« 流れ鮨静岡鳥坂店が5月28日オープン! | トップページ | Canon EOS 5D MarkⅡ »

HUTCHINSON FUSION3 Roadtubeless

ハッチンソン フュージョン3 チューブレス

今回ご紹介するのは、自転車(ロードレーサー)のタイヤです。
自転車のタイヤと一口に言っても、様々な種類のものがあります。

ロードレーサーのタイヤとして古くから親しまれてきたのは、チューブラータイヤ。
これは、チューブを包み込むようにタイヤが覆い、リム面で縫い合わされているタイヤです。
軽量かつしなやかで乗り心地もよい半面、パンクの際にはタイヤごと交換するのが一般的で、コストもかかります。
リムとは接着剤もしくはテープで接着し、利用します。
現在では、カーボン製リムのホイール主体にチューブラーが利用されています。

そして、現在主流となっているのが、WO(クリンチャー)タイヤです。
これは、通常の自転車と同様に、独立したチューブとタイヤで構成されます。
タイヤはワイヤー(ビード)を噛みあわせることによってリムに装着され、その中にチューブが入ります。
タイヤに亀裂が入るようなパンクでない限り、チューブ交換のみで済み、応急処置にはチューブに貼るパッチなども使えます。
以前は重量的にどうしてもハンデを負うことが多かったのですが、近年ではケブラー製のビードを用いるなど、進化して軽くなっています。

最後に、今回導入したチューブレスタイヤです。
これは文字通り、チューブがなく、WO同様リムにビードではめ込まれるタイヤ内に、直に空気を送り込むものです。
当然、チューブレス対応のリムが必要で、タイヤの価格も少々高めではあります。
パンクへの対応は、応急処置用のボンベ(少々のパンクなら塞いでくれる)が一般的ですが、いざとなればWO同様チューブを中に入れてしまうという手もあります。

今回、はじめてチューブレスタイヤの購入に踏み切りました。
私の使用するホイールは、CAMPAGNOLO SHAMAL ULTRA 2-WAY FITというもの。
このホイールはクリンチャーとチューブレス双方が装着できる仕様となっているのです。
これまで私は、使い慣れたWOを使用してきたのですが、やはりモノは使ってみないとわからないということで、タイヤ交換を機にチューブレスを試してみました。

選択したタイヤはフランスHUTCHINSON(ハッチンソン)社のFUSION3 Roadtubeless(フュージョン3 チューブレス)というもの。
FUSION3は、WOタイヤとしても歴史があり、バランスの取れた定評あるモデルです。
同社のタイヤには、さらにドライ性能をUPさせたATOM Roadtubelessもあるのですが、今回は耐久性と走るシチュエーションを考慮し、FUSION3を選択しました。
カラーはブラックを選択、装着は購入したなるしまフレンド立川店でお願いします。

ロングラン参加時の変更だったので、すぐに3日間で450km程走行しました。
走り出してすぐに気付いたのは、乗り味が柔らかいということです。
かつて、チューブラーを使っていた時の乗り味に少し近づいた印象で、路面の細かなざらざらをうまくいなしてくれています。
今回のロングランでは、OGK KABUTOの薄手のグローブ、PRG-2を使用しました。
このグローブを使いはじめた時、WOタイヤでは手にかかるストレスを多少感じたのですが、今回は皆無です。
それだけ、タイヤによるショック吸収がされていたということでしょう。

選択したモデルの性質もあってか、特に軽さは感じませんでしたが、タイヤサイド付近まで変化なく粘ってくれそうなグリップも秀逸。
安心して乗れるタイヤでした。

耐久性に関しては、まだ450km程しか乗っていないので何とも言えません。
しかし、少なくともこの3日間はノーパンクで、エアも追加する必要がありませんでした。
実際にパンクした際の扱いなど、まだ不明な点はありますが、チューブレスという選択、メリットも大きいと感じたファーストインプレッションでした。

|

« 流れ鮨静岡鳥坂店が5月28日オープン! | トップページ | Canon EOS 5D MarkⅡ »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/54787242

この記事へのトラックバック一覧です: HUTCHINSON FUSION3 Roadtubeless:

« 流れ鮨静岡鳥坂店が5月28日オープン! | トップページ | Canon EOS 5D MarkⅡ »