2017年静岡の桜

由比の桜

由比の桜

今年(2017年)の静岡県中東部の春はいつもと異なる雰囲気でした。
例年であれば本州で一二を争って花開く桜(ソメイヨシノ)が、いつまで経っても咲かないのです。

自身がバタバタしていたこともあり、開花宣言も見逃し、いつの間にやら首都圏の桜が散りはじめようと言う頃になって、ようやく桜を意識しました。
春が遅い影響は桜の開花のみならず、3月にはじまった桜えび春漁も、数回出た後長期休漁になるなど、どうも全体的に遅れ気味。
早目に咲いた河津桜から大分間を置いての本格的な春となりました。

今年も移動中の「ついで」写真でそんな桜の光景をお届けします。
今回の写真はすべて、Canon EOS 5D Mark ⅢEF50mm F1.8 STMにて撮影。
安価に購入できるレンズですが、そこは単焦点の描写、お勧めです。

上の二枚は静岡市清水区由比での撮影。
特に桜の名所と言うわけではありませんが、由比川沿いの桜、そして旧宿場町の桜は趣があります。

そして、下の三枚はここ最近特に人気のある富士市の龍厳淵(りゅうがんふち)での撮影です。
護岸工事のためか、以前はあった河原が削り取られ、撮影の自由度はやや狭まっていました。
ふらっと立ち寄った私は三脚も持たず、もちろん川に入る準備もしていません。
それでも、夕方になって顔を出してくれた富士山と夕日に染まる桜が撮れました。

龍厳淵の桜

龍厳淵の桜

龍厳淵の桜

平野部の桜は今がまさに満開。
やや葉が出はじめていますが、この週末は好天になり、行楽日和でしょう。
週明けの雨で散ってしまう前に、是非お越しください。

なお、これから桜はどんどん標高をあげて咲きはじめます。
田貫湖の桜も、14日現在「つぼみふくらむ」状態のようです。
朝霧高原の桜も、チャンスがあればお届けしたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本栖みちチャレンジサイクリング(後編)

3月19日(日)に、トキちゃん、ビビさん、デローザさんと走ったサイクリング後編です。

道の駅しもべで補給、休憩を済ませた四人。
さて、いよいよここからは本栖みちの上りが本格化します。
ビビさんはここまで問題なく走ってきていますが、前日下見をした本栖みちの厳しさは覚悟しています。
それでも前に進むという英断を下したビビさんに感謝します。

本栖みちは最後の3~4kmが一番厳しいのですが、それまでの斜度も決して楽ではありません。
10%超の斜度が続くことはありませんが、ペースを誤れば命取りになるコース。
春を愛でながら、ゆったりペースで進みます。

春を愛でながら

それにしても暖かなこの日。
最高気温は20℃近くになっていたでしょうか。
坂を上っていると、半袖でもよかったかと言う程の陽気です。

ちなみに、この日撮影に使っているカメラはトキちゃんと私がCanon PowerShot G9 Xで、デローザさんがCanon PowerShot G7 Xと奇しくも同類の機種です。

どこまでも延々と続くのではと思う上り。
直線基調だった道はやがてつづら折れにと変わります。
そのポイントで撮影すると声をかけ加速し、雄姿を記録に残しました。

本栖みちを上る一行

本栖みちを上る一行

この辺りから、時折眼前遥か上にガードレールが横切るのが見えます。
なるべく見ないようにしようと思いますが、視線はついついそこに。
ビビさんの心が折れないようにと願いますが、本人は至って順調な様子。
時折会話も楽しみながらのペダリングに安心しました。

やがて、これまで上ってきた道が見えるポイントに。
ひとまずここで自転車を降り、記念撮影します。
ビビさん、余裕です!

余裕のビビさん

再スタート。
相変わらず上りは続きます。
休憩直後、トキちゃんが前から一行を撮影してくれました。

本栖みちを上る一行

そして、道はいよいよ佳境に。
斜度の緩い部分が次第になくなっていきます。
そして、眼前には相変わらずの光景が。
あそこまでは(少なくとも)上るのかとの覚悟が必要になります。

本栖みちを上る一行

本栖みちを上る一行

しかし大丈夫、ビビさんの心は折れていません。
そして、私の脚もひとまず攣る兆候はありませんでした。

そこで、後半の撮影ポイントへ加速。
しかし、加速のタイミングが遅すぎたのか、加速したペースが遅すぎたのか、はたまたその両方か、期待した光景を撮ることはできませんでした。

ここの道を上る光景を撮りたかったのですが

本来であれば上の写真左側に見えるカーブを走る三人を撮りたかったのです(イメージはツールやジロ)。
しかし、時すでに遅し、三人は奥のカーブの先へと進んでいました。

本栖みちを上る一行

その三人が私の場所へ到着。
ここからの光景を皆で楽しんだ後、再び全員揃って自転車に跨ります。

さて、ここまでくれば本栖湖へのトンネルまであと2km程。
しかし、最後の3km程がきついのは前述の通りです。
やがて、ビビさんが脚に違和感を感じ、休憩を取ることにします。

休憩

ここまでこれだけ頑張ったのですから、当然です。
私も一旦その場所に止まりましたが、すぐにスタート。
トンネルまでの正確な距離を測りに行こうと考えました。

思ったよりも長いトンネルまでの道のり。
ビビさんに申し訳なかったかとの思いを浮かべながら走ります。
そして、トンネル前で距離をリセットし、折り返します。

すると、800m程下ったところで三人に出会います。
それほど休まずに再スタートを切った模様。
この様子なら大丈夫でしょう。

再びUターンして残りの距離を告げ、ゴール写真を撮るために再度先行します。
トンネル前にて待機。
まずはデローザさん、そしてトキちゃん、ビビさんも到着です!

