« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

C'ana(サナ)草薙店さんのソフトクリーム

C'ana(サナ)草薙店

C'ana(サナ)草薙店

かねてよりあさぎり牛乳をたっぷり使ったプリンとシフォンケーキをつくってくれているC'ana(サナ)さん。
焼津のカフェをはじめ、新静岡セノバB1Fや鷹匠、そしてここ草薙の店舗などで販売をしています。

草薙店さんは、静岡市の草薙総合運動場正門の真向かい。
門から道路を横断するとすぐにあります。

そんなC'ana草薙店さんでは、このほどあさぎりソフトクリームがレギュラーメニュー化。
気軽にテイクアウトでお楽しみいただけるようになりました。
おなじみのあさぎりソフトクリームは、ワッフルコーンにたっぷり入って300円。
これからの時期、運動場の行き帰りにもピッタリの品ですね。

朝霧高原の自然の味を草薙で。
ぜひお楽しみください。
もちろん、シフォンケーキやプリンもどうぞ。(^^)
こちらにも、あさぎり牛乳の味が活きています。

あさぎりソフトクリーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製トマトとモッツァレラ

自家製トマトと朝霧乳業製モッツァレラチーズ

先日夕食の食卓を飾った一品。
トマトとモッツァレラチーズの組み合わせです。

このトマト、妻が家庭菜園で育てた自家製。
ミニトマトよりは少し大きめの品種で、酸味と甘みのバランスがとてもよい出来でした。
それに、塩を少し振って、モッツァレラチーズと合わせます。

このモッツァレラチーズは、朝霧乳業新工場にて製造したもの。
生乳を低温殺菌し、乳酸菌とレンネットを加え、発酵させてできたカードを練り上げた手造りの品です。
まだ試行錯誤をしながらの製造で、生産量も限られているため、あさぎりフードパークの工場売店でのみ限定販売されています。

塩分が控えめで朝霧高原の生乳の味を存分に感じられるチーズは、子供たちにも大好評。
いつもより懸命に夕食を平らげ、お代わりをねだっていました。

撮っても贅沢な組み合わせは、目でも楽しませてくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DSC-RX100 on 富士山本宮浅間大社(後編)

湧玉池の光景

SONYのCyber-shot DSC-RX100レビューで撮影した富士山本宮浅間大社、後編です(前編は昨日の記事をご参照ください)。

写真は全てDSC-RX100にて撮影。
記録はJPEG、ホワイトバランスはAWBです。
写真によっては、Adobe PhotoShop Elementsにてコントラスト、レベルを調整、トリミングや回転(水平出し)を行っているものもございますので、ご了承ください。
ただし、レタッチは最低限にとどめています。

手水盤
拝殿脇の門をくぐり湧玉池へと出ると、小さな手水盤があります。
何気なくシャッターを切りましたが、濡れた石の感じをよく表現してくれました。

水汲み場
市内を流れる神田川源流ともなる湧玉池の湧水。
水汲み場はひっそりと静まり、水音だけが小さく響いていました。
かなり薄暗いシチュエーションでしたが、不安感なく撮影できるのは暗所性能のおかげです。
F2.8、1/40秒にて撮影。

おしどり(カモだけど)夫婦
池のほとりにはカモの夫婦でしょうか。
二羽で静かに佇んでいました。
どんよりとした曇り空ですが、色彩をしっかりと写し出してくれました。
トリミングしていますが、色合いはほぼJPEG撮って出しです。

湧玉池の鱒
湧玉池には、地元の名産でもある鱒が泳いでいます。
もともと外来種ではあるものの、いまや浅間大社の光景のひとつとして完全に定着。
中でも、金色に輝く鱒は、水草の緑に映えます。
レベル補正をかけて、水面の反射光を軽減しています。

ふれあい広場の紫陽花
ふれあい広場には、子供たちの声がこだましていました。
そんな広場の片隅に、紫陽花が植えられています。
既に花のピークは過ぎ傷みも目立ちましたが、比較的元気な株を選んで写します。
F3.5、1/100秒での描写です。

軍手
大鳥居の手前まで戻ってくると、そこの車止めの端に、真新しい軍手が被せられていました。
誰かが忘れたのか、はたまた人がぶつかった時の対策か。
そんな光景をピクチャーエフェクトのトイカメラモードで撮影しました。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSC-RX100 on 富士山本宮浅間大社(前編)

