« 2012年夏の田貫湖ダイヤモンド富士 | トップページ | 8月のブルームーン »

西湖(なるしま合宿合流)サイクリング

8月18日(土)に、サイクリングに行ってきました。
当日は、かつて一緒に走ったなるしまフレンドの仲間が西湖で合宿をする日とのこと。
当初は宿泊でのフル参加を打診されましたが、予定が重なっていることと今の実力、体型を考えると無謀なため、土曜日の午前中だけ参加することとしました。
また、あさぎりフードパークの工場見学にも案内する予定です。

西湖での集合は9:30頃とのこと。
しかし、余裕をみたいのと、気温が上がらないうちに高原まで上りたい気持ちもあり、6:00過ぎに自宅を出発します。
西湖までのルートは当初県道71号富士ヶ嶺経由を考えましたが、合流後のルートがそちらだったため、国道139号経由で向かうこととします。

上井出までは、いつものルートを進みます。
走り出してみると、前週ほどではないですが、調子はよくありません。
それでも、国道469号から大月線に入る頃には、適度な汗とともに体が動くようになってきました。
少々もわっとする空気に、稲穂の甘い香りが漂う中走ります。
水田の稲穂

大月線をだましだまし走り、上井出の交差点を直進します。
それまで天気のことはあまり気にしていませんでしたが、かなり湿度は高めです。
それでも、空は青空、雨が落ちてくるなどとは夢にも思わず走りました。

ほどなく、国道139号に合流。
ゆっくりとではありますが着実に、朝霧高原を目指します。
まかいの牧場を過ぎ、ドライブインもちや前のセブンイレブンで休憩。
普段はこういう飲み物のお世話になることはないのですが、この日は先の行程を考えて飲み干します。
レッドブルチャージ!

チャージも済み、さらに先へと走ります。
牧草地帯を抜け、道の駅朝霧高原を通過、その先の根原の坂もクリアです。
ここからは、緩やかなアップダウンを繰り返す道です。
途中、橋上から本栖湖を見渡します。
本栖湖

本栖湖を過ぎ、富士の樹海が両脇に迫る道を走り続けます。
本栖湖から精進湖までは、ほぼ平坦とも言える道。
いつもは逆コースなので、久しぶりで新鮮です。
やがて、精進湖入口に到着。
写真だけ撮って直進します。
精進湖

精進湖から西湖へは、再び上りの道。
樹海にかけられたいくつかの橋を上っていきます。
ペースに無理さえなければ、緩やかな上りは苦になりません。
ほどなくして、西湖民宿村の入り口を左折します。

しばらく下ると、民宿が立ち並ぶ場所へ。
目的の民宿山彦さんには、まだ誰も到着していないようです。
時間も早いので、反時計回りに西湖を一周することにしました。
西湖の湖畔の道路は、自転車のロードレースにも使用される走りやすい道。
もちろん、ほぼ平坦です。
西湖湖畔

西湖湖畔

一周して戻ってくると、ちょうどなるしまの仲間が到着していました。
懐かしい顔に、思わず笑みがこぼれ、再会を喜びます。
今回のメンバーは、主にBランと呼ばれる組の面々。
以前、そうした区切りがなかった頃に一緒に走ったメンバーがほとんどです。
なるしまBラン合宿メンバー

記念撮影後、皆で出発します。
私が一緒に走るコースは、西湖から県道71号経由で富士ヶ嶺、その後あさぎりフードパークの朝霧乳業工場見学を案内し、上井出、篠坂(登山道交差点)までです。
西湖から国道139号への上りは、皆で会話しながらのゆっくりペース。
気楽に走ることができました。

しかし、そこはさすがなるしま合宿。
私の現状は切々と訴えてあったため優しさはありますが、徐々にペースが上がっていきます。
この日は、皆メディオでの走りなのですが、いささかレベルが違いすぎます。
鳴沢で県道71号に入ってからの上りは、息ゼェゼェ、心臓ドクドク、もはや会話どころではありません。

何度も切れそうになりながら、その都度つないでもらい、走ります。
ようやく平坦になる展望駐車場付近に到達した時には、心底ホッとしました。
ここからは、平坦、下りです。

富士ヶ嶺の交差点で先行したメンバーとも合流。
ここからは私の案内であさぎりフードパークへと向かいます。
途中、きわめて怪しい雲行きに。
そして、ポツポツと雨が落ちはじめます。

本格的な降りになる前に、朝霧乳業へと到着。
ビンディングシューズをスリッパに履き替えて、工場を案内します。
慣れている説明のはずですが、このメンバーとスタイルで行うと新鮮です。
説明後は、工場限定の牛乳ソフトクリームとビン牛乳をお楽しみいただきます。
あさぎりフードパークでのひと時

工場にいる間、雨は降ったり止んだりを繰り返しているようでした。
工場から出る時には、ひとまず降っていません。
これは大丈夫か?と思ったのもつかの間。
あさぎりフードパークから県道71号へと走り出した途端、大粒の雨が落ちてきます。

降りは一時期かなり強くなり、飛沫を跳ね上げながらの走行となります。
路面はスリッピーで、ブレーキも利きにくくなるため、速度を抑えて走りました。
私は先頭だったため、降ってくる雨滴だけで済みましたが、後続は前走者の跳ねも受けるので大変だったでしょう。

県道71号を上井出まで下り、左折。
国道139号の高架をくぐると、再び上り基調の道となります。
またもや、我慢の走り。
しかし、先ほどよりペースが低めで、まだ何とか走れます。
白糸スピードランドを過ぎてからのアップダウンの走りは、私の得意な分野です。
何とか皆で登山道との交差点まで到達しました。
ここで再び、先行メンバーと合流します。

なるしまのメンバーは、ここから登山道を富士山スカイライン方面へと上り、西臼塚、水ヶ塚を越えて御殿場へと下ります。
その後、籠坂峠を上り、山中湖、河口湖と抜けて西湖へと戻る富士山一周コースです。
私は実力、時間的に無理があるのでここで離脱、去っていくメンバーを見送ります。
ここで離脱

わずかな区間でしたが、懐かしいメンバーと旧交暖めつつ走れたのはうれしい体験でした。
何しろ、十数年ぶりでしたから・・・。
再会を期しながら、登山道を下り、自宅へと戻ります。

結局、自宅付近までずっと雨。
自宅到着後、自転車をざっと洗い、拭き上げます。
結局、この日の走行距離は約104km。
最近としては長い距離となりました。

来年は合宿、フルで参加したいと思います。

|

« 2012年夏の田貫湖ダイヤモンド富士 | トップページ | 8月のブルームーン »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/55474452

この記事へのトラックバック一覧です: 西湖(なるしま合宿合流)サイクリング:

« 2012年夏の田貫湖ダイヤモンド富士 | トップページ | 8月のブルームーン »