本栖みちゴール!

本栖みちゴール!

もちろんトキちゃんのアシストもありましたが、ビビさんの健闘はさすが!
心よりお疲れさまと言いたい気分です。

そして、トンネルを抜ければ、そこは本栖湖。
雲がかかりながらもその存在がわかる富士山が出迎えてくれました。

トンネルを抜ける

本栖湖

撮影後、国道139号へ向けて300号を南下します。
国道139号へと出て右折、あさぎりフードパークへの最後の上りもクリアです。

あと少し

さすがにビビさんは脚にきている様子ですが、ここまでくればもう到着したも同然。
そして無事あさぎりフードパークへ。
当初の予測通り、15:00頃の到着は立派です。

まずはミルクコーヒーにて乾杯♪
トキちゃん、ビビさん、ごちそうになりました。

朝霧乳業にて

そして、次々と運ばれてくるピッツァ、じゃがバター、バターチキンカレー。
フードを撮影してくれたのはデローザさん。
料理への愛情たっぷりで、がっつかない余裕もあるがゆえの行為に感謝です。

朝霧乳業にて

あさぎりチーズのピッツァ

あさぎりバターのじゃがバター

あさぎりバターチキンカレー

一同はここまでに使ったカロリーを(いやそれ以上か?)補います。
会話にも花が咲き、実に楽しい時間。
お腹も気持ちも満腹になりました。

朝霧乳業にて

いや、まだです。
締めには牛乳ソフト。
今度は私はデローザさんにごちそうになりました。

朝霧乳業にて

さて、楽しい時はあっという間。
トキちゃんとビビさんはここで自転車を車に積み込みます。
デローザさんも帰りはトキちゃん号に同乗させてもらえるとのこと。
本来であれば私一人で下るところですが、トキちゃんが気を利かせて我が家合流としてくださいました。

と言うわけで、私とデローザさん二人でのダウンヒルに出発。
しばらく座っていたビビさんは立ち上がると既に脚に筋肉痛が出たとのこと。
右方向にしか歩けないと仰っていました。

足がおぼつかない!?

翌日が心配とのことでしたが、後日談では思ったよりダメージは少なかったとのこと。
流石です!

二人に見送られた私とデローザさんは快調にペースを上げます。
風はまたしても向かい風。
なぜ?と思いますが、それほど強くなく、17:00頃には自宅に到着することができました。

その後、車で到着したトキちゃん、ビビさんも含め家族で歓談。
またしても楽しい時をプレゼントしてもらいました。

何とも充実したサイクリングとなったこの日。
私の走行距離は124.91kmで獲得標高は1,735m、実走行時間は6時間8分55秒で平均速度は20.3km/hでした。

皆さん、ありがとうございました♪

この日のルートは、以下の通りです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

本栖みちチャレンジサイクリング(前編)

3月19日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日のサイクリングは、旧友トキちゃんとその奥様ビビさん、それにデローザさんと言うおなじみのメンバーに誘われてのものです。

相談の結果、行先はあさぎりフードパークに決定。
しかし、そこに至るコースはいつもとは異なり、富士川沿いを遡上して下部温泉から本栖みち(国道300号)経由で向かうものです。
ビビさんの体力(ここのところ乗れていない)を考えると、このコースはかなりチャレンジング。
そして私も色々とバタバタし、この日が3月初のサイクリングとなります。
そんな要素も兼ね備え、タイトルは「本栖みちチャレンジ」となりました。

トキちゃんとビビさんは富士川にほど近いホテルに宿泊。
トキちゃんは早朝にホテルを出発し、道の駅朝霧高原まで車で向かいます。
万が一ビビさんが本栖みちを上り切れなかった時のヘルプも考慮してのことです。
道の駅に車を置き、そこから自転車で我が家まで走るトキちゃん。
私は自宅でそれを待ち、7:15頃に一緒にスタートしました。

挨拶も早々に新富士駅へと向かう二人。
デローザさんとの合流は新富士駅です。
いつも通り7:36着の新幹線で到着するデローザさんを出迎えることは難しそうな時間。
それでも、自転車を組み立てているデローザさんの下へ無事到着できました。

自然に笑みがこぼれる三人。
しかしここからビビさんの待つホテルまでは三人での走り。
トキちゃんの「生かさぬよう殺さぬよう」なペースについて行けるのか、他の二人は内心気が気ではありません。
そんな緊張感からか、スタートの段になってクリートカバーを外し忘れていることに気づいたデローザさん。
本日最初のトラブル(大袈裟)です。