浅間大社鳥居前の狛犬

昨日の記事で、SONYのCyber-shot DSC-RX100レビューをUPしました。
素人のファーストインプレッションですが、恥ずかしながら多くの方々にご覧頂いているようです。
しかし、記事中では作例に乏しく、カメラの持つ特性をご理解いただき難いかと思います。

そこで、先日、富士山本宮浅間大社を訪れた際の写真を掲載いたします。
梅雨空ではあるものの、雨の止み間に散策した時のもの・・・。
相変わらずの素人写真ですが、ご覧いただければ幸いです。

なお、写真は全てDSC-RX100にて撮影。
記録はJPEG、ホワイトバランスはAWBです。
写真によっては、Adobe PhotoShop Elementsにてコントラスト、レベルを調整、トリミングや回転(水平出し)を行っているものもございますので、ご了承ください。
ただし、レタッチは最低限にとどめています。

境内へと向かう道中にて
南の駐車場に車を停め、お宮横丁を通って浅間大社境内へと向かう途中。
この時期でも、赤い紅葉と赤い屋根の色合いが際立っていました。

市内幼稚園児作の燈篭が並ぶ参道
参道脇には、市内の幼稚園児が描いた富士山の絵が並びます。
7月1日の富士山お山開きに合わせたものでしょう。
ソーラーパネルのついた燈篭となっていて、夜には光を放つことでしょう。
Pモードでシャッターを切っただけ、ノンレタッチでサイズ変更のみです。

池のカモが波紋を起こす
参道途中の橋から池を覗くと、カモが一羽。
方向を微妙に変えようと脚を細かく動かしているのでしょう。
水面に小さな波紋が連なっていました。
その質感を余すところなく表現してくれるのは、さすがの描写性能です。

拝殿をスイングパノラマにて
楼門をくぐり、拝殿と本殿を望む空間へ。
ここで、スイングパノラマにて光景を切り取ります。
手持ちなので水平を出すのが難しく、多少回転して水平を出しています。

願掛けの絵馬
拝殿向かって右側には、願掛けの絵馬がかけられています。
そこに、小さな千羽鶴が色彩を放っていました。
願いの成就をそっと祈ります。

燈篭の龍
境内の石燈籠の上には小さな龍が。
もの言わずじっと灯りを支えています。
望遠端でF4.9となりましたが、背景は比較的きれいに丸くボケてくれました。

悲喜こもごもの御籤たち
御籤が結びつけられています。
木々の枝を守るため、ロープを張って用意されています。
悲喜こもごも、いずれにせよ前向きに捉えたいものですね。
広角端28mm、開放F1.8にて撮影しました。

明日は引き続き、湧玉池周辺からの光景を掲載します。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

SONY Cyber-shot DSC-RX100

今回のカメラを入手するに当たっては、これまでで最も悩んだと思います。
そのカメラは、SONYのコンパクトデジタルカメラ、Cyber-shot(サイバーショット)DSC-RX100です。
発売は2012年6月15日。
この夏話題のモデルとしてデビューしたカメラです。

その最大の特徴は、ポケットに入るコンパクトサイズながら、1インチサイズの自社製CMOSセンサーを搭載したことにあります。
通常、このサイズのカメラであれば、1/2.3型やハイエンドでも1/1.7型程度のサイズが一般的ですから、それらに比べると面積は大きくなります(APS-CサイズのSIGMA DPシリーズなどもありますが)。
さらに、ソニー製ではありながらCarl Zeiss(カールツァイス)の認証を受けたVario-Sonnar T*レンズを搭載し、広角端(35mm判換算で28mm)での開放F値1.8を実現したことも特筆すべき点です。

このクラスのカメラとしては、CanonのPowerShot S100やPanasonicのDMC-LX5、OLYMPUSのXZ-1、RICHOのGR DIGITAL Ⅳなど、各社技術を結集した製品を投入しています(2012年6月現在)。
そんな中で、私が最初に注目した点は、やはり1インチという比較的大きなサイズのセンサーをこのボディに搭載した点にあります。

