« Karcher(ケルヒャー) K4.00 | トップページ | 豪快こぼし太郎 »

OLYMPUS XZ-1

それは、ひょんな出会いからでした。
この春発売されたOLYMPUS(オリンパス)のPEN Lite E-PL2が気になり、行きつけのカメラ屋さんに見に行った時のことです。
肝心のE-PL2は少々価格も高く(ダブルズームキットを希望のため)、また在庫もありませんでした。

ふと見ると、同じくオリンパスのコンパクトデジカメ、XZ-1が展示されています。
このカメラは先のE-PL2、FUJIFILMのFinePix X100と並び、この春発売モデルとしては気になるものでした。

その特徴は、いくつかあります。

まず最初は、35mm版換算で28-112mmのズームレンズながら、開放F値が1.8~2.5と全域に渡って明るいi.ZUIKO DIGITALレンズを搭載していることです。
広角端のF値が明るいレンズを搭載したコンパクトデジカメはいくつか発売されていますが、望遠端(112mm相当)でもF2.5というのは他に類を見ない性能です。

また、イメージセンサーは1/1.63型CCDで、これは他社のハイエンドコンパクトデジカメと同様ですが、オリンパスとしては初めてのサイズです。
これに、PENシリーズなどで実績のある画像処理エンジン「TruePic V」を搭載し、解像感が良好でノイズの少ない画像をつくり出すとの売りでした。

そうした基本性能は承知していたわけですが、これまで今ひとつ興味を持てずにいたことは事実です。
それはなぜでしょう?
私にもよくわかりませんが、今ひとつ華がなかった(デザインも含め)事や、オリンパスを買うならPENシリーズという観念があったからかもしれません。

ところが、実機を触ってみて、また撮影をしてみて、とても使いやすそうだと言うことに気づきました。
気がつくと、自宅からいくつかの下取り用カメラを持ち出し、再度お店にいました。

自宅に帰り、早速パッケージを取りだします。
初回ロット限定なのか?ZUIKOの文字の入ったレンズクロスが入れられていました。
パッケージ記載のスペック、1,000万画素、光学4倍ズームは至って平凡な数値。
F1.8の開放F値だけが、やはり目を引きます。
XZ-1パッケージ

本体を取りだします。
サイズは、ちょっと微妙な大きさ。
PanasonicのDMC-LX3とほぼ同じくらいのサイズです。
比較的スクエアな本体ですが、レンズ部分とホットシュー部分が飛び出していて、ケースなどにはちょっと入れにくい印象でした。
このくらいのサイズのカメラは、ケースやポケットに入れていくのか、ストラップで肩から掛けるのか、ちょっと悩みますね。
XZ-1本体 XZ-1本体(電源ON)

また、レンズカバーはキャップ式です。
レンズ保護フィルターを装着できないため、普段の持ち歩きにはこのキャップをすることが多いでしょう。
キャップは軽くはまるため、外し忘れて電源をONにすると繰り出したレンズに弾き飛ばされます。
私は手持ちのカメラで初めて、レンズキャップ用ひもを装着しました。

本体に、ボディサイズの割には小ぶりに見えるバッテリーと、SDメモリーカード(SDHC、SDXC可)をセットします。
XZ-1のバッテリー充電は、バッテリーチャージャーではなく、USB端子から電源を取ってコネクタ接続により行います。
付属のUSB-ACアダプターによって家庭用100Vコンセントからの充電が可能なほか、パソコンなどのUSB端子からも充電可能です。
この方式のカメラもいくつかあるそうですが、私の手持ちでは初めてのケースでした。
充電の度にバッテリーを取りださなくてよい反面、毎回カメラ本体をケーブルのところまで持っていかねばならないため、この点は賛否両論あるでしょう。
ちなみに、別売りアクセサリーで、リチウムイオン充電器が用意されています。
充電用機材

背面ディスプレイは3.0型。
液晶ではなく、約61万ドットの有機ELディスプレイです。
見た目の発色や解像感に特に違和感はなく、柔らかくよい表現だとは思いますが、よく晴れた日中昼間など、シチュエーションによってはほとんど見えなくなってしまうこともありました。
そんなシーンでも確実に撮りたい場合には、電子ビューファインダー(VF-2)を別途購入した方がよいかもしれません。
背面ディスプレイは有機EL

カメラを持ち出して、数日間撮ってみました。
まずは、全体的な印象です。

カメラとしての基本性能、特にレンズや撮影画像には大きな不満はありません。
特に、F1.8-2.5のレンズの明るさは圧倒的。
基本的に開放からシャープでしっかりと使えるので、よほどの暗さであったり、動きを止めるなどの用途以外にはフラッシュを使用せずに撮れます。

