« DSC-RX100 on 富士山本宮浅間大社(前編) | トップページ | 自家製トマトとモッツァレラ »

DSC-RX100 on 富士山本宮浅間大社(後編)

湧玉池の光景

SONYのCyber-shot DSC-RX100レビューで撮影した富士山本宮浅間大社、後編です(前編は昨日の記事をご参照ください)。

写真は全てDSC-RX100にて撮影。
記録はJPEG、ホワイトバランスはAWBです。
写真によっては、Adobe PhotoShop Elementsにてコントラスト、レベルを調整、トリミングや回転(水平出し)を行っているものもございますので、ご了承ください。
ただし、レタッチは最低限にとどめています。

手水盤
拝殿脇の門をくぐり湧玉池へと出ると、小さな手水盤があります。
何気なくシャッターを切りましたが、濡れた石の感じをよく表現してくれました。

水汲み場
市内を流れる神田川源流ともなる湧玉池の湧水。
水汲み場はひっそりと静まり、水音だけが小さく響いていました。
かなり薄暗いシチュエーションでしたが、不安感なく撮影できるのは暗所性能のおかげです。
F2.8、1/40秒にて撮影。

おしどり(カモだけど)夫婦
池のほとりにはカモの夫婦でしょうか。
二羽で静かに佇んでいました。
どんよりとした曇り空ですが、色彩をしっかりと写し出してくれました。
トリミングしていますが、色合いはほぼJPEG撮って出しです。

湧玉池の鱒
湧玉池には、地元の名産でもある鱒が泳いでいます。
もともと外来種ではあるものの、いまや浅間大社の光景のひとつとして完全に定着。
中でも、金色に輝く鱒は、水草の緑に映えます。
レベル補正をかけて、水面の反射光を軽減しています。

ふれあい広場の紫陽花
ふれあい広場には、子供たちの声がこだましていました。
そんな広場の片隅に、紫陽花が植えられています。
既に花のピークは過ぎ傷みも目立ちましたが、比較的元気な株を選んで写します。
F3.5、1/100秒での描写です。

軍手
大鳥居の手前まで戻ってくると、そこの車止めの端に、真新しい軍手が被せられていました。
誰かが忘れたのか、はたまた人がぶつかった時の対策か。
そんな光景をピクチャーエフェクトのトイカメラモードで撮影しました。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。


|

« DSC-RX100 on 富士山本宮浅間大社(前編) | トップページ | 自家製トマトとモッツァレラ »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/55109133

この記事へのトラックバック一覧です: DSC-RX100 on 富士山本宮浅間大社(後編):

« DSC-RX100 on 富士山本宮浅間大社(前編) | トップページ | 自家製トマトとモッツァレラ »