一般的に言って、センサーサイズが大きくなれば、光を受け止める面積が大きくなり、光の少ない場面でもしっかりと露光することができます。
もちろん、その面積にどれだけの画素を詰め込むのかによっても一画素あたりの受光面積は変わりますし、技術力によって面積を越えたパフォーマンスを実現することも可能です。
それでも、大きなセンサーであれば、比較的余裕を持って光を受け止められることは事実です。

半面、光学系で見た場合、大きなセンサーの隅々まで光を導くためにはどうしても径の大きなレンズが必要になります。
さらに、径の大きなレンズで隅々まで画質を確保しようとすると、レンズの品質や設計もより高いものが求められます。
また、35mm判換算の画角で見た場合、焦点距離による倍率が低くなり、広角には有利ですが(前述の光学系がしっかりしていれば)、望遠には不利となります。

そんなメリット、デメリットを考慮すると、このサイズのボディに1インチサイズのセンサーを載せ、さらにズームレンズを搭載するのは、容易ならざることだったのは想像に難くありません。
それだけに、この製品には技術者の誇りと意地が感じられたのです。

私はこれまで、このクラスのコンパクトデジカメとしてはCanon PowerShot S95S100、Panasonic DMC-LX3、OLYMPUS XZ-1、RICHO GR DIGITAL Ⅱを使用してきました。
また、ミラーレス一眼でも、SONY NEX-55Nを使用し、SONY製カメラの使い勝手に関してはある程度理解をしているつもりです。

繰り返しにもなりますが、私がこのカメラに感じた魅力は以下の点でした。

・1インチサイズのセンサーがもたらす受光能力、暗所撮影性能。
・2000万画素というゆとりの画素数によるトリミング耐性。
・解放F1.8のレンズによるボケ味。
・35mm判換算28-100mm(3.6倍)のズームと最大7.2倍(同200mm相当)の全画素超解像ズーム。
・ハイエンドコンパクトデジカメにふさわしい質感。
・NEX-5Nに通じる操作性。

ただし、購入前に色々と触ってみて、懸念点がないわけではありませんでした。

・PowerShot S100と比較して厚みが意外にあるし、重い(サイクリング時ポケットに入れるため)。
・やたらと軽く、クリック感のないシャッターボタン(誤って切れてしまう)。
・広角端だと5cmの最短撮影距離が、ちょっとズームすると極端に長くなる。
・ボケが粒子状で、シーンによってちょっと雑な感じがある。
・6万円近い価格(2012年6月現在)。

上記の点から迷いに迷っていたのですが、やはり使ってみないとその良さも残念な点もわかりません。
そんなわけで、6月下旬に思い立ち、手にしました。
そこで、まずは簡単なレビュー(ファーストインプレッション)を書いていきます。

パッケージはコンパクトデジカメのそれそのものです。
特に、プレミアム感があるわけではありません。
このあたりは、あくまでも“α”ではなく“Cyber-shot”を名乗っていることもあるのでしょうか。

SONY Cyber-shot DSC-RX100パッケージ

パッケージを開けると、説明書や保証書の入った紙のBOXがあり、その下にはカメラ本体が収められています。
ここまで開封すると、やはり高級感をアピールしたものとなっています。
Appleには、ちと叶いませんが・・・。(^^;)

カメラ本体の収納

本体を取り出します。
見た目よりずっしりと重たい本体は、ほぼ全体がアルミでつくられており、がっちりとした剛性が感じられます。
PowerShot S100との重量差(バッテリー、メモリカード装着時)は約42gですが、持った感じではそれ以上に感じられるのはグリップの関係もあるでしょうか。
片手でホールドしたときの持ちやすさは、全面がツルンとしているRX100よりも指かかりのよいS100の方が数段上です。

SONY Cyber-shot DSC-RX100本体

本体前面から見ると、ソリッドな感じのデザインは秀逸です(持ちやすさとのトレードオフですが)。
少なくとも、私好みではありました。
コントロールリングがつけられていることでより強調されているレンズ部の口径はさすがの迫力です。

賛否両論ある“ZEISS”のブルーラベルはシールになっており、簡単に剥がせます。
私的には、大きく“F1.8”と刻まれているXZ-1よりはよいかなと思いました。

次に、本体背面と上面を見てみます。

DSC-RX100本体背面

この写真を撮った時点では、購入時に貼られている液晶保護カバーを外していません。
本体背面の雰囲気やボタンレイアウトは、PowerShot S100にそっくりです。
このサイズで操作性を追求すると、似たようなデザインになるのかもしれません。
よく言えば、違和感なく操作することができます。

