカバーするズームレンズは唯一無二です。

さらに凄いのは、同社で発売しているAPO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMと比較しても写りに定評があり、これだけの高倍率でありながら作品レベルの撮影にも十分対応できると言うことです(もちろん、腕次第ですが)。

実際、デジタル一眼レフにて使用する望遠レンズとして500mmをカバーできるのは、価格面を考えるとこれら2本とTAMRONSP AF 200-500mm F/5-6.3 Di LD [IF] が現実的です。
他の単焦点レンズなどは価格的に40万円程度からと高価で、それを使いこなし、見合った価値の写真を撮る自信もありません。

ただし、このレンズも超望遠ズームとしてみればリーズナブルですが、一般的には決して安価とは言えず、店頭価格では15万円程度~、ネットショップでも12万円弱が最安値となっています(2012年9月現在)。

以上のような観点から、このレンズが気になってはいたものの、購入までは散々迷いました。
その過程で、手持ちのCanon EF70-200mm F2.8L IS USMに同社のEXTENDER ED 2X Ⅲを装着して望遠端400mm F5.6のレンズとして使用してみたりもしました。
しかし、解像感が今ひとつになる上に、広角端も2倍になって140-400mmとなってしまい、使い勝手も今ひとつでした。
望遠端のみの使用であれば使い勝手に影響はありませんが、それでもSIGMAに比べて100mm短く、さらにエクステンダーの取り付け、外しも面倒です。

そんなわけで、遠回りはしましたが、結局はこのレンズを注文してしまいました。

届いたレンズのパッケージは、さすがに巨大です。
いつもの撮影環境(モノ撮り)では、はみ出してうまく撮影できません。
それだけに、期待もさらに膨らみました。
SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM パッケージ

箱を開けて、中のものを取り出します。

ケースに収められたレンズ本体は、箱を持っていた時とはまた別格の重量感です。
レンズ単体で2kgに迫る重さですから、当然と言えば当然ですが。
ケースから取り出したレンズは、フードをつけない状態でこんな感じです。
レンズ本体

シグマは、ある段階でレンズの塗装を変えたようで、手持ちの12-24mm(初代)とはまた異なる感じです。
全体的にざらつきが抑えられ、マットではありますが、なめらかな印象を受けます。
スイッチ類はAF/MFの切り替えや手ぶれ補正モードの切り替え、ズームのロックといったシンプルな構成です。
フォーカスリミッター等は装備されていません。
また、ズームロックも、任意の焦点距離でロックできるわけではなく、あくまでも自重で伸びるのを防止するため、広角端(50mm)でのロックができるのみです。

付属品を取り出します。
レンズ付属品

これ以外にフードとレンズケースが付属します。
写真上に写っているのが、APS-Cサイズ対応のフードアダプタです。
これを付加すると、レンズ周辺部を使わないAPS-Cセンサーのカメラ使用時に、もっとも効率的にフードがその役割を果たすようになります。
私はもっぱらEOS 7D(APS-C)に使用していますが、フルサイズセンサーのカメラ(EOS 5D MarkⅡ)に使用する際に取り外すのが面倒なので、使用していません。
光の入り込みなどで不具合が出そうであれば、使用したいと思います。

その下にあるのが、フィルター使用時のステップダウンリングです。
このレンズのフィルター径は95mm。
さすがにこのサイズのフィルターは価格もそれなりにします。
そこで、これまたAPS-Cセンサーのカメラ使用時に限り、86mmフィルターをつけられるようステップダウンリングが同梱されているのです。
ただし、これを使用すると、付属のレンズキャップは使えなくなるので、別途86mmに対応したキャップも購入する必要があります。
結局、私はフルサイズセンサーでの使用も考え、マルミ製95mmのレンズ保護フィルターを購入しました(8,000円弱)。

右側に写っている2本のストラップは、それぞれレンズ本体につけるタイプ(レンズ単体で持つ時限定)とレンズケースにつけるタイプです。

早速、レンズをカメラにセットしてみます。
本体は、EOS 7D
バランスを考え、バッテリーグリップも装着しています。
恐ろしく重いカメラの出来上がりです。
この状態で、50mm F4.5となります。(^^;)
EOS 7Dに装着

その状態から、ズーミングしてみます。
なお、このレンズは正確にはバリフォーカルレンズで、狭義のズームレンズとは異なります。
その特徴は、ズームレンズがフォーカスセット後に焦点距離を変えてもフォーカスは変化しないのに対し、バリフォーカルレンズでは焦点距離を変えると再度フォーカスをセットし直さなければならない点にあります。
つまり、このレンズではズーミングをして構図を決めてからフォーカシングする必要があり、その点は注意が必要です。
反面、バリフォーカルレンズでは最短撮影距離を短くしやすいなどの特徴もあるようで、実際このレンズの最短撮影距離は500mmでも1.8mと短くなっています(焦点距離により変化)。
なお、焦点距離ごとの最短撮影距離は、レンズにも記載されており、目安となります。
ズーミング