レンズ根元のコントロールリングは、Canon PowerShot S95などに備えられているものと同様のものですが、撮影モードによってその機能が変わり、便利だと感じました。
これも含め操作性は悪くなく、比較的扱いやすいと感じました。
ひとつ、モードダイヤルに関してはロックがなく、知らず知らずのうちに回転してしまうことがありました。
ケースやポケットへの格納時、取り出し時などに変わってしまうので、撮影前にはチェックが必要です。
ここは、ロック機構があるとよいと感じました。

ソフト的な面で見ると、不満点も少なくありません。

まず、SONYのNEX-5同様、独立してAEロックができない(AF・AEのロックは同時)のは大きな不満です。
輝度差の大きい構図など、スポット測光でAEロックができると、とっさの撮影時の成功率がアップします。
ここは、ファームウェアのアップデートなどで対応可能であれば、ぜひ検討願いたい点です。

また、ISOオート時の上限が設定できず、しかもその上限は200らしい(暗い室内でも200までしか上がりません)というのには面喰いました。
ISOをそれ以上に上げたければ、マニュアルで設定し直す必要があります。
ただし、ISO200でも暗部にカラーノイズが乗りやすい場面も見受けられましたので、高感度で撮るというより、明るいレンズを活かして撮るといった方向性がベターかもしれません。

いろいろ書きましたが、その写りはやはりコンパクトデジカメとしては高い域に達していると思います。
コントラストが低い場面でも階調表現をよく残し、逆に明暗差が大きい場面でも双方をよく取り持ってくれます。
下の二枚は、いずれもPモード、ISOオート、ホワイトバランスオートでの撮影ですが、どちらもコンパクトデジカメにしては豊かな階調表現をしてくれていると感じます。

ただし、上にも書いた通り、暗部のカラーノイズに関しては多少出やすい傾向にあります。
が、逆にそれによってコンパクトデジカメだったんだと再認識するくらい、私にとっては好感のもてる画でした。

なお、以下の画像はいずれもJPEGで撮ってリサイズをしたのみの画像です。
明暗差の大きな場面 明暗差の小さな場面

また、逆光への耐性も悪くはありません。
さすがに、単焦点のGR DIGITAL Ⅲと比較するとややそちらに譲りますが、フレアやゴーストの出方は素直で、大きな不満にはなりませんでした。
逆光時のAE性能やシャドー部の描写も好感が持てます。
逆光のシーン 逆光のシーン

室内での静物撮影時には、F1.8のレンズ性能が活かされます。
今回撮影していて、料理撮影に際しての印象がとてもよく感じました。
もちろん、フラッシュの必要性はありませんし、いずれの写真も手持ち撮影です。
普通の店内照明で、料理を美味しそうに撮るには絶好のカメラでしょう。
料理を手持ちで撮る 料理を手持ちで撮る

また、通常のマクロ以上に被写体に寄れる、スーパーマクロも秀逸です。
被写界深度はかなり薄くなるので慣れが必要ですが、有機ELディスプレイはピントの山も掴みやすく、何枚か撮っていれば室内の手持ち撮影でも思ったような写真が撮れるでしょう。
なお、ズームは広角端に固定されるため、被写体にレンズをぶつけないように注意が必要です。
スーパーマクロ

オリンパスカメラの売りのひとつであるアートフィルターに関してもいくつか使ってみました。
私はあまりカメラ内蔵のこうした効果を多用する方ではないのですが、いくつかの効果はとても面白いですね。
画像処理ソフトを使って加工するような表現が、撮影時にできてしまうというのは新鮮な体験です。
ただし、モードによっては撮影後の処理時間が多少長くかかったり、背面モニタの表示がカクカクと遅くなったりします。
下の写真は、同じシーンを左が「ジオラマ」、右が「ドラマチックトーン」で撮影したものです。
ジオラマ ドラマチックトーン

以上、明るい屋外から暗い室内まで、明るいレンズと、コンパクトデジカメとしては大きめのセンサーを組み合わせ、幅広いシチュエーションで撮影できるカメラです。
ある意味、あまり期待せずに購入したカメラですが、ちょっと使ってみてその素姓のよさは充分に感じました。
明るいレンズ、大きめのセンサー、優れた画像処理エンジンという基本をしっかりと押さえているからでしょう。

ピント合わせの速度もコンパクトデジカメとしては速い方だと思います。
レリーズタイムラグは標準的、次の撮影までの間隔はモードによっても異なりますが、スポーツ等動きの速いものの撮影でもない限り特に不満はないでしょう。

望遠端が112mmでよければ(4倍ズームで充分ならば)、旅行などはこれ一台でまかなえます。
ただし、バッテリーに関してはそれほど持ちが良くないため、宿泊の旅行であれば予備バッテリーもしくは充電ケーブルとアダプタを持って行った方が無難です。