お約束

劇的瞬間を切り取ろうと背中ポケットに入れたカメラはこの日もCanon PowerShot G9 Xです。

気を取り直してスタート。
新富士駅から国道1号に出て、道の駅富士経由で富士川を渡ります。
橋の途中から富士山を撮影。
私が先頭を牽いている段階では、皆リラックスしています。

新富士川橋にて

橋を渡り切って、一旦堤防上に下り、富士川を遡上します。
気温は高めで、春の雰囲気。
風が強いのと、富士山が霞んでいるのは気になりますが、コンディションは上々です。

富士川沿いを走る

心配した私の脚は、思ったよりは回ります。
これなら、ビビさんが合流しての本栖みちは問題なさそう。
などと考えていると、向かい風の中前を牽く私を気遣ってトキちゃんが前に出てくれます。
ペースが上がるので完全に余計なお世話と言えますが、私は昔の習性でその背中に着き、なんとかペースに乗ります。
しかし、間隔が開いたデローザさんは厳しそう。
急ぐ旅ではないので、ポイントポイントで待ちながら進みます。

トキちゃんの牽きが試練に

もちろん、デローザさんにもまだ余裕があるのでしょうが、この後のコースを考えると無理はしない方が賢明です。
この辺り、実に老獪、さすがです。

富士川沿いから旧東海道の橋を横切って富士川楽座へ。
ここでちょっと寄り道をして、2月23日に営業開始した観覧車を見に行きます。
坂の上で自転車にカメラをセットするトキちゃん。
貰ったと言う安定しない三脚が不安ですが、ひとまず三人で記念撮影をしました。

富士川楽座前にて

富士川楽座前にて

まだビビさんがいないので、下手すると殺伐とした写真になりがちな我ら。
精一杯明るめに振舞ってみましたが、やはり今一つでしょうか。

坂を下り、さらに富士川を遡上します。
途中トンネルを避けるため裏道に入り、新東名高速の高架下を通ります。
ここでも、デローザさんを待ちがてら撮影。

新東名高架下にて

この後、到着したデローザさんと三人で記念撮影をしようと再びトキちゃんが三脚をセット。
と、なんとしたことか、ちょうど通りかかったトラックの振動で不安定だった三脚ごとカメラが落下。
レンズ縁から落ちたカメラはレンズエラーになってしまいました。
斜めに引っかかってしまった鏡胴をやや無理やり修正し、パキッという音とともに直ったカメラ。
本日二つ目のトラブルでは、危なくトキちゃんが醤油掛けご飯の日々(カメラを壊したらそれだとビビさんの通告あり)になるところでした。

気を取り直し(写真は撮り直さず)スタート。
蓬莱橋手前から富士川沿いに復帰し、さらに遡上します。
やがて、JR身延線芝川駅前を通過。
ここから下部温泉までは、基本的に身延線沿いの走りとなります。

芝川駅を過ぎ、富士川を渡ります。

富士川を渡る

既にこの日三回目となる富士川横断。
トンネルをくぐり、国道52号目指して走ります。
時間的に余裕もあったので、一瞬遠回りも考えましたが、この後に懸念を残したくないので自粛。
最短ルートで国道52号へと出ました。

国道52号を甲府方面へ右折。
その後の上りは私の記憶になく、不意打ちを食らった私のペースは一気に落ちます。
またここでも、トキちゃんが絶妙なペースで私たちを苦しめてくれます。

ようやく到着したホテル入り口。
この日のホテルはゴルフ場に併設されたもの。
予約が出遅れたこともあって選択したとのことですが、この位置関係から本栖みちがコースに浮上したことも事実。
何が幸いするかわかりません。

多くのゴルフ場の例に漏れず、この日のホテルも52号から急坂を上った先にあります。
早速インナーロー放出の私。
ホテルまでは楽だと思っていたので、ダメージ大です。

ゴルフ場への坂

到着

ゴルフ場に自転車三台でやってきた珍客。
その自転車は、ビビさんのものも含めて4台になります。
スタート前、キャディさんにシャッターを押してもらい、記念撮影。

記念撮影

殻付きピーナッツのような自分の体型にはいささか残念な気分になりますが、記念なので掲載します。

カメラを手渡しながら「どこまで走るんですか?」と尋ねるキャディさんに「本栖みちを上ります」と言うと生暖かい笑みが帰ってきました。
その表情に気づいてのことか、ビビさんはいつもよりやや緊張気味です。
それもそのはず、コース下見を兼ねて前日車で本栖みちを下ったとのこと。
いやいや、坂は下るときの方が急に見えますからと慰めの言葉が飛び交います。

ともあれスタートした四人。
ひとまず国道52号を走り、すぐに対岸へと富士川を渡ります。

スタートした四人組

県道10号

十島駅付近で県道10号に入った一団。
国道52号より交通量がはるかに少なく走りやすいこの道ですが、川沿いの道でありながらアップダウンはかなりのものがあります。
実際、そんなコースはこの季節ロードの練習にも持ってこいで、地元クラブチームや大学のチーム練習ともすれ違います。

井出駅への上りをクリア、その後内船駅付近のコンビニにて補給休憩をします。
これ以降、コンビニもないため、ここは貴重です。
そして、以前デローザさんと走った時に、同行の三人を得た場所でもあります。