さて、実際に撮影に持ち出し、使ってみます。
レンズの重さはもちろん気になりますが、慣れてしまえば何とかなる範疇です。
かえって、この重さが撮影時の安心感にもつながってきます。
ただし、長時間手持ちでの撮影(祭やスポーツなど)をしていないので、そうなった時には覚悟が必要でしょう。

使用感に多く書かれていますが、ズームリングはとても重いです。
私のこれまで所有したレンズの中でも、類を見ない程でしょう。
それでも、風景撮影をしている範囲ではそれほど問題にはならないことが分かりました。
むしろ(現時点では)肩から掛けた状態でズームロックをしなくても、自重で伸びないというメリットは感じます。

※しばらく使用すると、自重で伸びるようになりました。

スポーツ撮影等では、もう少しズームリングが軽い方ベターですが、先ほども書いた通りバリフォーカルレンズですので、AFロック後にあまり簡単に焦点距離が変わってしまうのも困ります。
そう考えると、ギリギリのバランスを追及しているとも思えてきました。
ただし、このズーム操作は、使用しているうちに軽くなってくるとの声も聞かれます。

さて、前置きが長くなりましたが、撮影した写真です。
まずは、広角端と望遠端で撮影をしてみます。

下の写真は、50mm広角端での撮影です。
とは言え、APS-CセンサーのEOS 7Dなので、35mm判換算では80mm相当の画角となります。
JPEGでの撮影ですが、色乗りもよく、12-24mmと比較的よく似た感じも受けます。
広角端での撮影

そして、次の写真は望遠端、500mmでの撮影です。
こちらも同様にAPS-Cセンサーで1.6倍、35mm判換算では800mmとなります。
上の写真と見比べると、その威力がよくわかるかと思います。
望遠端での撮影

望遠端で撮影した写真から、ピクセル等倍で切り出してみます。
等倍観賞をする訳ではありませんが、ここまで解像してくれれば御の字です。
なお、撮影は手持ちでシャッター速度は1/640秒、手ぶれ補正の効果も出ているのでしょう。
ピクセル等倍での切り出し

次の写真は、自宅付近から富士山頂を撮影したものです。
剣ヶ峰付近を撮り、トリミングしました。
こちらも手持ち撮影ですが、剣ヶ峰へと続く馬の背の手すりや、登山者らしい人影も写っています。
これには、正直驚きました。
ぜひ、写真をクリックして、拡大してご覧ください。
富士山頂

他にも、このレンズの望遠端で撮影した写真を数点掲載します。
開放F値は決して明るくないですが、さすがにこの焦点距離ですから、そこそこボケてくれます。
なお、絞り開放だと描写が柔らかく(よく言えば)なるため、基本的にはf8程度まで絞って撮影をしています。
望遠端での撮影

望遠端での撮影

このレンズ、どうしても望遠端の500mmという焦点距離に目が行きますが、何と言っても50-500mmの10倍ズームレンズなのです。
従って、この画角を活かして風景撮影なども充分にできます。
上にも書いた通り、描写はきっちりしていて色乗りも悪くなく、基本的には私好みの画づくりに寄与してくれます。
風景撮影

風景撮影

最後に、ここのところ新しい望遠系のカメラを手にすると必ず立ち寄る、由比の新幹線撮影スポットでの写真です。
一枚目は撮影場所の風景を広角端で撮影したもの、中の写真は望遠端でN700系を撮影したものです。
どこを撮影した?という感じですね。
そして、三枚目は、二枚目の写真の等倍切り出しです。
手持ちで、時速100km/h以上で走る車両をここまで鮮明に切り取れるのは、レンズとEOS 7DのAF(AIサーボ)、連写機能の賜物でしょう。
撮影場所

N700系新幹線

等倍切り出し

以上、まだ使い込んではいませんし、本来の目的のひとつである剣ヶ峰ティアラ(ダイヤモンド富士)の撮影もしていません。
それでも、見た目に似合わず意外に万能な、ある意味お手軽レンズとも言えるこの性能には、かなり惚れ込んでいることも事実です。

その重さもあり、ミラーレスやネオ一眼の高倍率ズームとは対極にあるわけですが、用途としてはこれらに近い万能性が得られる訳です。
決してハードルが低いレンズではありませんが、一本あれば本体一台、それ専用にしてもよい魅力を感じるレンズです。

簡単に書きましたが、また追記できることがあれば、記載します。


|

« マリンタウンのマリにゃんとカモメ隊長 | トップページ | 剣ヶ峰と彩雲 »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

おおう、気になっている1本。
究極の運動会レンズじゃないですか?
かなり目立てるのではないでしょうか。

投稿: おじゃ | 2012/09/17 11:02

おじゃさん、ありがとうございます。
そうですね~、50mmから500mmまでカバーしますから、運動会にもピッタリですね。
ただし、開放F値は明るくないので、光線が足りない状況では少々厳しいかもしれません。
あと、APS-Cサイズセンサーのカメラだと、広角側は80mm相当になるので、全景は厳しいですね。
でも、とっても魅力のあるレンズです。(^^)

投稿: あさぎり | 2012/09/17 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/55631294

この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM:

« マリンタウンのマリにゃんとカモメ隊長 | トップページ | 剣ヶ峰と彩雲 »