なお、コントロールホイールの左右とセンターボタンには、ユーザーが任意の(選択肢はカメラが用意)機能を割り当てることも可能です。
私はこのカメラで連写を使うことは少ないので、左をAEロックに割り当てました。

モードダイヤルには適度な(かなりの)重さがあり、ストッパー機能はないものの誤って回ってしまうことはなさそうです。
反面、シャッターボタンはかなり軽く、半押し時のクリック感もないため、押し込むつもりがなくてもシャッターが切れてしまうことが間々ありました。
このあたりは、慣れが必要でしょう。

内臓フラッシュは、S100同様、使用時には自動でポップアップする仕様です(収納は手動)。
この収納、最後にはかなり力強く押し込む必要があり、ちょっと不安になります。

本体以外の同梱物は、バッテリー、充電用ACアダプター・マイクロUSBケーブル、リストストラップ、ショルダーストラップアダプターなどです。
RX100のバッテリーの充電は、バッテリーを本体にセットし、充電用のACアダプターもしくはパソコンなどのUSB端子からマイクロUSBケーブルを本体に接続して行います(XZ-1も同様)。
この方式は、パソコンなどから充電できるメリットがありますが、本体がないとバッテリーの充電ができないというデメリットもあります。
なお、バッテリーを単体で充電できる充電器も発売予定となっています。

バッテリーと充電用具

充電中

バッテリーの充電を行い、撮影に出ます。

まず、直感的に得た使い勝手です。
おもに、これまで使用しているPowerShot S100を意識しての感想となります。

電源をONにすると、レンズが繰り出しますが、繰り出し量はS100より大きくなります。
また、最初にレンズカバーが開いた直後、コトンという軽いショックが手に伝わります。
S100ではほとんど感じませんでしたが、XZ-1では感じたものです。
ただし、店頭で触ったものでも、個体により大きさに差異があった気がします。

撮影自体は、PモードもしくはAモード(絞り優先)での使用が多くなります。
当初、レンズ周囲のコントロールリングには、よく変更するホワイトバランスを割り当て、Aモードでの絞り変更は背面のコントロールホイールで行っていました。
しかしこの設定で手持ち撮影をする場合、同じシーンで絞りを変えて撮る際、若干カメラを持ち替える必要があったため、コントロールリングはすぐにスタンダードの設定に戻しました。

後で知ったのですが、コントロールリングの機能は、背面のファンクションボタンとの組み合わせで最大7つまで適宜切り替えることができます。
ファンクションボタンに、先のホワイトバランスを含めよく使う機能を登録し、コントロールリングと組み合わせることで、使い勝手はグンとアップしました。

コントロールリングはS100のようにクリック感があるものと異なり、ある程度のトルクで滑らかに動くものです。
この動きに関しても好みが分かれるところでしょうが、動画撮影時に操作しても音が入らないのはメリットです。
動画機能自体は私はほとんど使用しませんが、AVCHD 1920×1080 60pでの動画記録ができるのも一つの売りです。

ざっと使用してみて、やはり一番気になるのは、最短撮影距離です。
飲食店で料理を撮影するときなど、広角端であれば5cmまで寄れるので全く問題ありません。
ただし、そこまで寄ると照明の関係で手やカメラの影が落ちてしまう場合、ちょっと離れてズームで狙いたくなります。
そこでズームをすると、突然最短撮影距離がグンと伸びるのです。
このカメラの望遠端での最短撮影距離は、約55cmとなりますが、割と早い段階でそれに近い数字になってしまう印象でした。
そうした場合、かなりのけぞって距離を取り、さらにそれに応じたズーミングをする必要があります。
当然、開放F値も大きくなりますので、今度は手ブレなどが不安になります。
ここは、現時点で感じている一番のネックでしょうか。
もちろん、そうしたシーンで撮影をしない人に取っては何の問題にもなりません。

また、背面液晶モニタは明るく鮮明で、日中の撮影でもそれほど不安はありません。
3分割線を表示することもできますので、構図確認などにはとても便利です。
ただし、表示する情報の種類によっては、画面を大きく塞ぐため、私は最もシンプルな表示にしています。
同様の理由で、電子水準器も表示はしていません。