コンビニにて休憩

朝、菓子パン二つを食べてスタートした私ですが、ここでもアイス、おにぎりを補給します。
ハンガーノックの不安はなかったのですが、脚が攣った苦い経験もあるため、やや過剰な補給です。
もちろん、たるんだ脇腹は見なかったことにしての行為です。

さて、ここからもアップダウンを繰り返すルート。
特に、身延駅手前の上りは斜度、長さともにかなりの難関です。
とても川沿いとは思えない9%の表示も出現する坂。
ビビさんのアシストをするトキちゃんと、それを後ろで見守るデローザさんに先行し、撮影をします。

あと少し

ひとまずクリア

トキちゃんの献身的なアシストもあり、無事この難所を乗り切ったビビさん。
坂を下れば、そこは身延駅です。

ここからは一転してアップダウンが少なくなる道。
下部温泉まではリラックスムードで進みます。

そして、いよいよ道は突き当りに。
トンネルを避けるため手前で右折し、家々の間を抜けていきます。
そして、トンネル先で国道300号に合流。
ここからは、本栖みちです。

ルートマップで見ると厳しく見える本栖みちですが、途中の道の駅しもべまではそれほどの斜度はありません。
逆にほぼ平坦の部分も多く、ここまでは余裕と判断していました。
しかし、無理をすると先に支障が出るので、敢えてここからペースを落としていきます。

道の駅しもべ手前でやや斜度はきつくなりますが、ビビさんはリラックスして脚を回している様子。
これなら安心です。
心拍があがらないペースを維持し、道の駅しもべ到着です。

道の駅しもべ

道の駅しもべ

トイレ、ドリンク補給を済ませ、皆の待つテーブルへ。
店内で補給食を物色しましたが、これと言うものが見つからず。
結局トキちゃん達やデローザさんと同じく、露店で焼きそばを購入しました。

本栖みちはここからが本番。
あさぎりフードパークまでの距離もまだ20km以上あります。
先に進むことを決意したビビさんとともに進むためにも、私がブレーキになるわけにはいきません。
楽しい歓談とともにしっかり補給をし、英気を養いました。

後編に続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士ヶ嶺&富士川サイクリング

2月26日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日、妻と息子は用事があり、私は娘と一緒に遊ぶことに。
娘が自転車に乗りたいとのことで、午後は富士川沿いを走ることにしました。
その前に、私は一人でひとっ走りしてきます。

7:00前に自宅出発、朝霧高原を目指します。
快晴ですが前週と打って変わって気温が低く、空気の冷たい朝です。
自宅分の茶畑には、霜がおりていました。

この日のカメラもCanon PowerShot G9 Xです。

空気の冷たい朝

気温は1℃

自宅から国道469号に向かう途中、気温は1℃です。
まだ標高が高くない地点でこれですから、真冬並みと言えるでしょう。
まあ、2月下旬は真冬と言ってもよいのですが、前週が半袖でもOKと言うくらいの気温だったので堪えます。

それでも青空が広がっていたこの日。
陽射しは暖かく感じます。
いつものコースをノタノタと、富士ヶ嶺まで回ります。

県道71号からの富士山

牧草地の牛

毛無の山々

富士ヶ嶺から国道139号へ。
県境の気温表示は2℃でした。

標高1,000m付近は2℃

時刻は9時過ぎ。
この時間ならと道の駅朝霧高原に立ち寄ります。
前日仕事の合間に見た際に売り切れだったキャベツ。
この時間にも関わらず、少ししか残っていません。

キャベツに間に合った

思わず後先を考えないまま購入したキャベツ。
白ビニールをハンドルから提げたままこの後のコースを走る羽目になりました。
前輪に巻き込まないよう注意しながらなので、手が疲れます。

ちょっと距離を稼ごうと猪之頭方面から下ります。
白糸を過ぎ、朝日瀧上の付近では、この気温ながら春を感じられる里山の光景を楽しみます。

春の光景

何とか自宅到着。
ここからは車に自転車を積んで、娘と出かけます。

昼前に道の駅富士到着。
まずは、腹ごしらえです。
私は天玉そば、娘はおにぎりをセレクトしました。

昼ごはん

娘が自転車に乗るのはいつ以来だろう?と言うくらいのご無沙汰。
スタートこそ若干ふらつきましたが、すぐに慣れてスイスイ走ります。
それにしても、自転車が小さく見えるようになってきました。

富士川沿いを走る

富士川沿いを走る

富士川沿いから駿河湾沿いへと、堤防上の道路を走ります。
追い風もあって、実に好調なペース。
私がちょっと写真を撮っていると、だいぶ先まで進んでいる娘。
やはり、着実に成長しています。

やがて、ふじのくに田子の浦みなと公園に到着。
ここには、帆船をかたどった施設も建設中ですが、残念ながらまだ中に入ることはできませんでした。
娘はしばし公園で遊び、私はその様子を見ながらベンチでまったりします。

ふじのくに田子の浦みなと公園

ふじのくに田子の浦みなと公園

ひとしきり遊んで、帰路。
今度は当然、向かい風です。
それでも体力がついている娘は休むことなくコンスタントにペダルを踏みます。

やがて、富士川沿いに戻り、風の影響も少なくなります。
そして、ゴール!

