« SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM | トップページ | 田貫湖の星空 »

剣ヶ峰と彩雲

剣ヶ峰と彩雲

9月15日早朝、朝霧高原から富士山を撮影しました。
狙いは剣ヶ峰の測候所跡から太陽が昇る、ダイヤモンド富士(ティアラ)です。
測候所の建物の隙間から陽光が漏れ光り、まるでダイヤを並べたティアラのように見えるのです。

6:00過ぎにここかと思われる場所に到着しましたが、いつもご一緒させていただいているご夫婦の姿はありません。
今ひとつ場所の確定はできませんでしたが、ほぼ間違いないと思われる場所に三脚を立て、カメラをセットしました。
個展などを開くカメラマンの方とご一緒させていただきます。

山頂剣ヶ峰にレンズを向けると、富士山右裾から山頂に向かって雲が立ち昇ってきます。
途切れることなくモクモクモクモク。
まるで生き物のようです。

6:30を過ぎたあたりから、この雲が染まりはじめます。
彩雲です!
太陽との位置関係で、このように雲が染まることは間々あります。
しかし、ここまで次々と、表情を変えながら染まるのを見たのははじめてです。

ちょうど、シグマの50-500mmレンズを装着していたこともあり、ファインダーからその光景を息をのみ見つめ、シャッターを切り続けました。
残念ながら、肝心のティアラの時間帯には雲が濃くなり、剣ヶ峰が隠れた山頂にボワンと大きな太陽が顔を覗かせるにとどまりました。

でも、彩雲に大満足な撮影でした。(^^)

彩雲(剣ヶ峰アップ)

山頂からの日の出

|

« SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM | トップページ | 田貫湖の星空 »

富士山!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/55679552

この記事へのトラックバック一覧です: 剣ヶ峰と彩雲:

« SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM | トップページ | 田貫湖の星空 »