また、公式には対応を謳っていないようですが、私の環境ではEye-Fi Connect X2カードによる転送ができました。
iPad、iPod touchへの撮影画像の転送もできました(ShutterSnitch使用)ので、旅行などでは重宝すると思います。

こうした点も含め、ミラーレス一眼でもまだちょっと大きい(特にレンズの張り出しが)けれど、写りには妥協したくないという場面で活躍してくれそうです。

今後とも使いこんでいき、また追記できることがあれば記載していきたいと思います。
また、何かご質問等ございましたら、コメントいただければわかる範囲でお応え致します。

【2011年3月3日 追記】
満開のカワヅザクラの花を撮ってみました。
前日から降り続いた雨で、花弁が傷んでいたのが残念ですが・・・。
いずれのの写真もPモード、ISOオート、ホワイトバランスオート、露出補正なしのカメラまかせっきり撮影。
また、画像加工もなし、JPEG撮影したものをリサイズのみです。
なお、右の写真はスーパーマクロにて撮影したものです。
F4.5 1/800秒 ISO-100 F5 1/1000秒 ISO-100 Sマクロ

|

« Karcher(ケルヒャー) K4.00 | トップページ | 豪快こぼし太郎 »

コメント

XZ-1の購入を検討しているので、大変分かり易い使用感を読ましていただきました。ありがとうございます。
現在のコンパクトデジカメ(オリンパスミュウ800)に限界を感じてもう少ししっかりした画像を撮りたいと思っています。現在は庭の花をよくマクロで撮影しています。また近くの河に来る鳥たちを撮影したいと考えています。ズーム性能がもっと欲しく検討範囲を広げているところです。何かお知らせいただければ幸いです。

投稿: 岡 秀憲 | 2012/02/16 15:05

岡さん、こちらこそ、コメントありがとうございます。
現在のカメラを買い換えようとご検討なさっているとのこと、楽しいひと時ですね。(^^)
さて、ご要望の「しっかりした画像」「草花のマクロ撮影」「野鳥のズーム撮影」ですが、すべてを満足させるカメラを選ぶのは難しいですね。
私の拙い知識の範囲内で考えてみます。

まず、予算との兼ね合いになりますが、現在XZ-1の価格は4万円弱です。
この価格帯ですと、コンパクトデジカメからネオ一眼タイプの高倍率ズーム機、価格がこなれたミラーレスの旧機種まで狙えますね。

一台ですべてを賄おうとすると、どうしても悩みが出てきますね。
写りにこだわるのであれば、撮像素子サイズが大きめのものを選ばれるとよいですが、そうするとどうしてもズーム倍率が制限されます。
逆に、ズーム倍率を取ると、撮像素子サイズは1/2型程度になることがほとんどです。
一台で賄う場合には、ミラーレス等のレンズ交換可能なカメラがよいかもしれません。
そうでなければ、目的に合わせてカメラを二台に分けるのもよいですね。

具体的なご提案ができず申し訳ございません。(^_^;)

投稿: あさぎり | 2012/02/16 23:17

Casio EX-FH100 を落として壊してしまったために代替品を探していました。スロー撮影はFH20に任せようと決断したので、用途を趣味の一つであるジャズライブの撮影に絞り、明るいレンズを探してC社S100とかN社P300(310)とかも候補として考えました。勿論、デジ一の広角単焦点F1.7くらいのも考えたのですが、結局このXZ1に決めました。ポイントは広角から望遠まで開放Fが1.8-2.5であるということ。先の他社候補は広角側では十分明るいのですが、室内のライブで少しズームを使ったときにどの程度の割合で暗くなってくるのかが全く不明であり、XZ1に軍配が上がりました。
とは言え、スペック上だけの検討なので実際にライブで撮影してみないと分かりません。期待と不安が入り混じってますが、良い結果を信じて!!

投稿: TODOS | 2012/03/05 16:10

TODOSさん、ありがとうございます。
カメラ選び、あれこれ考えていると、悩ましくもあり、楽しみでもありますね。(^^)
XZ-1は、おっしゃるように全域で明るい開放F値が魅力的ですよね。
このクラスサイズでこのレンズ、ほかにはちょっと見当たりません(広角端だけならありますが)。
実際の撮影、これからなのですね。
楽しみですね。

投稿: あさぎり | 2012/03/05 23:03

ブラジルからです。
もっているコンデジが少々旧型なので、ハイエンドに変えようと思い、色々と調べていました。
最初はキャノンのG12、ついでニコンP7100に興味を持ちましたが、最近になってオリンパスXZ1に強い関心をもつようになりました。
惹かれた理由は、F1.8というレンズの明るさ
とG12やP7100のようにゴチャゴチャと操作の難しそうなダイヤルやボタンが少ない点です(当方はカメラオンチですので…)。
価格コムなどのレビューでもかなり好評というのもXZ1が(現在のところ)優先順位で1位になっている理由です。
残念ながら、ブラジルではカメラの実機に触ったり試し撮りなどをすることはできませんので、レビュー&評価、それに実写画像を参考にするしかありません。
その点で、あさぎり様の今回のレビューはたいへん参考になりました。
ちなみに、あさぎり様はXZ1にはどのようなケースをご使用ですか?