もうすぐ

ゴール

相変わらず気温は低めですが、標高は一桁の海沿い。
公園で目いっぱい遊んだこともあり、ドリンクを美味そうに飲む娘。
私は自転車を車に積み込みます。

こうして終わったこの日のサイクリング。
走行距離は65.71kmで獲得標高は1,049m、実走行時間は3時間02分39秒で平均速度は21.6km/hでした(富士川は含まず)。

富士川沿いも合わせた走行距離は77.79kmだったので、娘の走行距離は12.08kmでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝霧高原より朝の光景

朝霧高原富士山からの日の出

今日(3月22日)は、久しぶりに朝から朝霧高原での仕事です。
せっかくなので出勤時、朝の光景を撮りながら移動しました。

撮影はCanon EOS M3+15-55mmキットレンズです。

富士山からの日の出、最初は牧草地の農道沿いより撮影。
富士山左裾寄りの日の出となりました。

ここから農道を下りながら数回撮影。
富士山左裾からの日の出は、自分が南下するに連れてまた山陰に隠れます。
山頂からのダイヤモンド富士となるまで、何度も日の出を見ることができるわけです。

肝心の山頂ダイヤは雲が多くボワンと締まりのない画に。
残念ながら、最初に撮った写真が一番好みでした。

富士山もさることながら、この日よかったのは反対側の毛無の山々。
昨日降った冷たい雨が山頂付近で水分の多い雪となり、樹氷が見られましたs。
こちらも残念ながら望遠レンズを持っていなかったため、標準ズームの望遠端+トリミングで。

準備も足りず、思い通りにはいかなかったですが「ついで」撮影としては久しぶりの環境でした。

毛無の樹氷

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西湖サイクリング

もうひと月以上前になりますが、2月19日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日、どんな状況であったかは既に忘却の彼方ですが、金曜日まで東京出張で暴飲暴食をし、疲れもあって身体が重かったことだけは覚えています。

そんなわけで、早朝ではなく昼間のサイクリング。
11:30頃になってようやく家を出たと言う記録(写真の時刻)が残っています。

天気は快晴!
そして、気温も低くなく、春の雰囲気が感じられる日だったと記憶(と記録)しています。
目的は、いつも通りの朝霧高原。
時間もあったので、鳴沢回りを選択します。

自宅から上井出、そしてミルクランド方面へ。
この日もカメラはCanon PowerShot G9 Xです。

風の湯前からの富士山

富士ミルクランド

富士ミルクランドまでの実走行時間

人穴付近からの光景

自撮り(^^)

広見の牧草地

富士ミルクランドまでの実走行時間を見ると、この日は追い風だったようです。
身体は重くとも、さすがにこの天気、心はいくらかでも軽くなります。
県道71号を右折し、人穴から広見の牧草地へ。
そして、県境を越えて富士ヶ嶺へと向かいます。

富士ヶ嶺の交差点を直進。
やがて到達した大室山西展望台でも、歩道の雪はなし。
久しぶりに鳴沢まで走ることにしました。

大室山西展望台

鳴沢への県道71号

大室山西展望台より鳴沢側の県道71号沿いには、まだ雪が残っています。
しかし、路面がウエットなのはごく一部。
走行には全く支障がありませんでした。
2月中旬なのに、雰囲気は春です。
それは、写真からも感じ取っていただけるかと思います。

鳴沢にて国道139号に合流。
折り返し、富士宮方面へと進みます。
あまりの好天に少し距離を稼ぎたくなり、西湖畔へ。
ゆったりと反時計回りに西湖を走ります。

西湖西側に到達すると、湖畔には人が集まっています。
どうやら、逆さ富士の撮影の模様。
私も湖畔に下り、撮影をしました。

西湖の逆さ富士

氷像(のなれの果て?)

西湖から国道139号へと復帰する途中、西湖野鳥の森公園では「樹氷まつり」の跡が。
既に2月5日でまつりは終了していましたが、その名残を楽しみます。

国道139号に復帰、今度は精進湖を回ります。
なんとなく100kmを走ろうと思っていたので、その距離調整の意味も兼ねています。
残念ながら湖畔は風に波立ち、逆さ富士は見られずでした。

精進湖からの富士山

精進湖を離れ、朝霧高原へ。
時間的にギリギリだったので、道の駅朝霧高原、あさぎりフードパークはパス。
そのまま国道139号から県道71号と、その後は来た道をたどって帰ります。

影の長くなる時間帯を楽しみながら走り、自宅到着は17:00前。
それでも日が長くなったこともあり、暗くなる前の帰宅となりました。

この日の走行距離はかろうじて100kmオーバーの100.63kmで獲得標高は1,469m、実走行時間は4時間28分49秒で平均速度は22.4km/hでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の相模灘

朝の相模灘

久しぶりにサイクリング以外の日記です。
とは言え、この光景を撮影したのはほぼ二か月前の1月18日。

この日、朝から道の駅伊東マリンタウンでの仕事で、伊東市に向かった私。
亀石峠を下って宇佐美の海沿いに出ると、低く垂れた雲の下からオレンジ色の光が海面を照らしていました。
ちょうど手石島と船のシルエットが重なり、まるで影絵のよう。
思わずシャッターを切りました。