実際に撮影した画像をいくつか見ながら、さらに書いていきます。

DSC-RX100でのファーストショットは、下の写真でした。
夕暮れ迫る健康ランドへと歩く途中、Pモードでシャッターを押したのみの写真です。
リサイズ以外のレタッチはなし、JPEG撮って出しでした。

ファーストショット

このカメラを使用した感想で、空の階調表現が弱いというものが散見されますが、比較対象のカメラにもよるでしょう。
少なくともPowerShot S100と比較してみると、劣ると言うことはなさそうです。
1インチサイズセンサーとは言え、2000万画素を載せているということから、もう少し多くを期待しているのかもしれません。

上の写真から、等倍で切り出したのが下の画像です。

等倍切り出し

私はこのカメラで撮影した写真を大きくプリントするつもりはありません。
したがって画面上で等倍観賞することにもそれほど意味を見出しません。
が、ピントチェックやレタッチの際など、拡大して見た時にがっかりするのはいただけないことも事実です。
そうした意味では、薄暗い中これだけ描写してくれれば充分でしょう。

さらに、風景を撮影してみます。
この写真も、気軽にシャッターを押しただけのものです。

朝霧高原の風景

モードはPで、露出補正はかけずに撮っています。
他の写真もそうですが、全体的に白トビを嫌ってか、落とし気味に写す傾向があるようです。
もっとも、この時は空の雲を飛ばしたくなかったので、空に向けてAEロックをし、撮影しています。
そのため、際立った結果となっています。
ちなみに、絞りはF5.6、シャッター速度は1/640秒でした。

上の写真を、Adobe Photoshop Elementsを使用してレタッチしてみました。
コントラストを調整し、シャドウを持ち上げてあります。

朝霧高原の風景

比較的、見た目に近い印象になったと思います。
JPEGで撮影しても、レタッチ耐性はまずまずだとは感じます。
しかし、APS-CサイズセンサーのNEX-5Nや他のデジタル一眼レフと比較すると、調整幅は大きくありません。
ここ一番ではRAW撮影することも必要かもしれません。

ちなみに、上の写真撮影時に、空の雲にピントを合わせようとしてもAFは合焦してくれません。
これは、PowerShot S100でも同様で、ちょっと期待していただけに残念でした。
この点では、GR DIGITAL Ⅲの方が優秀です。

次に、絞りを変えて撮ってみます。

F1.8にて撮影

F5.6にて撮影

上の写真は絞り開放のF1.8にて撮影したものです。
そして、下の写真はF5.6まで絞ったものです。
手持ち撮影なので、微妙に構図が異なっているのは、ご容赦ください。

絞りを変えることで、明らかに被写界深度が変化し、写真の雰囲気も変わります。
ポケットに入るサイズのカメラで、これだけの表現ができるのはさすがに大きなサイズのセンサーと開放F1.8のレンズですね。

ただし、店頭で触った時に感じたほどではないにせよ、ボケ味はちょっと雑な感じがします。
これは、期待が大きすぎるせいかもしれません。
デジタル一眼レフ+マクロレンズとは違うのです。
あくまでもコンパクトデジカメなんだと言うことは認識しなければならないでしょう。
むしろ、それを忘れてしまうくらい、表現の幅は広いということです。

次に、最大7.2倍の全画素超解像ズームを試してみます。
これは、通常のデジタルズームと異なり、記録画素数を落とすことなくズーミングするものです。

光学ズーム望遠端

全画素超解像ズーム

このカメラの望遠端(光学ズーム)は37.1mm(35mm判換算100mm、アスペクト比3:2時)です。
上の写真は、その望遠端で撮影したものです。

そして、下の写真は光学ズーム望遠端からさらにズームし、全画素超解像ズームの望遠端である換算200mm相当で撮影したものです。
少なくとも、こうしてリサイズして画面上で見る分には全く気付かないくらいで、通常の撮影であれば問題なく使用できるでしょう。

参考までに、全画素超解像ズームで撮影した写真から等倍で切り出したのが下の写真です。

全画素超解像ズームからの切り出し

評価はご覧になった方にお任せ致しますが、やはり充分に実用できる(少なくともスナップに関しては)印象です。
私は全画素超解像ズームをオンにして使用することにしました(デジタルズームはオフ)。