投稿: Loby | 2012/03/08 21:31

Lobyさん、ありがとうございます。
ブラジルと言う遠い地からのコメントに、感激しております。
とは言え、私の周囲にはブラジルの方も数名いらっしゃり、訪れたことはないのですが、なじみはあります。(^^)

さて、XZ-1ですが、やはり明るいレンズが魅力的ですよね。
反面、最近のカメラとしては暗所での性能は突出している訳ではなく、ISO感度なりのノイズは乗ってきます。
それも“味”と捉えられれば、見たままの風景を切り取るカメラとしては秀逸だと思います。

ちなみに、XZ-1はレンズ部分が飛び出しており、ケースに関してはちょっと悩むことも事実です。
私は、以前に買ったLowepro Terraclime 10を使用しています。
カメラ本体にはストラップをつけず、このケースのストラップで肩から提げています。
http://products.lowepro.com/product/Terraclime-10,2112,24.htm

カメラ選びは悩ましくもあり、とても楽しいですよね。
どうぞお楽しみください。(^^)

投稿: あさぎり | 2012/03/09 06:54

Lobyさん、すみません。
サイズを考えると、私のバッグはLowepro Terraclime 10ではなく、Terraclime 30だったと思います。
http://products.lowepro.com/product/Terraclime-30,2113,25.htm

念のため、サイズをご確認ください。
現在手元にないので、申し訳ございません。

投稿: あさぎり | 2012/03/09 07:01

あさぎり様
ご丁寧な回答ありがとうございます。
私が現在もっているのは、2世代ほど前のコンデジですのでXZ1でも十分満足できると思います。
XZ1は少々かさばるサイズのようですので、別途、スリムサイズの廉価コンデジも買おうと思っています(散歩時などにもっていくため)。
ところで、あさぎり様はXZ1に(別売)グリップなどを付けておられますか?
サイトなどの写真などで見た限りでは、あまりグリップ感がよくないように見えますが。

投稿: Loby | 2012/03/09 23:03

Lobyさん、ありがとうございます。

確かに、XZ-1は衝動買いしてしまいましたが、アートフィルターなど含め、長く楽しめるカメラだと思います。
また、ボディは仰るようにちょっと大ぶりで、パナソニックのLX5やシグマDP1/2シリーズなどと同じようなサイズです。

さて、私ですが、グリップ等は特に取り付けていません。
ただし、カメラ店の中古でグリップがついているものを見た時には、これは安定感が増しそうだと感じました。
仰る通り、バッグやウェアのポケットから取り出す時には、ちょっと不安を感じます。
ストラップをつけないなら、グリップをつけた方が安心でしょう。

もうひとつ、キャップはオートのものを装着するのもよいかもしれません。
標準のキャップは取り外し式で、しかもはめが軽いので、電源ONでレンズに押され、吹っ飛びます。
私はストラップで繋いでいますが、キャップのまま電源を入れるとレンズ先端中央にキャップ裏のポッチのマークが薄っすら付きます(傷ではないですが)。
ただし、純正の自動キャップをつけると、格納時のサイズが多少大きく(前に張り出す)ので、注意が必要です。
私はその点と価格面で、今のところ自動キャップはつけていませんが、いずれは購入するつもりです。

グリップとキャップ、それにEVF(これも高価)があるとXZ-1をフルに楽しめるかもしれませんね。(^^)

投稿: あさぎり | 2012/03/10 06:44

あさぎり様、重ねがさねご丁寧な回答ありがとうございます。
やはりグリップはあった方がホールド感が増していいようですね。
キャップはそれほど気にしてはいませんでしたが、電源ON時にキャップつけたままだとキャップ裏のポッチのマークがレンズにつくことは知りませんでした。
たしかXZ1はレンズプロテクト用のフィルターがつけれないはずですので、いくら傷がつかないといってもやはり気になりますね。アドバイスにしたがって自動キャップを購入することを検討します(純正部品でないものがあればいいのですが...)
 どうも有難うございました。

投稿: Loby | 2012/03/14 21:58

Lobyさん、こちらこそ、ご丁寧なお返事ありがとうございます。
キャップは、ぜひご検討ください。
機種選定、購入、撮影と、楽しみが続きますね。
ぜひ、作品のUPをお願いいたします。
楽しみにしております。(^^)

投稿: あさぎり | 2012/03/15 07:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/50994234

この記事へのトラックバック一覧です: OLYMPUS XZ-1:

« Karcher(ケルヒャー) K4.00 | トップページ | 豪快こぼし太郎 »