撮影はPanasonic LUMIX DMC-GM1S+LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.。
非常にコンパクトでありながら、換算350mmまでの望遠が使えるので、こんな時に脇にあると便利な一台です。

この時から季節は移り、もう今は同じ時間すっかり明るいことでしょう。
冬には冬の光景を楽しんできましたが、これからの春もレンズを向けることのできる光景を探していきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大室山西展望台サイクリング

2月12日(日)に、サイクリングに行ってきました。
早起きしての早朝サイクリングは疲れもあり叶いませんでしたが、妻から「昼過ぎまで」の言葉をもらい、9:00頃のスタートです。

抜けるような青空、前週の不安な天気とは段違いです。
空気は冷たく、この時期らしいと言えばそんな気候でした。
自宅から朝霧高原を目指すのはいつものルートです。

富士山に向かって

そして、背中ポケットにはCanon PowerShot G9 Xでこれまたいつも通り。
なんだか、判で押したようなサイクリング日記をつらつら綴っても意味がないのですが、いずれ読み返す(のか?)忘備録としての意味合いが強いでしょう。

山宮で登山道を横断、国道469を北山へと進みます。
この日、富士宮では駅伝が行われるとのことで、各所で交通規制の準備が進んでいました。
コースをよく理解していないので、時間帯によっては規制にかかるかもしれません。

駅伝の準備

応援の練習をする太鼓の音を聞きながら、大月線へと入ります。
そのまま上井出を過ぎ、富士ミルクランド方面へ。
考え事をしながらミルクランドを通過、実走行時間はチェックし忘れました。

これまでも何度も書いていますが、こうして自転車で坂を上っていると、実に考え事がはかどるのです。
むしろ、デスクで集中して考えている時の方が、堂々巡りに陥り何も出てこないケースが多いと感じます。
もちろん、安全最優先なので、交通量も少なくまっすぐな上りと言うこのコースならではのことですが。

ミルクランドを過ぎた沢には雪の名残。
白い流れが表現されていました。

雪の沢

人穴小学校、カフェナチュレの先で県道71号を右折。
富士ヶ嶺方面へと進みます。
ここから日陰も増え、雪の量も増す地点ですが、ひとまず大丈夫そうです。

雪はわずか

しかし、油断大敵です。
経験的に朝霧高原は標高700mと900m付近に気候の区切りがあるようです。
実際この日も、荻平から広見へと上っていくと路面状況が怪しくなってきました。

広見の牧草地脇

懸念された雪は、しかし県境を越えても増えず。
むしろ、日当たりが良くなれば路面はドライで実に快適です。
風は追い風気味。
帰りの向かい風は覚悟せねばなりませんが、今だけ捉えればさらに快適さをプラスしてくれます。
この辺りが走っていて一番気持ちよいポイントかもしれません。

富士ヶ嶺から大室山西展望台へ

まもなく大室山西展望台と言うポイントに来ると、再び路面に張り出す雪の量が増えます。
それでも、もちろん走れないような状況ではありません。
この付近の標高は1,100m超。
さすがに展望台から河口湖方面へ進むのは避けた方がよいかもしれません。

再び雪が

やがて大室山西展望台に到着。
素晴らしい眺めに気持ちが楽になります。

大室山西展望台

写真を一枚撮って退散。
来た道を戻ります。

富士ヶ嶺交差点を右折し、国道139号へ。
県境の温度計は0℃を表示していました。

気温は0℃

県境付近の光景

陽射しがあるせいか、それほどの寒さは感じません。
しかし、ここからの下りはさすがに肌に冷たく感じます。
向かい風もあり、イヤーパッドを装着しました。

国道139号から県道71号に復帰。
上井出まで下って、前週同様篠坂方面を目指します。
あとちょっと走りたいときに、このコースはピッタリです。

林間の緩いアップダウンを楽しみながら(眺望はゼロですが)、篠坂の交差点を直進。
国道469号へと向かいます。
国道に出てからは、これまた前週同様裾野方面へ。
まだ時間があるので、走れるところまで行こうとペダルを踏みこみます。

ゆったりしたペースで進み、やがて自宅へと下る地点へ。
ちょっと迷いましたが、できれば県道24号まで走ってくだろうと直進しました。

ところが!
その先の急坂途中で何やらハザードをつけて停まっている車がいます。
見ると、路面にはみぞれ状の氷雪。
所々は完全に凍っています。

ひとまず車をやり過ごしましたが、この急坂でこの路面はちょっと厳しい状況です。
インナーローでできる限り緩くトルクをかけ、ズルズル滑る後輪(下手すると前も)をコントロールしながら、なんとか上り切りました。
もちろん、途中で止まって写真を撮る余裕はなし。
戻って撮るリスクも取りたくありません。

上り切った交差点を右折。
大渕方面へと大人しく下ることにしました。

大渕へと下ると、自宅へと向かう道沿いにコンビニ。
出がけにチョコレートをひとかけら食べただけなので、さすがにエネルギー切れです。
昼食(家族にはパスと伝えている)も兼ねて、がっつりといただきました。

昼食

補給も終わり、満足。
ここから自宅へは、もう数kmの距離です。
またもや緩やかなアップダウンを走りながら帰宅。

途中ちょっとひやっとしましたが、終わりよければのサイクリングでした。

この日の走行距離は78.39kmで獲得標高は1,421m、実走行時間は3時間36分29秒で平均速度は21.7km/hでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士ヶ嶺サイクリング