今度は、室内で食べ物を撮影します。

食べ物の撮影

食べ物の撮影

食べ物の撮影

いずれの写真も、Pモードで撮影、露出補正はかけていませんが、明るさ、コントラスト等多少レタッチしてあります。
全て広角端(35mm判換算28mm)で撮影しました。
中途半端にズーミングすると、最短撮影距離が長くなり、被写体に近づけないからです。
上にも書いたとおり、この点は私が感じる一番のネックです。

とは言え、ホワイトバランスオートで撮った時の色合いも比較的自然で、安心して撮ることができます。
光を遮る状況でなければ、被写体に近づけるため、広角端での最短撮影距離5cmが活きてきます。
ただし、あらゆる条件下で食べ物を撮ると言う目的なら、PowerShot S100の方が使いやすいかもしれません。

最後は、暗めの室内です。
夕方でまだ外は明るいですが、室内は薄暗い状況です。
そんな中でも、被写体ブレにさえ気をつければ、ノイズの少ない綺麗な写真が撮れました。

室内での撮影

室内での撮影

いずれの写真も、手持ち夜景や人物ブレ軽減などのモードは使用していません。
ISOはオートですが、上の写真が400、下の写真も320です。
上の写真は外からの自然光とろうそくの灯り、下の写真は同じく自然光とLED電球(電球色)とのミックス光です。
そんな中でも、オートホワイトバランス(AWB)で大きな破たんなく写せるのは、スナップ機としても魅力的です。

以上、通常の撮影シーンを一通り試してみました。
このカメラはNEX-5N同様、様々な撮影効果を生み出す撮影モードやピクチャーエフェクトなどが搭載されています。
特に、スイングパノラマは秀逸で、広大な風景を撮影するときなどにも重宝します。

全体的な印象は、普段持ち歩くカメラとしては必要十分ということです。
ポケットに入るサイズながら、自分の狙った表現での撮影が可能となるでしょう。
確かに、PowerShot S100やXZ-1、GR DIGITALなどと比べて別格と言うほどではありません。
それぞれに得手、不得手がありますが、特に暗所での撮影に関しては秀でている印象があります。

また、あくまでもポケットサイズのカメラをということでなければ、NEX-5Nのレンズキットを購入した方が表現の幅は広がるかもしれません(2012年6月現在価格帯はほぼ一緒)。
パッと見、撮影した画像にそれほど差異はないようにも見えますが、JPEGをレタッチをしようとすると、やはりセンサーサイズのせいか(NEX-5NはAPS-Cサイズ)余裕が一段異なります。
加えて、ホットシュー等も装備されていないため、拡張性に関しては期待できないことも認識しておく必要があります。

ポケットサイズで、レンズキャップ等も必要なく、気軽に撮りつつも場合によっては積極的に自分の表現をできる。
そんなコンパクトデジカメが欲しい方には、充分に選択肢となりうるカメラだと思います。
ただし、価格的にミラーレス一眼、デジタル一眼レフのレンズキットも比較対象になる状況(2012年6月現在)では、大いに悩む選択でしょう。
その悩みも楽しみと考えていきたいですね。(^^)

これだけですと作例にも乏しいので、今後もRX100にて撮った写真を掲載していきます。
ひとまず、富士山本宮浅間大社で撮影した作例を、別途UPしました。


【2012年8月31日 追記】

レビューでも書いた通り、重さがある割にはグリップ感がなく滑りやすいRX100。
気をつけてはいたのですが、購入後一ヶ月ちょっとで手を滑らせ、コンクリートの駐車場床に落としてしまいました。
幸いにして、液晶は無事、ボディのケース(前後)に傷がついた程度でした。

機能的にも全く問題なく思われたのでそのまま使っていましたが、思い入れのある機種だけに、やはり傷が気になります。
そこで、購入したカメラのキタムラ経由で、修理に出しました。

結果、ケース交換(前後)とレンズユニットの交換(動作に問題があったようです)で、価格は18,000円程度。
期間は、見積もり合わせ2週間ちょっとでした。
すっかり元通りになり、保障もメーカー保証が継続されます。

皆さまも充分ご注意ください。(^^;)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »