« Canon EOS 5D MarkⅡ | トップページ | 富士山麓のなめらかプリン »

Canon EOS 7D

昨日に続き、デジタル一眼レフカメラです。
これまた、モデルチェンジが噂されているEOS 7D。
購入の経緯などは、昨日の記事(EOS 5D MarkⅡ)をご覧ください。

さて、そんなわけでこれまでのEOS 1D MarkⅢの代わりを担うべくやってきたEOS 7D。
早速パッケージを取り出します。
見事なまでに5D MarkⅡとイメージが統一されています。
EOS 7Dのパッケージ

パッケージ内容に関しても、特筆すべき点はありません。
過不足なく、必要なものが同梱されている印象です。
使用する本体、ストラップ、バッテリーを取り出します。
充電器に関しては、5D MarkⅡと同じものなので、ひとまず撮影後箱に戻しました。

本体を見てみます。
この段階ではバッテリーグリップをつけていないため(後日注文)、大きさ、重さは1D MarkⅢと比較するとどちらもかなり控えめです。
ただし、EOS Kiss X5と比べると大きさはともかく重量はかなり感じます。
明らかに、女性が子供を連れて気軽に持ち歩ける重さではありません。
EOS 7D本体

5D MarkⅡとの外観上の大きな違いは、ストロボを内蔵していることでしょう。
ポップアップ式のストロボは、ガイドナンバー12と小型で強力ではないものの、いざという時には役に立つでしょう。
ただし、私が7DにつけるレンズはEF70-200mm F2.8L IS USMがメインとなりそうなので、あまり活躍の機会はないかもしれません。

本体背面を見ると、以前使っていたEOS 50Dや5D MarkⅡともイメージは統一されています。
本体背面

動画のスタート/ストップボタンが追加されているのは5D MarkⅡとの違いでしょうか。
また、電源スイッチの位置が異なり、5D、Kissと三者三様でちょっと迷います。

バリアングル液晶モニタを搭載したKiss X5と異なり、モニタは固定式です。
この辺りは、好みが分かれるところでしょう。
背面のサブダイヤルにはシルバーのリングがはめ込まれていて、高級感があります。

小さなことですが、もっとも特徴的だったのが、CFカードスロットのカバーです。
このカバーはばねがついており、スライドさせると自分で開きます。
これは、これまで私が使ったEOSでははじめてで、この仕様はなかなかよいと思います。
CFカードスロット

私はなんとなく7Dには、CFとSDHCのデュアルスロットを期待していただけに、CFのみというのはちょっと残念でした。
この辺りは、5D MarkⅢでは実現されていますので、コスト的な問題も大きいのでしょう。

早速、レンズをつけてみます。
上にも書いたように、7Dに期待したのはAF性能と連写機能。
常用するレンズは、EF70-200mm F2.8L IS USMになりそうです。
EF70-200mm F2.8L IS USMをセット

レンズを装着して見ると、明らかに本体とのバランスはよくありません。
単体で持つと重さを感じる7Dですが、このクラスのレンズをつけると、後ろが軽く感じます。
これまで使用してきたEOS 5D(初代)も1D MarkⅢもバッテリーグリップを装着(1Dは最初からその形状)していたことから、それとの比較になってしまうのかもしれません。

数回撮影してみましたが、その違和感は拭えず。
結局、後日バッテリーグリップBG-E7とバッテリーパック LP-E6を追加で注文しました。

バッテリーパックは、上にも書いた通りLP-E6。
これは、5D MarkⅡと共通です。
バッテリーチャージャー LC-E6も共通。
ほぼ自宅でしか充電しないため、共用としました。
バッテリーパックとチャージャー

さて、実際に撮影してみます。
まず、印象的だったのがシャッター音です。
EOSシリーズはモデルによりかなりシャッター音が(感覚も)異なります。
EOS Kiss X5は「シャキィ」という感じの甲高い音。
EOS 5D MarkⅡは「バタン」という感じで、少々ショックも大きい印象です。
EOS 1D MarkⅢは「ジャキ」という感じで、安心感と満足感を与えてくれます。
それらと異なり、EOS7Dは「パタ」という短くくぐもった音でした。

シャッターを切った時のショックはほとんど感じられず、クイックな印象で、さすが連写性能を追求したモデルと言った感も受けます。
ただし、感応的とは言い難く、シャッターを切った時の気分の高揚感は1D系に軍配が上がるでしょう。

まずは、肝心のAF性能、連写性能を試すべく、いくつかの撮影を行ってみました。
が、私は基本的に動きものが苦手・・・。
そこは差し引いてご覧ください。

まずは、新幹線です。
写真は曇りの日、安倍川にかかる鉄橋付近にて撮影したものです。
EOS 7Dでの撮影

ひとまず、カメラは三脚に固定し、ピントは固定(AFをワンショットに設定)してドライブモードを高速連続撮影にセットします。
やってきた新幹線にシャッターを切ると、小気味よく連写されます。
この時には、例のシャッター音がスピード感をアップさせ、精神的な支えになってくれました。
問題となる連続撮影可能枚数は、RAW+JPEG(ラージ/ファイン)にすると6枚と少々心許ない数字となりますが、私のようにJPEGのみで撮影する場合には、事実上心配することない(通常のCFカードでも94枚)枚数の撮影が可能です。

画質に関しては、やや白飛びしやすい傾向が見られましたが、これはEOS 5D MarkⅡ同様に画像処理の問題と考えられます。
心配であれば、-1/3~-2/3段ほど露出補正をかけたり、RAW、JPEG撮影した画像をコンピュータ上で処理することにより解決できるでしょう。
一見飛んでいるように見える白に関しても、情報はしっかりと残っていることが多く、画像処理によりハイライトを少し落としてみると復活します。

もう一枚は、手持ちでの撮影をしてみました。
絞り、シャッター速度を確認した上で、あえてAFはワンショットにて撮影します。
こちらも被写体をきっちりと捉え、ディテールをしっかりと描画してくれています。
もちろん、レンズのおかげも大きいのでしょうが、やはりボディとレンズの相性はよいようです。
手持ちでの撮影

最高8コマ/秒の連写速度をさらに試す題材として、伊東市宇佐美の海岸にて、サーフィンの撮影を行いました。
当日は波がそこそこ高く、海にはたくさんのサーファーが集っています。
AIサーボAFにセットし、シャッターを高速連続撮影に。
あとは、サーファーに狙いを定め、シャッターボタンを押すだけです。
画像サイズはJPEG/ラージ/ファイン、明るさもあったため、連写に不安感は全くありません。
サーフシーン

サーフシーン

サーフシーン

上の写真たちは、コントラストを多少調整。
その後、トリミングしてあります。
約1010万画素のEOS 1D MarkⅢと比較し、約1800万画素という画素数から、トリミングへの耐性は高くなっています。
また、今回は前を横切るものがなく、フレーム中央付近で被写体を追い続けたこともあり、AIサーボAFの追従性もよく、ピンを外しているショットは皆無でした。
動きものの撮影に対しても、実に頼もしく感じました。

次に、望遠端をさらに伸ばすべく、レンズ(EF70-200mm F2.8L IS USM)にEXTENDER EF2X Ⅲをセットします。
今回、ボディをEOS 7Dに買い替えた一つの目的は、これ。
レンズの望遠端を伸ばしたい時に、APS-Cセンサーの特性(35mm判換算で焦点距離1.6倍となる)を活用できることもありました。
この状態での焦点距離は224-640mmとなります。

マスターレンズの特性やEXTENDERの影響により、特に絞り解放付近での描画は甘くなりがちとの評価もあり、実際にその傾向も見えました。
そこで、F8程度まで絞っての撮影を心がけます。
風景撮影であれば、これでほぼ問題ありません。
雲の中から顔を覗かせる富士山の山肌を狙ってみました。
EXTENDER EF2X Ⅲをつけての撮影

雲の白やグレーの中に、山肌の赤茶色や雪渓の白(また別の白ですね)が映えます。
よく見ると、山肌に貼りつくように生えている植物も映し出されているのがわかります。
定評あるAPS-Cセンサーの1,800万画素には、改めて感心しました。

次の写真は、東名高速由比P.A.(下り)から撮影した富士山です。
実際には小さく見える富士山ですが、やはり640mmの威力は抜群です。
さすがのEOS 7Dでも、EXTENDERをつけた状態でのAFは、さすがに爆速というわけにはいきません。
それでも、スッと合うフォーカスは、少なくとも静物や風景を撮る以上問題にはならないでしょう。
由比P.A.からの富士山

最後に、動きの予測できないものの撮影にチャレンジしてみました。
これは、さすがに、厳しい結果となります。
が、決してカメラが悪いわけではないと思います。
私の腕が、完全に動きものに対応しておらず、カメラの性能を活かしきれていないのでしょう。
ひとまず、ピントは甘めですが、スズメの撮影で練習した結果です。
スズメの撮影

ここまで撮影していて、ベース部分は似通っていながらも、やはりEOS 5D MarkⅡとは別物のカメラだと認識できました。
もちろん、センサーサイズや連写性能の違いは承知していましたが、JPEGでの画づくりに関しても明らかに異なります。
EOS 5D MarkⅡと比較すると、JPEGでのコントラストは抑え気味の感があり、撮影したままでもそれほど違和感がないという感じです。
コントラストは抑え目か

上の写真はJPEG撮影した画像をリサイズしたのものものです。
曇り空ではありましたが陽射しはあり、空と建物の明暗差はもっときつく出てもよさそうな場面です(少なくともEOS 5D MarkⅡでは)。
しかし、ジグザグになっている屋根の下側が極端に落ち込むこともなく、全体的に平易な描画となっています。
これは、実際の見た目に近いわけですが、賛否あるでしょう。
私としては、撮影枚数が多くなりがちなこのカメラの場合、よい味付けだと感じました。

そうこうしているうちに、注文しておいたバッテリーグリップとバッテリーパックが届きました。
さっそく、EOS 7Dにセットします。
やはり、望遠系のズームレンズをセットする場合には、これをつけた方がしっくりくるようです。
賛否両論ある形状に関しては、私は違和感なく受け入れられました。
バッテリーグリップBG-E7

バッテリーグリップBG-E7をセット

前回のEOS 5D MarkⅡ同様、こちらもまだ使いはじめたばかりです。
また、本来の目的である子供の行事にも持ち出していません。
あくまでもファーストインプレッションとなりますが、ご容赦ください。

EOS 7Dは当初思ったよりもしっかりとしたつくりのカメラです。
デュアルDIGIC4による高速画像処理、それに伴う最大8コマ/秒の高速連写など、言葉で見るとスッと受け止められてしまう謳い文句ですが、それらがしっかりと機能する安心感があります。
これまでEOSを使い続けてきた私にとっては違和感なく融け込め(電源スイッチの位置以外)、現在の価格(2012年6月時点でボディ95,000円程度)であれば充分にお買い得と言えるでしょう。
ニューモデルの動向も気になりますが、こちらもまだしばらくは充分現役でいけそうです。

また、追記できる使い方をしましたら、ご報告致します。

|

« Canon EOS 5D MarkⅡ | トップページ | 富士山麓のなめらかプリン »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/54932805

この記事へのトラックバック一覧です: Canon EOS 7D:

« Canon EOS 5D MarkⅡ | トップページ | 富士山麓のなめらかプリン »