2月5日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日、家族は用事で沼津へ。
私はフリーなため、当初はデローザさん、トキちゃん夫婦と東海道沿いサイクリングの予定としていました。
ところが、直前になっても天気予報は好転せず。
昼過ぎからしっかり雨とのことで、この楽しみは延期とせざるを得ませんでした。

ここで走らないのもいかにももったいないので、雨が降るまでの午前中、サイクリングに出ます。
8:00前に家族を見送った後出発。
自宅から朝霧高原を目指します。
雲は多いながらも、ひとまず青空も覗き、かさ雲を被った富士山も見えています。

朝の富士山

この日も背中ポケットのカメラはCanon PowerShot G9 Xです。

いつもの道を考え事をしながら上ります。
スピードはゆっくり。
調子はそれほど上がってきません。
それでも、富士ミルクランド到着の実走行時間は何とか1時間を切っていました。

富士ミルクランド到着の実走行時間

ミルクランドを過ぎ、人穴小学校、カフェナチュレの先で県道71号を右折します。
この辺りに来ると、雲間からの陽射しも暖かくなってきました。

林間の陽射し

この時は、実は天気は持つのではないか? 皆で走れたのではないか? などとつい思ってしまいます。
残念さがより一層ペースを落とし、いつにも増してもたもたペースです。

林間の道を抜け牧草地に出ると、富士山には豪快な雲が。
やはり、この後の天気は下り坂間違いなさそうです。

富士山と雲

それほどモチベーションが高まらないまま、子牛を愛でたりしながら進みます。
荻平の先で農道を折れ、朝霧ジャンボリーゴルフクラブ裏手をフードパーク方面へ。
途中の牧草地で、さらに吊るし雲も加わった富士山を眺めます。

子牛に挨拶

かさ雲に加え吊るし雲も

さすがにこのままフードパークで折り返すのも何なので、朝霧カントリークラブ方面へ右折。
富士ヶ嶺を目指すことにします。

再び県道71号に復帰、富士ヶ嶺交差点を左折して国道139号方面へと進むと、空が突然どんよりしてきました。

富士ヶ嶺の空はどんより

この季節、高原で降られるのは痛いので、急いで下ります。
下るとやや天気も回復。
根原あたりで額にあたった雨粒も止みます。

そこで、上井出で県道72号へ左折。
林間の道を抜け、篠坂の交差点を直進、国道469号へと出ます。

国道469号を進み、富士市街方面へと大渕を下ります。
そうです、用事を済ませた家族に合流すべく、沼津を目指すことにしたのです。

ところが、沼津まで19km程の地点で雨が降り出します。
いや、先ほどからぽつぽつきてはいたのですが、降ったり止んだりだったので大丈夫かと思っていました。
しかし、この降りでは沼津に着くまでにびしょ濡れになってしまいます。

そこで妻に連絡、自宅へと戻ることにします。
自宅へはまだ数kmありましたが、どうにか本降りで地面がウエットになる前に帰宅。
この日のサイクリングは終わりました。

自宅到着時の実走行時間

結局、天気予報は的中したこの日。
無理をして皆と走らず、正解でした。

この日の走行距離は79.41kmで獲得標高は1,297m、実走行時間は上の通り3時間30分31秒で平均速度は22.6km/hでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

竜爪山(穂積神社)サイクリング

1月29日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日はゆっくりと時間が取れる予定で、当初はデローザさんとのサイクリングをと考えていましたが、デローザさんの体調不良もあり、その予定はキャンセルとなります。
そうとなれば仕事の疲れもあり、ゆったりと寝坊を楽しみます。

このままDNSかと思われたサイクリングでしたが、快晴の天気にやはり出かけない訳にはいきません。
前夜やり逃したスプロケットの交換をノタノタと行い、その調子を見るためにもと、10:00過ぎになって自宅を出発します。

この日の目的地は、以前静岡市在住の頃何度か走ったことのある竜爪山周辺。
急坂の上りがありますが、傾斜の上から眺める茶畑の光景が忘れられないコースなのです。

自宅から静岡市までは無理せずいつものコース。
岩本経由で、途中勘助坂からの富士山と新東名高速道路を撮影しながら進みます。

勘助坂より

この日のカメラも、相変わらずの愛機Canon PowerShot G9 Xです。

岩本を下り、富士川沿いへ。
雁堤をのんびり流し、富士川を渡って旧東海道をひた走ります。
ペースは一向に上がりませんが、それでもイーブンをキープ。
蒲原、由比と実に平和なコースです。

由比に到達すると、いつも通り倉沢地区の旧街道を薩た峠方面へと走ります。

倉沢地区

薩た峠はパスしようかとも考えましたが、チェーン交換をしてから初めての激坂。
以前のものを流用したロー側のギアが歯飛びしないかチェックするためにも突撃(大げさ)します。
幸いにして歯飛びはなし。
しかも、チェーンの伸びがなくなったせいか、力がリニアに伝わる感じで悪くありません。

薩た峠からの富士山

上がった息を整えることも兼ねて駐車場からの撮影。
もちろん、シクロクロス張りに遊歩道を担ぎで歩く元気はありません。
すごすごと車道に戻り、興津側へと下ります。

興津から清水駅前へ。
そこから北街道へと入り、鳥坂、瀬名と走ります。
普段走っている場所から比べれば車は相当に多いですが、それでも走りづらい道ではありません。

瀬名から竜爪街道へと入ります。
この道は過去に仕事でもよく走った道です。
瀬名6丁目のコンビニで補給。
この先、平山地区に入ると補給できる場所はなくなります。

瀬名6丁目

この付近を過ぎると、道は一気に田舎道へ。
里山の雰囲気が見えはじめます。
かつては工事中だった新東名高速の高架をくぐれば、その先はもう平山地区です。

平山温泉付近

平山地区

正面に見える山が、これから上ろうという竜爪山です。
急傾斜の茶畑と、はるか上につづら折れの道路が見られます。
以前何度か走った時には、オンロード用タイヤのMTBでのアプローチでした。
考えてみれば、ロードバイクで走るのは今日が初めてです。

過去に味わった傾斜に若干の不安を感じながらも、梅の花が開きはじめた沢沿いを上っていきます。

早春の雰囲気も

やがて、林道入口へと到達。
そうです、ここからいきなりの急傾斜、記憶通りです。
そして、看板には気になる文字。
土砂崩れにより清水側(西里)へは通り抜けできないとの情報は過去に得ていましたが、どうやらいまだに開通していないようです。

林道入口

しかし、ここまで来て引き下がるわけにはいきません。
ましてや、穂積神社(頂上)までは通行できるとのありがたい文字。
覚悟を決めて、薩た峠以来のインナーローを放出します。

いや、きつい。
やはりMTBのギア比とは異なります。
今回交換したスプロケットはこれまでと同じ12-25T。
貧脚に合わせて27T、いや30Tクラスを入れておくべきだったでしょうか。

それでも、よじ登るようにゆっくり、ゆっくりと坂を上っていきます。
もう10年以上前になる前回からのブランクですが、コースの雰囲気は変わっていませんでした。

ようやく、かつて興奮した光景の場所に到着。
季節的なものなのか、それとも担い手不足によるものなのか、茶畑が荒れていたのは残念ですが、この光景を見るためにここに来たのです。

平山地区を見下ろす光景

光景に満足したものの、先はまだまだ。
傾斜は多少緩くなりつつも、部分的にはまだまだキツイ場所が多くあります。

やがて、標高が700mを表示する頃になると、道はアップダウンへと変わり、穂積神社が近いことを知らせてくれました。

穂積神社

穂積神社に到着。
ここまでの道のりを考えると実にあっけない感じの佇まいですが、それが山の神社らしくよいのかもしれません。
境内には家族連れの車が一台のみで静まり返っています。

さて、ここから清水側へはやはり通行止めの柵が設けられ下れません。
当初予定では西里に下り、興津川沿いから国道52号柴川経由で戻ろうと考えていましたが、断念。
来た道を戻ることになります。

周囲では林業関係の作業を行っており、チェーンソーの音が響いています。
そして、こんな作業車も。
まさに「林道」です。

林業作業車

慎重に坂を下ります。
場所によっては落ち葉や浮き砂利でスリッピーな箇所も。
ここで落車は、色んな意味で痛過ぎます。
そういえば、今のところ最後の落車も、この林道の上りで後輪がスリップ(濡れたグレーチング)してのものでした。

無事下り切り、平山地区から瀬名へと戻ります。
そして、北街道、清水駅周辺、興津へは来たコースそのまま。
薩た峠興津側はパスして駿河健康ランド前から遊歩道で倉沢へと走ります。

海沿いから見た富士山にはかさ雲がかかっていました。

富士山にはかさ雲

国道1号を渡って倉沢地区、旧東海道も来たとおりのコース。
ここまで戻ってきて、かなり脚にきていることに気づきます。

どうやら、チェーンの遊びがなくなってリニアに力が伝わる分、脚の疲労は増している様子。
今までよい意味で力を逃がしてくれていたのかもしれません。
貧脚ぶりがより一層際立つ今回の作業となりました。

そんなわけで、松野まで回る元気もなし。
とは言え、岩本の富士市側からも激坂があります。
そこで、雁堤から龍巌淵、鷹岡を通って小泉へと抜ける旧街道を走ることに。
ひとまず旧東海道で富士川を渡ります。

逆さ富士も

ここまでくるともうヨタヨタ。
たまらず、鷹岡の先にあったコンビニで補給休憩です。
アイスとパンを購入しましたが、パンを食べる気力は失せ、背中のポケットにしまって出発します。

やがて周囲がほんのり暗くなる頃、ようやく自宅に帰着しました。
結果、西里に抜けられなくてよかったのかもしれません。
抜ければ、獲得標高はさらに増したことになりますから。

結果、この日の走行距離は110.75kmで獲得標高は1,361m、実走行時間は5時間11分17秒で平均速度は21.3km/hでした。

平坦をあれだけ走ってこの平均速度。
困ったものですが、現状はこうなので仕方ありませんね。

この日のルートは、以下の通りです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«大室山西展望台サイクリング